パステルな桜と菜の花が共演!愛知県「五条川」花見徹底ガイド

パステルな桜と菜の花が共演!愛知県「五条川」花見徹底ガイド

更新日:2021/02/01 11:43

土庄 雄平のプロフィール写真 土庄 雄平 山岳自転車旅ライター・フォトグラファー
愛知県を代表する桜名所「五条川」。約7.6kmにもわたって続く約1400本の桜並木は圧巻で、春になると毎年多くの人の心を和ませてくれます。そんな五条川ですが、初めて訪れる場合、広すぎてどこを歩けば良いのかわからない、という声も!そこで今回は、五条川の桜並木を下流・中流、上流エリアに分けて、見所をご紹介。角度を変えることで違った風情を楽しめるほか、菜の花とのカラフルなコラボレーションに癒されます。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、自治体独自での緊急事態宣言発出や、往来の自粛要請をしている場合があります。また施設によっては休業していることがあります。Go To トラベルキャンペーンについても全国で一時停止となっています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、外出の際はしっかりと感染予防対策をして行動しましょう。(LINEトラベルjp)

ゆったりと美しい桜並木を満喫できる「下流域」

ゆったりと美しい桜並木を満喫できる「下流域」

写真:土庄 雄平

地図を見る

まず下流域として取り上げるのは、県道160号線から五条川と矢北川の合流地点を経由し、南曽野へと歩く約3km弱の区間。名鉄犬山線・大山寺駅と岩倉駅を繋ぐ散策コースです。

この下流域の特徴は、密度の濃い美しい桜並木と、穴場区間の両方を満喫できること。まず、県道160号線より少し南下したポイントは、巨大なソメイヨシノが連なる区間。青空の下に映える、鮮やかなピンク色に心洗われることでしょう。

ゆったりと美しい桜並木を満喫できる「下流域」

写真:土庄 雄平

地図を見る

美しい桜並木に癒されながら進んでいくと、五条川を横切る「幼川橋(おさなかわはし)」へと到着します。ここが下流域のイチオシスポット!橋から北側を眺めると、パステルカラーの水色・ピンク色・黄色と、春の三重奏が広がります。

ゆったりと美しい桜並木を満喫できる「下流域」

写真:土庄 雄平

地図を見る

岩倉駅から散策する場合、幼川橋で折り返すことが多いですが、「より静かな場所を歩き、桜に癒されたい」という方は、それより南を歩くのもオススメ!幼川橋から大山寺駅まで至る道沿いには、1kmほどにわたって美しい桜並木があり、ほぼ独り占めすることができます。

途中には桜と花桃が向かい合うように咲く、密かなフォトポイントもあるのでお見逃しなく!

ピンクの映り込みと桜吹雪に心洗われる「中流域」

ピンクの映り込みと桜吹雪に心洗われる「中流域」

写真:土庄 雄平

地図を見る

次に紹介する中流域は、岩倉駅周辺。具体的には、県道25号線と県道166号線に挟まれた区間です。岩倉駅から徒歩で行けるアクセスの良さ、そして“The五条川”という絶景を味わえるため、一番人気のエリアと言えるでしょう。

この中流域の魅力は、川の水面へ桜が映り込む、ピンクの絶景。川の両岸から枝垂れるように咲く桜並木、小刻みに蛇行する川、幾重にも架けられている橋が相まって、実に美しい鏡張りの桜景を満喫できます。

ピンクの映り込みと桜吹雪に心洗われる「中流域」

写真:土庄 雄平

地図を見る

そんな中流域の中でも、特にオススメなのは岩倉橋〜昭和橋の間。この区間には、川の水面ほど近くに遊歩道が整備され、春には桜並木の下をくぐるような道となります。

そのため、桜の満開時に通れば、あたり一面ピンクに包まれ、桜吹雪が美しい癒しの空間へ!いつまでもゆっくりと佇んでいたくなる、まさに春の五条川が誇る“桜のトンネル”です。

ピンクの映り込みと桜吹雪に心洗われる「中流域」

写真:土庄 雄平

地図を見る

なおこの散策道ですが、昭和橋からの眺めも格別です。川に沿って緩やかなカーブを描きながら、ソメイヨシノのピンクがカメラの画角いっぱいに埋め尽くします。

風が吹けば刹那、ヒラリと舞う桜の花びらにきっと心奪われるはず!五条川のハイライトと言えるポイントです。

名所を転々と回ろう!見所の多い「上流域」

名所を転々と回ろう!見所の多い「上流域」

写真:土庄 雄平

地図を見る

上流域は、大口町五条川の桜並木を中心とするエリアです。岩倉駅をスタートにする場合、片道7km以上とロングコースになるため、ある程度歩ける方にオススメします。またこのエリアは、見所がいくつか散らばっているため、車でそれぞれアプローチするのも良いかもしれません。

まず一つ目の見所は、国宝・松江城を築城することになった堀尾吉晴ゆかりの地、堀尾跡公園。かつて名古屋大空襲で消失してしまった裁断橋が復元されており、辺り一面が桜で包まれます。

<堀尾跡公園の基本情報>
住所:愛知県丹羽郡大口町堀尾跡1丁目50
電話番号:0587-95-1615
アクセス:犬山本線・布袋駅から徒歩22分、小牧ICから車で約10分

名所を転々と回ろう!見所の多い「上流域」

写真:土庄 雄平

地図を見る

そして二つ目の見所が、小口城址公園。かつて織田氏の尾張経営の中心的な役割を担った城で、現在は公共施設として整備されています。

復元された立派な物見櫓がトレードマーク!春になると公園一帯がソメイヨシノで彩られます。なお公園の周囲からでなく、物見櫓の上から眺める桜のパノラマも格別です。

<小口城址公園の基本情報>
住所:愛知県丹羽郡大口町城屋敷1丁目261
利用時間:9時00分〜16時30分
定休日:月曜日・火曜日
電話番号:0587-95-1111
アクセス:名鉄犬山線・柏森駅から徒歩25分、小牧北ICから車で10分

名所を転々と回ろう!見所の多い「上流域」

写真:土庄 雄平

地図を見る

そして一番のオススメは、新田橋から少し上流にある菜の花畑。満開の時期には、息を呑むほどの鮮やかさで、迎えてくれます。都会の一角にあるとは思えない、のどかな空間も魅力です。

遠くから引いて、広角気味の撮影するもよし。菜の花や桜をぼかしながら撮影してもよし。ポートレートも映えますよ!写真の画角探しも楽しんでみてくださいね。

角度を変えながら美しい桜並木に浸ろう!

角度を変えながら美しい桜並木に浸ろう!

写真:土庄 雄平

ひとえに桜名所といっても、様々な風景が根付く「五条川」。橋の上から、道のそばから、桜並木の下から、場所や視点を変えることで、桜並木のバリエーション豊かな表情が見えてきます。いつ訪れても新たな発見と癒しに出会える「五条川」へ、ぜひこの春足を運んでみてはいかがでしょうか?

岩倉五条川の基本情報

住所:愛知県岩倉市下本町天神塚72
アクセス:中流域・下流域は名鉄犬山本線・岩倉駅から徒歩でアクセス。上流域は徒歩または車でアクセス

※例年見頃は3月下旬から4月上旬です。

2021年2月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2020/04/05 訪問

- PR -

条件を指定して検索

ナビゲーターアワード2020 ナビゲーターアワード2020

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -