ニューヨークの新名所はここ!高層屋外展望台「Edge(エッジ)」

ニューヨークの新名所はここ!高層屋外展望台「Edge(エッジ)」

更新日:2021/01/24 17:36

川越 コウのプロフィール写真 川越 コウ 高級旅館マイスター、本当は教えたくない小ネタライター
ニューヨークの再開発プロジェクトとして今、最も注目されているスポット「ハドソンヤード」に2020年3月、待望の展望台「Edge(エッジ)」がオープンしました。
高さ345メートル、ビルの100階に位置する展望台は、西半球で最も高いスカイデッキ!飛び出すように設置された三角形の展望台やバーが設置されており、数あるマンハッタンの展望台の中でも一味違った楽しみ方ができますよ。

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。各種報道機関の発表や外務省、各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)

再開発地区「ハドソンヤード」とは?

再開発地区「ハドソンヤード」とは?

写真:川越 コウ

地図を見る

ニューヨーク市最大の再開発プロジェクトとして注目を集めている「ハドソンヤード」。マンハッタンの軽工場地帯に指定され、昔はハドソン川に着く船の積み下ろし桟橋と倉庫が立ち並びぶ未開発地域でした。

そのマンハッタンのミッドタウンより西側のエリアに、居住空間をはじめラグジュアリーホテルやショップ、オフィスビル、さらにはコンサート会場まで様々な建設が予定されています。このハドソンヤードの全プロジェクトは2024年完成の予定となっていて、まさに現在進行形の最新スポットなのです。

再開発地区「ハドソンヤード」とは?

写真:川越 コウ

地図を見る

2020年3月までにオープンしたのは、その開発地区のおよそ半分のエリア。
中でも人気のスポットが2万平方メートルのパブリックパークの中心に建てられた近代的な建造物「Vessel(ベッセル)」やニーマン・マーカス(Neiman Marcus)等のショッピングセンター。そして、今回ご紹介する展望台「Edge」です。

ハドソンヤードのランドマークEdgeへ入場!

ハドソンヤードのランドマークEdgeへ入場!

写真:川越 コウ

地図を見る

ハドソンヤードの高層ビル「30 Hudson Yards(30 ハドソンヤード)」の、ビルの100階に位置する展望台「Edge」。展望台へのアプローチも、デジタルスクリーンを駆使した宇宙空間のような雰囲気。ちょっとしたアトラクションに並んでいるような気分にさせてくれます!まさに近未来空間。

エレベーターに乗り込み、ハドソンヤード周辺の景色やニューヨークの絶景を想像し期待に胸を膨らませる事およそ60秒。そう、上空345メートルへのエレベーターの旅はたったの60秒。

ハドソンヤードのランドマークEdgeへ入場!

写真:川越 コウ

地図を見る

エレベーターを降りるとすぐに視界に飛び込んでくるのが、大きいガラス窓の向こうに広がるニューヨークシティのダイナミックな町並み。思わず声をあげてしまいそうな高揚感をおさえて屋外エリアへ急ぎます。

この屋外エリアこそ今ニューヨークで最も注目されるスポット。西半球にある屋外展望台の中で1番高い位置にある「Edge」のスカイデッキです。

Edge最大の特徴!飛び出す三角形デッキ!?

Edge最大の特徴!飛び出す三角形デッキ!?

写真:川越 コウ

地図を見る

Edgeの最大の特徴は上空345メートルの世界で建物から突き出しているこのスカイデッキの構造。
このスカイデッキでは一方の端がボルトで建物の側面に固定されていいて、もう片方がなんと24メートルも突き出しています。まさに世界の最先端ニューヨークに相応しい近代建築と言えるでしょう。

Edge最大の特徴!飛び出す三角形デッキ!?

写真:川越 コウ

地図を見る

やはり地元のニューヨーカーの中でも人気のフォトスポットは、人1人がやっと立てるこの先端スペース。

両サイドのガラスに手をかけニューヨークの町並みを望むと本当に自分が浮いているような感覚。スカイデッキのどこにいても360度景色が堪能できるように全面がガラス張り。エンパイアステートビルやワールドトレードセンター、セントラルパークや自由の女神まで・・・いくら時間があっても飽きないニューヨークの絶景が広がります。

Edge最大の特徴!飛び出す三角形デッキ!?

写真:川越 コウ

地図を見る

そしてもっとスリリングな体験をしたい人はこちらへ!ガラス張りの床の上からはまるでジオラマ世界のニューヨークを楽しめます。十分なスペースがあるので寝転がって見たり、写真を撮影したり思い思いの時間を過ごせますよ。

屋外スカイデッキを楽しんだ後は屋内を楽しもう!

屋外スカイデッキを楽しんだ後は屋内を楽しもう!

写真:川越 コウ

地図を見る

屋外スカイデッキを堪能した後は屋内へ。少し変わった写真が撮影できるスポットがこちら。写真を撮影する人は屋内に、撮影される人は屋外へ!
エレベーターホールから屋外デッキへ進む途中に窓ガラス越しにこんな面白い写真が撮影できるスポットがあります。

他にもEdgeには様々なおしゃれな写真を撮影できるフォトスポットがたくさん!景色を楽しんだ後は、自分のお気に入りの場所を探してみるのも楽しいですね。

屋外スカイデッキを楽しんだ後は屋内を楽しもう!

写真:川越 コウ

地図を見る

少し小腹が空いた方や休憩したい方はシャンパンバーへ。簡単な軽食やカクテルなどのアルコールを片手にこの絶景を楽しめます。101階にオープン予定のレストラン「PEAK」では一流レストランの食事を味わいながら特別空間で景色を楽しむ事もできます。

屋外スカイデッキを楽しんだ後は屋内を楽しもう!

写真:川越 コウ

地図を見る

ハドソンヤード4階のEdge入口にもショップがありますが、展望フロアのショップは絶景をバックにショッピングを楽しめます。100階限定のオリジナルグッズも販売されているので、お土産や記念品を購入したい人はこちらの利用がおすすめです!

ニューヨークの新ランドマーク「Edge」で感動体験を!

ニューヨークの新ランドマーク「Edge」で感動体験を!

写真:川越 コウ

地図を見る

ニューヨークで今最も注目されている再開発エリアに誕生した、今までとは違った新感覚展望台「Edge」いかがでしたか?

屋外展望台から眺める絶景も素晴らしいのはさることながら、上空345メートルもの高さにガラス張りの展望台、今までにはなかった新しい展望台の姿にあたなもきっと興奮する事間違いなし!ぜひ足を運んでみてください。

エッジ(Edge)の基本情報

住所:30 Hudson Yards Enter on Level 4 of The Shops & Restaurants at Hudson Yards, New York City, USA
電話:+1-332-204-8500

2021年1月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2020/12/04 訪問

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -