島根県の老舗割烹旅館「美保館」大正ロマンなバー体験も

島根県の老舗割烹旅館「美保館」大正ロマンなバー体験も

更新日:2021/03/14 18:38

河合 理恵のプロフィール写真 河合 理恵 絶景フォトグラファー、トラベルインスタグラマー、旅行ブロガー
島根県の東の端っこにある老舗割烹旅館「美保館」。本館は明治38年に建てられた建物で、国登録有形文化財になっています。現在は美保館宿泊者の朝食会場として利用されているほか、見学をすることができます。夜には、昼間とはまた違った大人な雰囲気のバーがオープン。女性向けに用意されているレトロな色浴衣をまとって、大正ロマンなバー体験を楽しんで。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、一部都府県に緊急事態宣言が発出され、不要不急の外出の自粛が求められています。加えて自治体独自での緊急事態宣言発出や、往来の自粛要請をしている場合があります。また施設によっては休業していることがあります。Go To トラベルキャンペーンについても全国で一時停止となっています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。外出の際はしっかりと感染予防対策をして行動しましょう。(LINEトラベルjp)
プランをもっと見る

明治開業の老舗割烹旅館「美保館」

明治開業の老舗割烹旅館「美保館」

写真:河合 理恵

地図を見る

古くから海上交通の要所として栄えた、島根半島の東の端にある美保関。そんな美保関で、明治期に初めて誕生した本格的な割烹旅館が「美保館」です。

明治開業の老舗割烹旅館「美保館」

写真:河合 理恵

地図を見る

美保館は、明治期に建てられた本館、昭和期に建てられた新館、古民家をリノベーションした3棟の離れがあります。そのうち、現在は新館と離れが客室として使われています。

新館のお部屋は、落ち着いた雰囲気の純和風の客室です。海側の客室からは、晴れた日には、美保湾と名峰大山を望む絶景を堪能できます。

明治開業の老舗割烹旅館「美保館」

写真:河合 理恵

地図を見る

大浴場は、24時間入浴可能。鉱石の人工温泉で、美保関港や美保湾、中国山地を眺めながら、のんびりと入浴できます。手すりや背の高い椅子、子ども用のお風呂セットも用意されているなど、年配の方やこども連れでも利用しやすい心遣いが。

大正ロマンな雰囲気を存分に堪能できる

大正ロマンな雰囲気を存分に堪能できる

写真:河合 理恵

地図を見る

美保館では、女性の宿泊者にうれしい、無料の色浴衣が用意されています。美保関の町全体に漂う、大正ロマンな雰囲気にピッタリな竹下夢二の浴衣などもあるので、ぜひ色浴衣を着て散策を楽しんで。お子様向けのキッズ浴衣もありますよ。

大正ロマンな雰囲気を存分に堪能できる

写真:河合 理恵

地図を見る

色浴衣に着替えたら、大正ロマンな美保関散策へ。「美保館本館」は明治に建てられた築約120年の建物で、2004年に、営業中の旅館としては島根県で初めて、国登録有形文化財となりました。

美保館本館は昼間見学ができるのですが、美保館に宿泊するなら、こちらが朝食会場にもなっているので、後程ゆっくりと。中央の通路を抜けて、青石畳通りへ行きましょう。

大正ロマンな雰囲気を存分に堪能できる

写真:河合 理恵

美保関で大正ロマンな雰囲気を醸しているのが、江戸時代〜大正時代にかけて石畳が敷かれた「青石畳通り」。石畳は雨に濡れると青く光るように見えるので、雨の日は特に美しいんです。

青石畳通りは、出雲大社の親子神社にあたる「美保神社」から、山陰最古の木像仏が安置されている山陰第二の古刹「仏谷寺」までの参道となっているので、青石畳を辿って散策するのがおすすめです。

新鮮な海の幸たっぷりの夕食&朝食は国登録有形文化財で

新鮮な海の幸たっぷりの夕食&朝食は国登録有形文化財で

写真:河合 理恵

地図を見る

美保関は日本有数の水揚げ量を誇る境港の対岸に位置していることから、海の幸が豊富。美保館では毎朝、社長や板長が境港のセリや大敷水揚場に赴き、新鮮な食材を仕入れています。

実は、美保館はカニで有名。特に寒い時期には、カニづくしのプランが人気なんです。蟹のお刺身に蒸しガニ、焼きガニ、カニの茶碗蒸し、カニしゃぶ…と様々な調理法でカニを堪能できますよ。質がよく量も多いので、男性でも満腹になるほど。この満足度の高さが人気の理由なんです。

新鮮な海の幸たっぷりの夕食&朝食は国登録有形文化財で

写真:河合 理恵

地図を見る

美保館の朝食は、「美保館本館」で。朝食にも、山陰沖で取れた白イカのお刺身や地魚の干物、宍道湖産のしじみのお味噌汁など海の幸が並びます。

新鮮な海の幸たっぷりの夕食&朝食は国登録有形文化財で

写真:河合 理恵

地図を見る

朝食を堪能したら、美保館本館を散策するのがおすすめ。朝10時までは宿泊者限定なので、のんびりと滞在することができますよ。1階アトリウムでは、朝食後にモーニングコーヒーのセルフサービスも。お好きな席でのんびりとコーヒーを楽しんで。

日が暮れてより一層ロマンチックな雰囲気が増す美保館本館

日が暮れてより一層ロマンチックな雰囲気が増す美保館本館

写真:河合 理恵

地図を見る

現在、宿泊者の朝食会場として利用されている美保館本館ですが、実は夜には「BAR神楽 KAGURA」が開かれるんです。美保館に宿泊している人はもちろん、美保館以外に宿泊の人でも利用できるんですよ。

日が暮れてより一層ロマンチックな雰囲気が増す美保館本館

写真:河合 理恵

地図を見る

美保館本館では、当時の建具や電灯などが現在も使用されているので、灯が入るとロマンティックな雰囲気がグッと増すんです。この特別な雰囲気が楽しめるのは、Barの利用者だけ。

日が暮れてより一層ロマンチックな雰囲気が増す美保館本館

写真:河合 理恵

地図を見る

美保館本館はどこを切り取ってもとてもフォトジェニックなんですが、特におすすめなのが、2階のこちら。もとは中庭をぐるりと囲む回廊だった場所で、大正ロマンな某アニメの世界感があると、ひそかに話題になっているんです。

浴衣を着て写真を撮れば、より世界感に溶け込めますよ。

大正ロマンなバー体験ができちゃう!

大正ロマンなバー体験ができちゃう!

写真:河合 理恵

地図を見る

1階アトリウムはもとは中庭だった場所で、左手に見えるすりガラスのスペースは元浴室。タイル張りのレトロな水道もありますよ。旅館として営業していた当時の面影が残っているので、いろいろ見て楽しんで。

好きな場所でカクテルを楽しむことができるので、お気に入りの場所を見つけてください。

大正ロマンなバー体験ができちゃう!

写真:河合 理恵

地図を見る

バーカウンターの隣にあるこちらのお部屋は、もとは女将さんの待機部屋。タンスやテレビなどの建具も、当時のままなんです。こちらでも、オーダーしたカクテルを楽しむことができちゃいますよ。

大正ロマンなバー体験ができちゃう!

写真:河合 理恵

地図を見る

Bar神楽では定番のカクテルの他、近くの大根島の醸造所で作られた珍しいDOBUROKUや、お茶処・松江のクラフトビール「松江お茶ペールエール」、希少なえびすみかんで作った「松江えびすみかんエール」などの地酒も。美保館で咲いた月下美人の花を漬けた自家製のリキュールなんかもありますよ。

週末のバーテンダーさんがいる日には、オリジナルのカクテルをオーダーすることも。インスピレーションで作り上げられるカクテルは、その日その時だけの特別な一杯。一期一会の出会いを楽しんで。

美保館で大正ロマンな世界感を楽しもう

大正ロマンな世界に浸れる、島根県の老舗割烹旅館「美保館」をご紹介しました。美保館に宿泊するからこそ楽しめる、朝ごはんや大人のバータイムを楽しんでください。より特別な日には、古民家をリノベーションした離れで贅沢な時間を過ごすのもいいですね。

美保館の近くには出雲大社と親子神に関係にあたる「美保神社」があり、出雲大社との両参りをするとよりよいとされています。美保神社の朝御饌・夕御饌もまた素晴らしいので、ぜひ合わせて訪れてください。

2021年3月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2020/12/18−2020/12/19 訪問

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -