鬼ヶ島は絶景だった!香川「女木島」で瀬戸内海の美しさに触れよう

鬼ヶ島は絶景だった!香川「女木島」で瀬戸内海の美しさに触れよう

更新日:2021/02/09 15:57

麻田 ユウミのプロフィール写真 麻田 ユウミ 旅ブロガー
高松港からフェリーで約20分の場所にある「女木島」は、その昔鬼が住んでいたと伝えられている別名「鬼ヶ島」。鬼ヶ島と聞くとなんだか恐ろしいイメージがありますが、そこはまさかの絶景の連続!360度の青い海と瀬戸内海の島々が見える景色は、女木島だけの光景です。絶景以外にも桃太郎伝説で有名な洞窟やアート作品の数々、美しいビーチを楽しめます。ぜひ女木島に美しい絶景の旅に出かけてみませんか?

昨今の状況により、施設等の営業日や営業時間などに変更が生じている場合があります。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、Go To トラベルキャンペーンについては全国で一時停止となっています。お出かけの際はしっかりと新型コロナウイルスの感染予防および拡大防止対策をして行動しましょう。(トラベルjp)

レンタサイクルで絶景を駆け抜けよう!

レンタサイクルで絶景を駆け抜けよう!

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

女木島の観光は徒歩、レンタサイクル、大洞窟行きのバスが主な交通手段になりますが、オススメはレンタサイクル。レンタサイクルは船着場すぐの観光案内所「鬼ヶ島おにの館」で借りることができます。電動自転車もあり、山の上も島一周も自分のペースでゆっくりと観光することができます。

レンタサイクルで絶景を駆け抜けよう!

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

レンタサイクルを借りたら早速絶景を駆け抜けましょう!まずは鷲ヶ峰の山頂を目指すのがオススメ。坂は急で電動自転車でも少しキツイですが、この絶景を眺めることができるのは自転車ならでは!小さな島なのでどこからでも青い海を見ながら進むことができ、特に下り道は爽快です!

レンタサイクルで絶景を駆け抜けよう!

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

所々にある絶景ポイントも自転車では思う存分楽しめます。特に山の中腹から眺める街の集落と海は感動もの!是非自分だけのお気に入り絶景ポイントを見つけてみて下さい。

鬼が棲んでいる?観光の目玉「鬼ヶ島大洞窟」

鬼が棲んでいる?観光の目玉「鬼ヶ島大洞窟」

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

島の中央部にある鬼ヶ島大洞窟は、かつて桃太郎が鬼退治をした鬼が棲んでいたとされる場所。ここは紀元前100年頃に手掘りで作られた長さ400m、面積4000平方mの大きな洞窟です。

鬼が棲んでいる?観光の目玉「鬼ヶ島大洞窟」

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

洞窟の中は広く、玄関や会議室等の様々な部屋で構成されています。中には桃太郎伝説についての説明や瀬戸内国際芸術祭の作品である鬼瓦が展示されています。

鬼が棲んでいる?観光の目玉「鬼ヶ島大洞窟」

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

鬼ヶ島大洞窟から脱出をしたら、是非後ろを振り返って見てください!洞窟の出口の上には柱状節理と呼ばれる岩柱があります。500万年前の火山噴火によって作られた柱状の割れ目で、まるで木々が積み重なっているかのように見える自然の奇勝です。

<鬼ヶ島大洞窟の基本情報>
住所:香川県高松市女木町235
電話番号:087-873-0211
営業時間:8:30〜17:00
アクセス:おにの館から自転車で約15分

360度の景色が見渡せる!「鷲ヶ峰大展望台」

360度の景色が見渡せる!「鷲ヶ峰大展望台」

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

鬼ヶ島大洞窟の上には瀬戸内海や周りの島々が見渡せる鷲ヶ峰大展望台があります。二階建ての展望見晴らし台が建てられており、360度の大パノラマの景色が楽しめます。

360度の景色が見渡せる!「鷲ヶ峰大展望台」

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

その景色がこちら!青い海、本州、四国、その周りの島々と瀬戸内海を一望できる絶景スポットで、女木島1番人気の場所です。瀬戸内海にはたくさんの島がありますが、360度でみわたせるのは、この女木島だけなんです。

アート作品が楽しめるフェリー発着所

アート作品が楽しめるフェリー発着所

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

フェリーの発着所付近には様々なアート作品が楽しめます。こちらはイースター島でお馴染みのモアイ像。このモアイ像はイースター島のモアイ像と同じ凝灰岩で作られており、迫力も満点!まるで女木島を見守っているかのように立っています。

アート作品が楽しめるフェリー発着所

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

モアイ像の隣にはピアノがあります。これは作者が「20世紀以降のアジアの現代とは何か」と問いかけた作品です。現在アジアは欧米の文化が深く根付いており、今後アジアはどこへ向かっていくのかを、このピアノとピアノの上にある帆を使って表しています。

アート作品が楽しめるフェリー発着所

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

また、駐車場やおにの館の前にはたくさんのカモメのオブジェが。これは風の向きを目で見て楽しめるアートなんです。風が吹くと一斉にカモメが向きを変えるので見逃さないように!

ビーチにオーテ!女木島ならではの魅力も

ビーチにオーテ!女木島ならではの魅力も

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

瀬戸内ブルーと共にのんびりとした時間を過ごすことができるビーチの鬼ヶ島海水浴場は、快水浴場100選にも選ばれたスポット。ブルーの美しい海と周りの自然、対岸に見えるは島々は女木島のビーチの魅力の1つです。

ビーチにオーテ!女木島ならではの魅力も

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

オーテと呼ばれる石垣も必見です。女木島は冬になると強風が発生するため、家を守るために作られたのがオーテ。オーテの中は細く迷路のようで、都会では味わえない女木島独特の雰囲気を感じることができますよ。

高松港から20分!女木島の行き方

女木島へは高松港からわずか20分で到着します。フェリーは雌雄島海運の「めおん2」が1日6便(夏季増便あり)で高松港→女木島→男木島のルート運行しています。帰りの最終は17時20分なので、乗り遅れないように注意しましょう!

2021年2月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2020/10/31 訪問

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -