透明度世界一の川?!ブラジル・ボニートの川でシュノーケル!!

| ブラジル

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

透明度世界一の川?!ブラジル・ボニートの川でシュノーケル!!

透明度世界一の川?!ブラジル・ボニートの川でシュノーケル!!

更新日:2014/07/23 17:13

kyaoriのプロフィール写真 kyaori アドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバー

ブラジル中西部の町ボニート。この町には世界一の透明度(!)とも噂される川があり、川の流れに身を任せてシュノーケルができるフローティングツアーがとても人気です。水中では体長40センチほどの淡水魚が水草の間を泳ぐ姿を見ることができます。その透明度は本当に川の中かと思うほどで、天然の水族館と称される美しさ!!今回はそのフローティングツアーをご紹介いたします。

透明度世界一の川?!

透明度世界一の川?!

写真:kyaori

ブラジル中西部地方マット・グロッソ・ド・スウ州の州都、カンポ・グランジから280kmの場所に、ボニートという町があります。この町には洞窟や渓流、湧水地などの魅力的な観光スポットが多く、国内外から観光客がやってきます。その中でも一番のおすすめが、透明度世界一とも言われる川をシュノーケリングで下るフローティングツアー。ウェットスーツ、シュノーケルを装着して、川面を浮かんで(フローティング)進んで行きます。

「天然の水族館」と称されるボニートの湧水

「天然の水族館」と称されるボニートの湧水

写真:kyaori

透明度が世界一だからこそ、川の中の様子がくっきり見えます。川に沈んだ流木や藻、また現地の淡水魚であるピラプタンガ、ピンタード、パクー、ドラードなど、体長40センチほどの魚たちが優雅に泳いでいる姿も見られます。太陽が出ると陽の光が川に射し込み、キラキラとした幻想的な川の世界を体感できます。川の中にいることを忘れてしまうほどの光景は、まさに天然の水族館!!世界広しと言えども、このような透明度抜群の川をシュノーケルできる場所はここだけではないでしょうか?

泳力不要!川の流れに流されるだけのフローティングツアー

泳力不要!川の流れに流されるだけのフローティングツアー

写真:kyaori

泳げない、体力に自信がない…という方も全く問題ありません。ライフジャケットを全員着用しますし、“フローティング”という名前の通り、川に“浮いて”川の流れに乗ってシュノーケルができるので泳力を必要としません。本当に“流されて”いればいいのです。流れも速すぎず、お子さんでも心配ありません。川も浅く、途中で足が川底に着ける場所もあるくらい。途中で疲れたとしても、一緒に同行する舟に掴まったり、上がることもできるので安心です。

ベストシーズンは7月〜9月!!

ベストシーズンは7月〜9月!!

写真:kyaori

地図を見る

このツアーは大体半日ほどかかります。まず、川のリゾート施設で機材を装着し、シュノーケルポイントへ向かいます。川の中にいる時間は大体40分ほどですが、川の水は冷たく泳力を全く使わないので途中から身体が冷えてきます。その場合は無理せずに、ガイドさんに申し出ましょう。シュノーケル終了後はリゾート施設へ戻り、ランチを取って宿へ戻ります。
ボニートでは自然環境の保全にも尽力しており、一日の観光客数は制限されています。そのため、フローティングツアーも予約制。市内には多くのツアー会社があるのでそちらで申し込みをしましょう。

【ボニートへのアクセス】
・サンパウロ
カンポ・グランジまで約1時間40分(飛行機)、カンポ・グランジから約4時間(バス)
・リオ・デ・ジャネイロ
カンポ・グランジまで約2時間30分(飛行機)、カンポ・グランジから約4時間(バス)

ボニートは本当にボニート(美しい)!!

日本にも清流はたくさんありますが、このように川の流れに流されてシュノーケルを出来る、透明度の高い川はないのではないでしょうか。ボニートにはこの他にも、青い湖の鍾乳湖やラフティングなどもあります。治安も良く、のんびりとしたブラジルの田舎町を体感できる場所です。ボニートとは、ポルトガル語で「美しい」という意味なのですが、豊かな自然に囲まれたこの町はまさにボニート!!主要な都市から向かうには時間がかかりますが、絶対に損はしない美しい風景を見ることができますよ。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ