アジアか欧米か?関空の対岸に「フィッシャーマンズワーフ」が!

アジアか欧米か?関空の対岸に「フィッシャーマンズワーフ」が!

更新日:2021/04/12 11:10

やま かづのプロフィール写真 やま かづ 機内食&マンゴーにはうるさいトラベルライター
関西国際空港の対岸には、埋立造成によってできた「泉佐野フィッシャーマンズワーフ」があります。マリーナには数多くのクルーザーやヨットが係留されており、クラブハウスでは、海を眺めながらイタリア料理が堪能できます。
そんな欧米の雰囲気が漂うウォーターフロントですが、近くの魚河岸には海鮮市場、そしてアジア各地の料理が楽しめるレストラン&カフェもオープンしています。
う〜ん、ここはアジアか欧米か?


新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、自治体独自での緊急事態宣言発出や、往来の自粛要請をしている場合があります。また施設によっては休業していることがあります。Go To トラベルキャンペーンについても全国で一時停止となっています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、外出の際はしっかりと感染予防対策をして行動しましょう。(LINEトラベルjp)

関空対岸のボーダーレス地区「泉佐野フィッシャーマンズワーフ」

関空対岸のボーダーレス地区「泉佐野フィッシャーマンズワーフ」

写真:やま かづ

地図を見る

「泉佐野フィッシャーマンズワーフ」は、関西国際空港の対岸、埋め立てによって造成されたりんくうタウンの南側に位置しています。このウォーターフロントの中心的な存在となっているのが「いずみさの関空マリーナ」で、欧米で見かける風景よろしく、数多くのクルーザーやヨットが係留されています。

一方、近くの魚河岸では青空市場が開催されており、活気あふれる売り子たちの声が響き渡っています。また、アジア各地のローカルフードが楽しめるレストラン&カフェ「マカオ(澳門)食堂」も営業しており、まさにこの一帯には、ボーダーレスな雰囲気が漂っているんです。

クルーザーがびっしり!「いずみさの関空マリーナ」

クルーザーがびっしり!「いずみさの関空マリーナ」

写真:やま かづ

地図を見る

ここはニースか、サンフランシスコか?
一瞬、そんな錯覚に陥らせてくれるのが、「泉佐野フィッシャーマンズワーフ」の中心をなしている「いずみさの関空マリーナ」です。数多くのクルーザーが係留されている港のその遥かかなたには、関西空港を離着陸する飛行機の姿を認めることができます。

クルーザーがびっしり!「いずみさの関空マリーナ」

写真:やま かづ

地図を見る

「いずみさの関空マリーナ」のメンバーが集うクラブハウスの1階は、一般の方も立ち入りができます。エントランス前には、海を見ながらゆっくりくつろげるサンデッキが設置されています。また、ロビーにはフィッシングダービーの釣果写真や魚拓なども展示されています。
さらに、イタリアンレストランの「ピッツェリア エッセ ディ ピュ」が営業していますので、窓越しに海やクルーザーを眺めながら、ランチが楽しめます。

<基本情報>
住所:大阪府泉佐野市りんくう往来北6番地
営業時間:9:00〜17:00
定休日:火曜日

ピチピチの鮮魚が買える!味わえる!「佐野漁港 青空市場」

ピチピチの鮮魚が買える!味わえる!「佐野漁港 青空市場」

写真:やま かづ

地図を見る

ボーダーレスな雰囲気が漂っている「泉佐野フィッシャーマンズワーフ」ですが、マリーナの隣には魚河岸があり、「佐野漁港 青空市場」が開催されています。
水揚げされたばかりの魚介類を店頭に並べ、活気ある売り子たちの声があたり一帯にこだましています。これはまさしく、“ザ・ニッポン”の風景です。

ピチピチの鮮魚が買える!味わえる!「佐野漁港 青空市場」

写真:やま かづ

「佐野漁港 青空市場」には数多くの鮮魚店のほかに、寿司屋や食堂も営業していますから、新鮮な魚介をリーズナブルに味わえます。また、バーベキューエリアもあり、市場で買ったものを持ち込めば、その場で豪快に海の幸が堪能できます。

<基本情報>
住所:大阪府泉佐野市新町2丁目5187番101
営業時間:10:00〜17:00
定休日:水曜日

アジアンリゾートの匂いがプンプン!「マカオ食堂」

アジアンリゾートの匂いがプンプン!「マカオ食堂」

提供元:マカオ食堂

https://www.facebook.com/%E6%BE%B3%E9%96%80%E9%A3%…地図を見る

「マカオ食堂」は、「泉佐野フィッシャーマンズワーフ」の一角にあるアジア各地の料理が楽しめるレストラン&カフェです。店頭にはパラソルが並ぶウッドデッキがあり、さながらアジアのマリンリゾートのたたずまいです。

店内に一歩足を踏み入れると、中華色の強いインテリアが目に飛び込んできます。それらの調度品、装飾品の大半は、オーナーが直接台湾から輸入したものです。そんな台湾の匂いがプンプンする「マカオ食堂」、その名前の由来は、いつかはマカオに出店したいという、日本人オーナーの大きな夢から来ているそうです。

アジアンリゾートの匂いがプンプン!「マカオ食堂」

提供元:マカオ食堂

https://www.facebook.com/%E6%BE%B3%E9%96%80%E9%A3%…地図を見る

「マカオ食堂」では、アジア各地のローカルメニューが味わえる日替わりランチセットのほかに、魯肉(ルーロー)飯をメインにした台湾セット、肉骨茶(バクテー)をメインにしたシンガポールセットなどがあります。

また、食事メニューのほかに、中華デザートで人気の豆花や、台湾発祥のチーズティーを楽しむことができます。実は、本場台北・西門町にチーズティーのショップを出店していた「マカオ食堂」、その味は現地のお墨つきです。甘くて、ほんのりしょっぱいチーズティー。ウーロン茶やマンゴーなど、13種類のフレーバーがラインナップされています。

<基本情報>
住所:大阪府泉佐野市りんくう往来北6-9
営業時間:11:00〜17:00
定休日:水曜日

泉佐野フィッシャーマンズワーフの基本情報

住所・営業時間・定休日:各施設の項目を参照
アクセス:
(電車)南海本線「泉佐野」駅下車、徒歩約15分
(いずみさの観光周遊バス)「いずみさの関空マリーナ」バス停下車すぐ
(自動車)阪神高速湾岸線「泉佐野北IC」、あるいは関西空港自動車道「泉佐野IC」下車すぐ

2021年4月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2021/03/01 訪問

- PR -

条件を指定して検索

ナビゲーターアワード2020 ナビゲーターアワード2020

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -