甑大橋開通に沸く!初めて行く甑島1泊2日モデルコース

甑大橋開通に沸く!初めて行く甑島1泊2日モデルコース

更新日:2021/04/26 11:04

bowのプロフィール写真 bow トラベルライター
鹿児島県の離島である甑島に2020年8月、県内最長となる甑大橋が開通しました。これまでは海路でしか周遊できなかった甑島列島がひとつになり、観光スタイルが一変!今注目を集める甑島を初めて旅する方へのモデルコースをご紹介します。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、一部都府県に緊急事態宣言が発出され、不要不急の外出の自粛が求められています。加えて自治体独自での緊急事態宣言発出や、往来の自粛要請をしている場合があります。また施設によっては休業していることがあります。Go To トラベルキャンペーンについても全国で一時停止となっています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。外出の際はしっかりと感染予防対策をして行動しましょう。(トラベルjp)
プランをもっと見る

まず知ろう、甑島へのアクセスと一変した観光事情

まず知ろう、甑島へのアクセスと一変した観光事情

写真:bow

地図を見る

鹿児島県の薩摩半島から西へ約30kmの東シナ海に浮かぶ甑島列島は上甑島、中甑島、下甑島の三つの有人島があります。アクセスは海路しかありませんが出発点は2つあり、川内港ターミナルからの高速船(所要時間約50分)か、もしくは串木野新港からのフェリー(所要時間約75分)で渡ることができます。

今回は1泊2日で甑島をめぐるコースをご紹介しますが、往路は串木野新港からのフェリー(下り1便)をオススメ。前日に鹿児島入りしているならば朝ゆっくりできますし、早朝に鹿児島空港着というパターンでも上手く乗り継げば11:20の出発に間に合うからです。そして上甑島の里港には12:35に到着できるのでじっくりと1日目を過ごせます。

まず知ろう、甑島へのアクセスと一変した観光事情

提供元:さつませんだい観光局

https://satsumasendai.gr.jp/地図を見る

従来は上甑島・中甑島と下甑島間は船での行き来となっていましたが、2020年8月に開通した甑大橋により甑島は陸路で繋がりました。島をめぐりが車で出来るようになったということは観光客にとっては非常に大きく、甑島の観光スタイルは一変したといっても過言ではありません。ですので、甑島内の移動には迷わずレンタカーをチョイス!

まず知ろう、甑島へのアクセスと一変した観光事情

写真:bow

地図を見る

そして初めて甑島を訪れるのであれば、上甑島を拠点に行動する方が無難でしょう。宿は里港に隣接している「HOTEL Areaone Koshiki Island」をオススメ。港が目前であることやレンタカー店が周囲にあるという利便性だけでなく、甑島唯一の天然温泉付きホテルという点も見逃せません。

1日目PM:上甑島をめぐろう

1日目PM:上甑島をめぐろう

写真:bow

地図を見る

1日目は上・中甑島をめぐっていきます。甑島の魅力のひとつといえば、ダイナミックな大自然!島をめぐれば色々な場面でスケールの大きさを味わうことでしょう。まずは甑島の代表的な景勝地「長目の浜」へと向かいます。

約4kmにわたって続く砂州、長目の浜は日本三景天橋立にも勝るとも劣らない景観は、仙巌園を築いた島津家19代島津光久公が巡視の際に「眺めの浜」と命名したもの。眺めるだけでなく浜や池のほとりへも行くことができます。

<長目の浜の基本情報>
住所:鹿児島県薩摩川内市里町里
アクセス:上甑島里港より車で約10分

1日目PM:上甑島をめぐろう

提供元:さつませんだい観光局

https://satsumasendai.gr.jp/

長目の浜を散策した後は、旧中甑港のコシキテラスへ。ここから「観光船かのこ」に乗って断崖鑑賞クルージングへと楽しみましょう。甑島は鹿島断崖などの圧倒的な断崖スポットがあり、海上から迫力ある絶景を味わうことができます。

<コシキテラス・観光船かのこの基本情報>
住所:鹿児島県薩摩川内市上甑町中甑383-3
アクセス:上甑島里港より車で約10分
運行情報:1便 10:20〜 2便 11:50〜 3便 14:00〜 所要時間1時間
料金:大人2500円 小人1300円

1日目PM:上甑島をめぐろう

写真:bow

地図を見る

クルーズから戻ったら、上甑島と中甑島を結ぶ甑大明神橋へ行ってみましょう。ここからは奇岩「甑大明神」を眺めることができます。この甑(せいろ)の形をした岩自体がご神体であり、甑島の地名発祥の地とされています。

<甑大明神の基本情報>
住所:鹿児島県薩摩川内市上甑町中甑
アクセス:上甑島里港より車で約15分

2日目AM:甑大橋を渡ろう!

2日目AM:甑大橋を渡ろう!

写真:bow

地図を見る

2日目は甑大橋を渡って下甑島へ行ってみましょう。まずはその前に甑大明神橋の先にある鹿の子大橋を渡ります。印象的なアーチ型の橋は海峡の波をイメージしたという、風景に溶け込むような橋です。せっかくですのでこの橋も眺めて一休み!ここを渡れば中甑島へと入っていきます。

<鹿の子大橋の基本情報>
住所:鹿児島県薩摩川内市上甑町平良
アクセス:上甑島里港より車で約20分

2日目AM:甑大橋を渡ろう!

提供元:さつませんだい観光局

https://satsumasendai.gr.jp/地図を見る

そしていよいよ、鹿児島県最長となる甑大橋を渡って下甑島へ!まさに海を渡るかのような約1.5kmの爽快ドライブを楽しみましょう。もし時間があるのならば中甑島の木の口展望所や、下甑島の鳥の巣展望所などへ立ち寄り、甑大橋の絶景を眺めてみてはどうでしょうか?以下の360度画像で絶景スポットを確認してみてください。

<甑大橋の基本情報>
住所:鹿児島県薩摩川内市上甑町平良・鹿島町藺牟田
通行料:無料
アクセス:上甑島里港ターミナルから車で約30分

甑大橋を渡ったら、一気に下甑島最南端まで行ってみましょう。手打地区には日本を代表する歌手、森進一さんの「おふくろさん歌碑」があります。実は森進一さんの母親は下甑島が故郷!近づくと歌が流れます。

<おふくろさん歌碑の基本情報>
住所:鹿児島県薩摩川内市下甑町手打790
アクセス:上甑島里港より車で約70分

2日目AM:甑大橋を渡ろう!

写真:bow

地図を見る

2日目AM〜PM:下甑島の見どころをめぐろう

2日目AM〜PM:下甑島の見どころをめぐろう

写真:bow

地図を見る

下甑島の代表的観光スポットといえば、緑に囲まれた美しい滝「瀬尾観音三滝」です。迫力満点の滝は間近で見ることができ、清涼感抜群!アクセスもいいのでぜひ立ち寄ってみましょう。

<瀬尾観音三滝の基本情報>
住所:鹿児島県薩摩川内市下甑町青瀬
アクセス:上甑島里港から車で約60分
駐車場:あり

2日目AM〜PM:下甑島の見どころをめぐろう

写真:bow

地図を見る

「ナポレオン岩」も甑島の代表的スポットのひとつ。その正体は下甑島の西、瀬々野浦集落の沖合の海上にある高さ約120mの岩で、ご存知フランスの皇帝ナポレオンの横顔に似ていることがその名の由来です。少し距離はありますが、その姿を真正面から見られる「前の平展望所」がオススメ展望スポットです。

<前の平展望所の基本情報>
住所:鹿児島県薩摩川内市下甑町瀬々野浦
アクセス:上甑島里港から車で約80分

2日目AM〜PM:下甑島の見どころをめぐろう

写真:bow

地図を見る

甑島は白亜紀の地層が露出していて、貴重な化石が相次いで発掘される島。「甑ミュージアム恐竜化石等準備室」は準備室と名が付くものの、その力の入り方は驚くほど!恐竜ファンや地質ファンは必訪スポットです。

<甑ミュージアム恐竜化石等準備室の基本情報>
住所:鹿児島県薩摩川内市鹿島町藺牟田1457-10
入館料:無料
アクセス:上甑島里港から車で約40分

2日目PM:時間いっぱい上甑島を散策しよう

2日目PM:時間いっぱい上甑島を散策しよう

写真:bow

地図を見る

復路は夕方出発の高速船で帰りましょう。上甑島の里港からの出発ですが、川内港への帰着となりますのでご注意を。出航までは上甑島で時間の許す限り観光スポットをめぐりましょう。里港からほど近い武家屋敷跡は玉石垣と生垣が見事で、江戸時代の風情が漂うスポットです。

<里麓武家屋敷跡の基本情報>
住所:鹿児島県薩摩川内市里町里
アクセス:上甑島里港から徒歩で約10分

2日目PM:時間いっぱい上甑島を散策しよう

写真:bow

地図を見る

上甑島の里集落は島と島を繋ぐ陸繁砂州、いわゆるトンボロ地形の上に成り立っています。台風や季節風の影響などで砂礫が運ばれ、堆積したものと考えられています。そんな上甑島のトンボロ地形を見下ろす展望所からの眺めは爽快感アリ!立ち寄ってみてはどうでしょうか?

<トンボロ展望所の基本情報>
住所:鹿児島県薩摩川内市里町
アクセス:上甑島里港から車で約15分

2日目PM:時間いっぱい上甑島を散策しよう

写真:bow

出発までは甑島ならではのお土産品を忘れずに買って帰りましょう。時間が無ければ里港のフェリーターミナル内に売店へ。実はここの品揃えが優秀で、甑島の特産品はひととおり揃います。

甑島といえばきびなごの水揚げ量全国bPで、年間を通じてその味を楽しむことができます。お土産用のきびなごも充実しているのでぜひゲットしましょう。他にも海塩や椿油など、手にしたくなるお土産がズラリ揃っていますよ。

甑大橋を渡って甑島を周遊しよう!

1泊2日という限られた時間での甑島周遊モデルコースをご案内しましたが、時間のある方は2泊や3泊という形の方がより深く甑島を楽しめることは間違いありません。しかし1泊だけでも甑大橋のおかげで全島をしっかり周遊できるようになったのは大きなポイント。まずは「甑島に行ってみたかった!」という方にはうってつけではないでしょうか?ぜひ一つになった甑島を訪ねてみてください!


2021月4月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2020/12/15−2020/12/16 訪問

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -