神戸観光の足に最適!レトロかわいい観光バス、シティループ

| 兵庫県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

神戸観光の足に最適!レトロかわいい観光バス、シティループ

神戸観光の足に最適!レトロかわいい観光バス、シティループ

更新日:2012/10/24 16:11

下川 尚子のプロフィール写真 下川 尚子 ライター

神戸の観光スポットといえば、北野異人館街、南京町、ベイエリアあたりが代表的ですが、これらをとっても効率的に巡ることができるバスがあるんです。
それが、「シティループ」。
緑色の、レトロでかわいいバスは、神戸観光をしていると実によく見かけます。
ここでは、観光の足としてはイチオシなこのシティループを紹介します!

観光の足として最適な、シティループ

観光の足として最適な、シティループ

写真:下川 尚子

地図を見る

神戸はコンパクトな街ですが、それでも見どころをくまなく回ろうと思うと時間もかかりますし、坂の多い神戸では足もクタクタ。
でも、シティループに乗って一回りすると、神戸の代表的な観光スポットはだいたい回ることができます。

シティループの車体は神戸の街並みにもぴったりで、観光気分を盛り上げてくれること、間違いなしです(^^)
ここでは、シティループで巡ることができる場所をざっと紹介しながら、その有効な活用方法について紹介します!

まずはベイエリアからスタート!

まずはベイエリアからスタート!

写真:下川 尚子

地図を見る

シティループは神戸の街をぐるぐる巡っていて、一周63分で神戸の街を一回りします。
停留所は17か所、どこで乗ってどこで降りてもOKなのですが、停留所ナンバーの1番は、ベイエリアの「ポートタワー前」から始まります。

鮮やかな赤が印象的なポートタワーは、神戸ベイエリアのランドマーク。
ベイエリアでは、ポートタワーや特徴的なシェイプを持つ神戸海洋博物館を見てみてもいいですし、モザイクガーデンでぶらぶらするのも、オススメの過ごし方です。
クルーズ船に乗って、海を楽しむのも素敵ですね♪

シティループのオススメの利用方法は、一日乗車券を買ってしまうこと。
ぐるっと一周回るだけで、神戸のダイジェスト観光はできてしまうくらいだからです。

ちなみに、一日乗車券を持っていると、さまざまな施設で割引サービスが受けられます!
ベイエリアで割引が受けられるのは、神戸海洋博物館カワサキワールド、ポートタワー、そして「コンチェルト」や「ルミナス神戸2」などの各種クルーズ船、そしてモザイクガーデンの観覧車なども・・・。
30%引きなんてお得な割引もあるんですよ!ぜひチェックしてみてくださいね(^^)

旧居留区〜三宮

旧居留区〜三宮

写真:下川 尚子

地図を見る

シティループでは、旧居留区や三宮あたりも通ります。

旧居留区はカフェや雑貨店、ブランドショップが多いエリアで、女性の方には特に人気があります。
旧居留地でのカフェめぐりやショッピングを楽しみたい場合は、「旧居留地(私立博物館)」で下車しましょう。

三宮は神戸の中心地ですが、観光スポットとしては少ないので、観光で来た方があまりゆっくりと滞在することは少ないかもしれませんね。
ですが、三宮駅の南側には無料の展望ロビーを持つ神戸市役所庁舎、北側には生田神社などがあります。

シティループにはガイドさんが乗っていて、乗っている間に簡単な観光案内をしてくれます。
そのため、神戸の概要や見どころを知るにも、恰好のガイドになるのです♪

ちなみに、三宮〜旧居留地あたりのエリアでも、一日乗車券を持っている場合は神戸市立博物館などで割引サービスが受けられます。

北野坂を通って、北野異人館街へ

北野坂を通って、北野異人館街へ

写真:下川 尚子

地図を見る

神戸の観光スポットとしては外せない北野異人館街にも、もちろんシティループの停留所があります。
実は、北野異人館街は、有名な観光スポットでありながら、公共交通機関のアクセスがそれほど良くないという難点があるんです。
三ノ宮駅から徒歩20分ほど、新神戸駅からでも10〜15分ほど・・・。
ですが、シティループだと異人館街にダイレクトに行けるので、利便性という意味でもシティループはオススメです。
緑のバスに乗って北野異人館街を走るだけでも、観光気分は味わえますので、時間のない方にもぴったりですね。

写真は、北野坂、異人館通りの入り口あたりに位置する、異人館をまるごとスターバックスとして利用している店舗です。
このスターバックスの前にも、停留所があるんですよ。

異人館街には、シティループの一日乗車券を持っている場合に拝観料の割引を受けられる異人館が多くありますので、そのお得さを十分感じられると思います。

神戸のチャイナタウン、南京町

神戸のチャイナタウン、南京町

写真:下川 尚子

地図を見る

最後に紹介するのが、神戸のチャイナタウンである南京町。
南京町は、中華風の雑貨や食材を買いまわるのも楽しいですし、食べ歩きも楽しいです。
お店に入ってワイワイ楽しんでもいいですし、店頭で大きな湯気を立てながら蒸されているおまんじゅうなどをほおばるのも楽しいです♪

一見ゴチャっとした雑多な雰囲気ですが、これが南京町らしさ。
規模的には、横浜と比較するとかなりこじんまりとしていますが、神戸は中華料理がおいしいことも有名なので、ぜひ味わってみてくださいね。
南京町を楽しむには、「元町商店街(南京町前)」もしくは「南京町(中華街)」で下車しましょう。


シティループで回れる場所として、代表的なところをピックアップしてご紹介しましたが、いかがでしたか?
神戸の多彩な魅力を、少しでも感じてもらえたなら幸いです。

では最後に、シティループの詳しい利用方法を。

◆シティループ

運賃:
一回250円、一日乗車券は650円。
一日乗車券を購入した場合は、一日乗り降り自由なことに加え、さまざまな観光施設で割引サービスが受けられます。

購入方法:
シティループの乗車券はバスの車内でガイドさんが販売しています。
つまりは、まず緑の車体に乗ってみること!
一緒にルートマップなどももらえます。

時間:
9時〜17時半から18時前(10〜15分間隔で運行)

オススメは、神戸についた日に、シティループで街をぐるっと一周回ってみること。
だいたいの街の規模や神戸の見どころが、きっとわかるはずです♪

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -