お部屋でかけ流し温泉と海の眺望を堪能!熱海倶楽部迎賓館の休日

お部屋でかけ流し温泉と海の眺望を堪能!熱海倶楽部迎賓館の休日

更新日:2021/02/25 09:47

伊豆山の高台にある「熱海倶楽部迎賓館」は、大人だけが宿泊できる落ち着いた宿。
熱海でも老舗のゴルフ場に併設され、丁寧な接客も評判です。相模湾の素晴らしい眺望、部屋付きのかけ流し温泉、全室スイート仕様の広々したお部屋など、ゆったりとした時間を楽しめる宿です。どんなお宿なのか、その魅力を詳しくご紹介しましょう!


新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、自治体独自での緊急事態宣言発出や、往来の自粛要請をしている場合があります。また施設によっては休業していることがあります。Go To トラベルキャンペーンについても全国で一時停止となっています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、外出の際はしっかりと感染予防対策をして行動しましょう。(LINEトラベルjp)
プランをもっと見る

全室スイート仕様の優雅な客室

全室スイート仕様の優雅な客室
地図を見る

「熱海倶楽部迎賓館」はホテル棟とクラブハウス棟に分かれています。すべての客室は70平米を越えるスイート仕様のゆとりある広さ。大きくとられた窓からは相模湾の絶景が広がり、解放感も抜群です。

インテリアはシックな大人の雰囲気で、おこもり旅行にもおすすめの居心地の良さです。

全室スイート仕様の優雅な客室
地図を見る

客室にはソファやカウンターなど、海の景色も楽しめるくつろぎ場所が用意されています。

写真はホテル棟の客室のカウンター。書き物や読書をするのにうってつけです。冷蔵庫には無料のソフトドリンクも準備されているので、ゆっくりお茶をするのもおすすめです。

全室スイート仕様の優雅な客室
地図を見る

写真はお部屋からの景色です。すべての部屋から海が望めるのが、このお宿の魅力。海に向かってなだらかに傾斜しているので、抜群の眺望を楽しめます。

また、目の前はホテル併設のゴルフ場のため、余計なものが視界に入らずプライベート感もあります。

部屋付き温泉がすべてかけ流しという贅沢

部屋付き温泉がすべてかけ流しという贅沢
地図を見る

「熱海倶楽部迎賓館」のお部屋には、全室半露天の温泉がついています。なんとこの温泉は、敷地内の専用源泉からかけ流しになっています。お部屋の温泉までかけ流しのお宿は、なかなかありません。

目の前の窓を開ければ、さわやかな潮風を感じながら入浴できます。かけ流しの温泉をひとり占めするのは、贅沢の極み!クラブハウス棟にはミストサウナも備えた温泉大浴場もあるので、一日温泉三昧が楽しめます。

部屋付き温泉がすべてかけ流しという贅沢
地図を見る

湯上りには、テラス席で一休みもおすすめ。海から昇る朝日を見れば、一日の元気をチャージできそうです。

料亭「赤坂潭亭」プロデュースの食事

料亭「赤坂潭亭」プロデュースの食事
地図を見る

食事はクラブハウス棟の「百山茶寮」でいただきます。ところどころに美術品が配された、落ち着いた雰囲気が魅力。昼は相模湾、夜は熱海の夜景を楽しむことができます。

料亭「赤坂潭亭」プロデュースの食事
地図を見る

海の幸、山の幸を生かして趣向を凝らした料理は、赤坂の料亭「赤坂潭亭」がプロデュースしています。

充実したワインリスト、ウィスキー、日本酒、焼酎など飲み物のメニューも豊富。「静岡地酒 三種利き酒セット」など静岡の地酒も揃っています。また、ちょっとしたサイドメニューもその場で注文できるので、お酒のおつまみにも困りません。

ルームサービスにも対応しているので、お部屋でもお酒やおつまみが楽しめます。

丁寧な接客に定評のある大人の隠れ宿

丁寧な接客に定評のある大人の隠れ宿
地図を見る

ホテルのロビーには掛け軸など美術品が飾られており、インテリアもシックにまとめられています。

丁寧な接客に定評のある大人の隠れ宿
地図を見る

ホテルスタッフは大人の宿にふさわしく落ち着いた丁寧な接客で、リピーターも多いのも頷けます。なお、宿泊は中学生以上となっていますので、館内ではまさに大人時間を楽しめますよ。

お部屋や専用エステルームでのリラクゼーションマッサージも予約することができます。

「熱海倶楽部迎賓館」でくつろぎの時を

いかがだったでしょうか。ホテルのどこからでも見える海の景色、かけ流しの温泉、丁寧な接客と美食が、日常を忘れさせてくれることでしょう。
ぜひ、訪れてみてくださいね。

2021年2月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

ナビゲーターアワード2020 ナビゲーターアワード2020

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -