シドニーの主要人気ビーチを巡る「ボンダイ・トゥ・クージー・コースタル・ウォーク」

シドニーの主要人気ビーチを巡る「ボンダイ・トゥ・クージー・コースタル・ウォーク」

更新日:2021/02/25 10:48

Mayumi Iwasakiのプロフィール写真 Mayumi Iwasaki シドニー在住・建築好きフォトグラファー&ライター
シティから少し足を延ばすだけで美しいビーチにアクセスできる海の街・シドニー。世界的にも有名なボンダイビーチをはじめとする、シドニーの人気ビーチを一度に巡ることができるウォーキングコース「ボンダイ・トゥ・クージー・コースタル・ウォーク(Bondi to Coogee Coastal Walk)」をご紹介します。
美しい海の風に吹かれながら、歩いてみませんか?

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。各種報道機関の発表や外務省、各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。(トラベルjp)

1.シドニーNo.1人気のボンダイビーチからスタート

1.シドニーNo.1人気のボンダイビーチからスタート

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

「ボンダイ・トゥ・クージー・コースタル・ウォーク(Bondi to Coogee Coastal Walk)」は美しいビーチが点在するシドニーの中でも、人気の「ボンダイ・ビーチ(Bondi Beach)」から「クージー・ビーチ(Coogee Beach)」まで、計6つのビーチを巡ることができる約6kmのウォーキングコース。息をのむような海沿いの景色を眺めながら、気持ちよくお散歩が楽しめます。

1.シドニーNo.1人気のボンダイビーチからスタート

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

スタート地点のボンダイ・ビーチはシティの中心からわずか7.5km。サーフィンのメッカでもあり、スケートボード・パークもあるビーチサイドにはグラフィティ・アートが描かれ、街にはナチュラルでオーガニックなショップも立ち並びます。シティには無いここだけの独特のカルチャーがあり、穏やかな雰囲気が流れる海の街です。

1.シドニーNo.1人気のボンダイビーチからスタート

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

ビーチの南端にあるフォトジェニックなプール」としてお馴染みの「Bondi Icebergs Club(ボンダイ・アイスバーグス・クラブ)」は、シドニーにたくさんある海沿いにあるプールの中でも、しっかりとメンテナンスされた美しいプールです。プール脇にはレストランやカフェも併設されていて、プールとビーチを眺めながら絶景ブランチが楽しめます。

<ボンダイ・アイスバーグス・クラブ・プールの基本情報>
住所:1 Notts Ave, Bondi Beach NSW 2026
電話番号:+61-2-9130-4804
営業時間:6:00〜19:00
土・日曜日:6:30〜19:00
※木曜日はプール清掃のためお休み。詳しくはホームページでご確認ください。

2.彫刻イベントも行われる「タマラマ・ビーチ」

2.彫刻イベントも行われる「タマラマ・ビーチ」

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

アイスバーグスを通り過ぎると、左手に荒波を眺めながら進むコースタル・ウォークがいよいよスタートです。道はコンクリートやデッキで舗装されていて歩きやすいですが、適度にアップダウンがあるので結構いい運動になります。

このルートでは毎年10月末〜11月始め頃に彫刻イベント「スカルプチャー・バイ・ザ・シー(Sculpture by the Sea)」が行われています。「春の風物詩」的な大人気のイベントなので、その時期に絡めてコースタル・ウォークを楽しんでもいいですね。

「スカルプチャー・バイ・ザ・シー」については別の記事で詳しくご紹介していますので、関連MEMOのリンクからお読みください。

2.彫刻イベントも行われる「タマラマ・ビーチ」

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

ボンダイ・ビーチの隣にある「タマラマ・ビーチ(Tamarama Beach)」は、幅は80mと狭いですが、強いうねりによってスピード感のある強い波が押し寄せるサーフスポットとして人気のビーチです。そのためかレスキュー出動率も高いので、波の高さによっては海水浴にはあまり向いていません。

2.彫刻イベントも行われる「タマラマ・ビーチ」

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

スカルプチャー・バイ・ザ・シーの最終地点ですが、海流や潮の影響を受けやすい立地ということから、2016年のイベントでは潮が満ちて作品の一部が海に流されてしまったというハプニングもありました。

波はダイナミックですが海はとても美しく、砂浜は他のビーチに比べて比較的人も少ないので、ゆったりのんびりとした時間が過ごせます。

(ボンダイ・ビーチからタマラマ・ビーチまで約1.40km)

3.美しい朝日がフォトジェニックな「ブロンテ・ビーチ」

3.美しい朝日がフォトジェニックな「ブロンテ・ビーチ」

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

タマラマ・ビーチから一つ丘を超えると、数あるシドニーのビーチの中でも常に上位にランクインする程フォトジェニックでインスタ映えするビーチとして人気の「ブロンテ・ビーチ(Bronte Beach)」に到着です。

3.美しい朝日がフォトジェニックな「ブロンテ・ビーチ」

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

左右の高い崖と木々が生い茂る公園に囲まれていて、ビーチ自体の幅は250mと比較的小さめではありますが、BBQ施設や子供のプレイグラウンドも。岩に囲まれたポケット的な天然のプールは、波の影響を受けない安全なスイミングスポットでもあります。

3.美しい朝日がフォトジェニックな「ブロンテ・ビーチ」

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

人気なのがシドニーらしい風景としてSNSでもお馴染みのこちらのロックプール。特にここから眺める朝日はため息が漏れるほどの美しさなので、この景色を見るためだけでも頑張って早朝に訪れる価値はあります。

周辺は住宅街ですがビーチのすぐ脇にカフェが並んでいるエリアがあるので、このカフェでコーヒーを飲んで一休みするのもいいですし、どのカフェもフードがとても美味しいのでブランチスポットとしてもオススメです。

(タマラマ・ビーチからブロンテ・ビーチまで約0.80km)

4.細長い「クロベリー・ビーチ」とスノーケリングで人気の「ゴードンズ・ベイ」

4.細長い「クロベリー・ビーチ」とスノーケリングで人気の「ゴードンズ・ベイ」

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

ブロンテ・ビーチを抜けると、「オーストラリア随一の絶景墓地」とも言われる「ウェイバリー・セメタリー(Waverley Cemetery)」が見えてきます。海に張り出しそうな断崖絶壁に遊歩道があるので、崖の下に打ち寄せる波の荒々しさや飛沫さえも足元に感じることができそうです。

4.細長い「クロベリー・ビーチ」とスノーケリングで人気の「ゴードンズ・ベイ」

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

墓地を過ぎ「クロベリー・ボーリング場(Clovelly Bowling)」を抜けると、コンクリートで囲まれた細長いビーチ「クロベリー・ビーチ(Clovelly Beach)」に到着です。細く長い独特の形状は幅わずか60m。「シドニーで一番小さいビーチ」と言われています。コンクリート塀や岩で遮られており波も比較的穏やかなので、深いエリアは水泳やスノーケリングに、波の少ない奥の砂浜は子連れにやさしいローカルビーチです。

(ブロンテ・ビーチからクロベリー・ビーチまで約1.60km)

4.細長い「クロベリー・ビーチ」とスノーケリングで人気の「ゴードンズ・ベイ」

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

クロベリー・ビーチの駐車場を抜けると、スノーケリング&ダイビングスポットとして有名な「ゴードンズ・ベイ(Gordons Bay)」に到着です。この周辺はかなり高低差がありアップダウンが激しいですが、その分上から見下ろす海の美しさは格別です。岩場が多いので魚影が濃く、スノーケリングがオススメですが、観光客のほとんどいないローカルなビーチなので、シャワールームやトイレはないのでご注意ください。

(クロベリー・ビーチからゴードンズ・ベイまで約1.20km)

5.ゴールは人気レストランもある「クージー・ビーチ」

5.ゴールは人気レストランもある「クージー・ビーチ」

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

ゴードンズ・ベイを抜け公園を進むと、今回のコースタルウォークのゴール地点「クージー・ビーチ(Coogee Beach)」に到着です!お疲れさまでした。

「クージー」という珍しい名前は、昔この地域に住んでいたアボリジナルの人々の言葉で「海藻の乾いた匂い」という意味に由来しています。白い砂浜のビーチやロックプール、ビーチバレー・コートやBBQ設備、長い遊歩道に芝生の公園と全て揃っているビーチです。

(ゴードンズ・ベイからクージー・ビーチまで約1.00km)

5.ゴールは人気レストランもある「クージー・ビーチ」

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

沖に小さな島があるおかげで波は比較的穏やかなので、シドニー有数の安全なビーチだと言われています。ボンダイ・ビーチよりもローカル色が強く、小さな子供連れでも安心して遊ばせることができるので地元の家族連れなどで賑わいます。ロックプールも自然なものから人工のものまで、全部で4箇所もあるんですよ。

5.ゴールは人気レストランもある「クージー・ビーチ」

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

ビーチ北端には週末になると昼から長蛇の列になるバー&レストラン「クージー・パビリオン(Coogee Pavillion)」があります。コーヒーやブランチを楽しむのもいいですし、人気のナイトスポットでもあるので、コースタルウォークの締めとして眺望のいいルーフトップで海を見ながら乾杯してみるのもいいですね。

<クージー・パビリオンの基本情報>
住所:169 Dolphin St, Coogee NSW 2034
電話番号:+61-2-9114-7321
営業時間:月 - 日 7:00〜24:00

シドニーの人気ビーチを網羅

今回のお散歩コースはゆっくり歩いても2〜3時間程度。トレッキングほどハードルは高くありませんが、旅という時間が限られた中では、休憩スポットをチェックしつつ、気になるところだけピックアップして訪れるのもオススメです。

シドニーに訪れたら「ボンダイ・トゥ・クージー・コースタル・ウォーク」で美しい海の風に吹かれながら、是非ハーバー・シティ「シドニー」を感じてみましょう。

2021年2月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2020/10/01−2021/01/24 訪問

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -