福岡「海の中道海浜公園」は春がおすすめ!花畑が超SNS映え

福岡「海の中道海浜公園」は春がおすすめ!花畑が超SNS映え

更新日:2021/03/05 15:50

権丈 俊宏のプロフィール写真 権丈 俊宏 一級建築士
海の中道海浜公園(福岡県福岡市)は、全国で5番目に設置された国営公園。リゾートホテルやプールなど多くのエリアが点在しますが、四季折々の花を楽しめる公園としても有名。特に春は“フラワーリレー”と呼ばれるほど多彩な花々を鑑賞でき、近年ではSNS映えスポットとしても注目を浴びています。

今回は3月からゴールデンウィークにかけての花畑をご紹介。沢山写真を撮って、SNSで“いいね!”をゲットしましょう!

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、一部都府県に緊急事態宣言が発出され、不要不急の外出の自粛が求められています。加えて自治体独自での緊急事態宣言発出や、往来の自粛要請をしている場合があります。また施設によっては休業していることがあります。Go To トラベルキャンペーンについても全国で一時停止となっています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。外出の際はしっかりと感染予防対策をして行動しましょう。(LINEトラベルjp)

「海の中道海浜公園」は花畑目当てなら西駐車場が便利

「海の中道海浜公園」は花畑目当てなら西駐車場が便利

提供元:国営海の中道海浜公園

https://uminaka-park.jp/地図を見る

海の中道海浜公園は、開園面積だけで約300ヘクタール(東京ドームの50倍以上)。駐車場だけでも3ヶ所あります。花畑が目的であれば車なら西駐車場、公共交通機関利用ならJR西戸崎駅が最寄り。その場合入口は、いずれも「西口」が最短距離です。

入口で入場料を支払うときに、初めての方は公園ガイド(場内マップ)を貰いましょう。大変広大な敷地ですので、それを見ながら目的地へ移動すると大変便利です。

※アクセスの詳細は、本記事最後にある基本情報をご覧ください。

3月初旬〜4月上旬は菜の花

3月初旬〜4月上旬は菜の花

提供元:国営海の中道海浜公園

https://uminaka-park.jp/地図を見る

海の中道海浜公園で春の始まりを感じさせるのが「菜の花」。2月下旬から徐々に開花し始め、3月に最盛期を迎えます。場所は、西駐車場近くにある「西サイクリングセンター口」付近。一面黄色に染まる情景が楽しめます。

3月初旬〜4月上旬は菜の花

写真:権丈 俊宏

地図を見る

菜の花の隠れたビュースポットとして、「動物の森」にあるフラミンゴのエリア付近もおすすめ。華麗なフラミンゴの群衆と菜の花のコラボが楽しめます。なお、動物の森も追加料金無しで入場できるので、ぜひ足を運んでみて下さいね!

3月下旬から4月中旬は桜&チューリップ!

3月下旬から4月中旬は桜&チューリップ!

写真:権丈 俊宏

地図を見る

3月末から4月初旬にかけての見所は「桜」。海の中道海浜公園の中核の一つである「大芝生広場」横に、広大な桜エリアがあります。晴れた日は、お弁当を持参してピクニック気分を味わえますよ!

3月下旬から4月中旬は桜&チューリップ!

提供元:国営海の中道海浜公園

https://uminaka-park.jp/地図を見る

桜ビュースポットでもう一つおすすめなのは、西サイクリングセンター近くのサイクリングコース。満開の時期は、まるでサクラのトンネルのよう。穴場の鑑賞エリアです。桜の見頃は、例年3月下旬〜4月上旬です。

3月下旬から4月中旬は桜&チューリップ!

写真:権丈 俊宏

地図を見る

またこの時期で見逃せないのが「チューリップ」。彩りの池・虹の池の湖畔に咲き渡ります。赤・黄・白など大変カラフルで、記念撮影・SNS映えスポットとしても人気。見頃は桜よりも少し長く、例年4月中旬まで楽しめます。

4月上旬〜GWはネモフィラ!

4月上旬〜GWはネモフィラ!

写真:権丈 俊宏

地図を見る

春の「海の中道海浜公園」で、最も人気の高い花が「ネモフィラ」。ひたち海浜公園(茨城県ひたちなか市)がネモフィラで大変有名ですが、こちらも負けていません。場所は、「大芝生広場」の広大なエリアに植えられています。

特に、桜のピンクとネモフィラのブルーのコラボは圧巻の一言! 桜の満開の時期は限られます。天気予報と桜開花情報を事前に確認して現地へ行くと、かなりの確率でこの絶景を鑑賞できますよ!

4月上旬〜GWはネモフィラ!

写真:権丈 俊宏

地図を見る

ネモフィラの最盛期は、老若男女問わず多くの観光客で賑わいます。SNS映えスポットとしても大変映えますので、沢山写真を撮って“いいね!”をゲットしましょう。

4月上旬〜5月中旬はルピナス

4月上旬〜5月中旬はルピナス

写真:権丈 俊宏

地図を見る

春の海の中道海浜公園では「ルピナス」という変わった花が楽しめます。ルピナスとは、藤の花を逆さにしたような小花の集合体で構成。別名「ノボリフジ(昇り藤)」とも呼ばれています。鑑賞できる場所は「花座敷」。辺り一面、ルピナスの群衆が広がっています。

4月上旬〜5月中旬はルピナス

写真:権丈 俊宏

地図を見る

ルピナスは特徴的な花のせいか、ここも記念撮影スポットとして人気。例年の見頃は4月上旬〜5月中旬です。

またルピナスは「フラワーミュージアム」にも植えられています。フラワーミュージアムは比較的狭いエリアに多彩な花が楽しめるので、こちらも撮影スポットとしておすすめです。

海の中道海浜公園の基本情報

住所:福岡県福岡市東区大字西戸崎18-25
電話番号:092-603-1111
アクセス:
【車】福岡都市高速道路 香椎浜出口から約20分(西駐車場)。西口ゲートまで徒歩約すぐ
【電車】JR香椎線 西戸崎駅で下車。西口ゲートまで徒歩約10分
【船】博多埠頭ベイサイド、またはももち(マリゾン)から「うみなかライン」(安田汽船)に乗船(所要時間約20分)。海の中道渡船場で降り、西口ゲートまで徒歩約5分
営業時間:9時30分〜17時30分(3月〜10月)。9時30分〜17時(11月〜2月)
入園料金:大人450円(65才以上は210円)。中学生以下無料

2021年3月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/04/27−2020/04/04 訪問

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -