晩春の花々と緑に包まれる境内が美しい!京都・宇治「三室戸寺」

晩春の花々と緑に包まれる境内が美しい!京都・宇治「三室戸寺」

更新日:2021/03/28 17:23

古都の U助のプロフィール写真 古都の U助 ブロガー
西国観音霊場の十番札所として、また関西屈指の花の寺としても知られる京都府宇治市の名刹「明星山 三室戸寺」。
つつじやあじさい、蓮の花が特に有名ですが、遅咲きの桜の花が終わりを告げる頃には多種多様な花々が咲きはじめ、新緑とともに楽しむことができます。
今回は4月〜5月、桜の後から新緑の時期にかけての「三室戸寺」境内の見どころをご紹介。愛らしい授与品なども必見です!


新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、一部都府県に緊急事態宣言が発出され、不要不急の外出の自粛が求められています。加えて自治体独自での緊急事態宣言発出や、往来の自粛要請をしている場合があります。また施設によっては休業していることがあります。Go To トラベルキャンペーンについても全国で一時停止となっています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。外出の際はしっかりと感染予防対策をして行動しましょう。(トラベルjp)

三室戸寺へと続く道

三室戸寺へと続く道

写真:古都の U助

地図を見る

花の寺として紫陽花やツツジ、蓮の花の名所としても知られる三室戸寺。山門に続く道も四季折々の植物を見ることができます。

写真左手の赤に近いピンク色の花は、ベニバナトキワマンサクの花。マンサクといえば「まず咲く花」がなまってその名が付けられたというほど開花が早く、2〜3月に咲く早春の花として知られていますが、トキワマンサクの花は4〜5月頃に開花します。

三室戸寺へと続く道

写真:古都の U助

地図を見る

品種にもよりますが、こちらのベニバナトキワマンサクは葉も赤みを帯びる品種の為、周囲の緑との対比も一層鮮やかです。

三室戸寺で見られる花々

三室戸寺で見られる花々

写真:古都の U助

地図を見る

遅咲きの桜もそろそろ終わりを告げる頃、三室戸寺の境内では色鮮やかな山吹やシャガ、ツツジ、シャクナゲなど多彩な花々が開花しはじめ、美しい新緑とともに見ることができます。

三室戸寺で見られる花々

写真:古都の U助

地図を見る

白や赤、ピンクといったシャクナゲの花も美しく、4月上旬頃から見頃を迎え、遅咲きの品種は5月中旬頃まで見ることができます。

三室戸寺で見られる花々

写真:古都の U助

地図を見る

三室戸寺のツツジ園の規模は圧巻で、およそ2万株ものツツジは4月下旬〜5月上旬頃にかけて楽しむことができます。

美しい新緑に包まれる境内

美しい新緑に包まれる境内

写真:古都の U助

地図を見る

つつじ・あじさい園から写真の石段を上ると、本堂や三重塔、手水舎や納経所などがあります。

美しい新緑に包まれる境内

写真:古都の U助

地図を見る

石段を上ると右手側には頭は老翁、体は蛇で蓮に乗る姿をした宇賀神の像があります。
蛇は脱皮を繰り返す生物でその抜け殻を持つと巳(実)入りするといわれ、昔から金運・財運を呼ぶとされています。

美しい新緑に包まれる境内

写真:古都の U助

地図を見る

宇賀神像のそばには花山荘の額をかかげる見晴らしのよい休憩場所があります。ここから見る境内は特に美しく、また石段を上った高所にあるため、眼下にもつつじ・あじさい園や美しい緑の光景が広がります。

本堂周辺の見所

本堂周辺の見所

写真:古都の U助

地図を見る

三室戸寺は宝亀元年(770年)、桓武天皇の父に当たる光仁天皇の勅願によって創建されました。西国観音霊場の十番札所でもある本堂は1814年に再建で、秘仏の千手観音がまつられています。

また、ずらりと並ぶのは睡蓮鉢です。三室戸寺は6月下旬から8月上旬にかけて多くの種類の蓮が咲く名所として知られています。本堂の前には狛兎と勝運祈願の宝勝牛も。

本堂周辺の見所

写真:古都の U助

地図を見る

その昔宇治の地は、仁徳天皇の弟で日本書紀には兄に皇位を譲る為、自ら進んで死を選んだとある菟道稚郎子(うじのわきいらつこ)が本拠地としていました。
菟道稚郎子は宇治に来た際、兎によって道案内されたとされるため、宇治の町では他の神社などでもお守りやおみくじ、御朱印帳でウサギのモチーフを目にすることができます。

本堂周辺の見所

写真:古都の U助

地図を見る

三室戸寺の高さ約16メートルの三重塔の周辺も新緑のほか、シャクナゲなどの植物が美しい場所。

三室戸寺の授与品

三室戸寺の授与品

写真:古都の U助

地図を見る

三室戸寺はハート型のあじさいのお守りをはじめ、御朱印などの授与品も美しい物が多く、人気を集めています。

三室戸寺の授与品

写真:古都の U助

地図を見る

絵馬のデザインにもハート型のあじさいモチーフが取り入れられ、手水舎ではあじさいの盛期には水面に花々を飾る花手水が見られることも。

春の花々や新緑の後にはアジサイ、さらにその後は蓮の花。秋には紅葉も美しく、まさに三室戸寺は「花の寺」と呼ばれるのに相応しい魅力ある境内です。また、三室戸寺では新たに枝垂れ梅の植樹もされています。公開は2022年の予定とされていますが、今後もさらに楽しみです。

三室戸寺の基本情報

住所:京都府宇治市莵道滋賀谷21
電話番号:0774-21-2067
アクセス:京阪「三室戸寺駅」より徒歩約15分
JR「宇治駅」または京阪「宇治駅」よりバスもしくはタクシー

時間:8時30分〜16時30分(4月1日〜10月31日)
8時30分〜16時00分(11月1日〜3月31日)
拝観・納経最終受付は閉門30分前
12月29・30・31日及び8月13・14・15日は休み

料金:大人500円、小人300円、
つつじ・あじさい園開園期間中及びあじさいライトアップ時は大人800円、小人400円

2021年3月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2020/04/25 訪問

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -