豪アデレードの魅力を存分に満喫する5つの方法

豪アデレードの魅力を存分に満喫する5つの方法

更新日:2021/03/25 16:02

Mayumi Iwasakiのプロフィール写真 Mayumi Iwasaki シドニー在住・建築好きフォトグラファー&ライター
南オーストラリア州の州都「アデレード(Adelaide)」は、碁盤の目状に広がるコンパクトな街並みと豊かな自然に囲まれた美しい街。歴史や文化、グルメやショッピングなど、アデレードの魅力を余すところなく満喫できる5つの方法をご紹介します。

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。各種報道機関の発表や外務省、各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)

アデレード版トゥクトゥク「エコ・キャディ」で街の全体像を知る

アデレード版トゥクトゥク「エコ・キャディ」で街の全体像を知る

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

南オーストラリア州の州都「アデレード(Adelaide)」は、オーストラリアでは5番目に大きな都市です。シティ中心部は東西に約2.6km、南北に1.6kmととてもコンパクト。更に周辺を公園やボタニックガーデンなどの緑に囲まれ、シティにいながらにして自然も感じることができます。

アデレード版トゥクトゥク「エコ・キャディ」で街の全体像を知る

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

徒歩で回れる程コンパクトな街ですが、街全体の雰囲気を感じたい時にオススメなのが「エコ・キャディ(Eco Caddy)」です。「トゥクトゥク」のような三輪自転車を使った観光ツアーで、運転手さんのガイドを聞きながら街中をゆったりと散策することができます。

アデレード版トゥクトゥク「エコ・キャディ」で街の全体像を知る

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

観光バスや車とは違い、自転車なので方向転換も自由自在。一方通行や狭い路地、街の外周に広がる公園の遊歩道も自由に行き来できます。歴史地区の建築や公園の緑、路地裏のカフェから街角のウォールアートまで、爽やかな風に吹かれながらアデレードの空気感を肌で感じましょう。

<エコ・キャディの基本情報>
住所:455-457 Pulteney Street, Adelaide, SA 5000
営業時間:火-土 9:00〜16:00
※ツアーによっては宿泊ホテル前での集合も可能

アデレードの台所「セントラル・マーケット」で食べ歩き

アデレードの台所「セントラル・マーケット」で食べ歩き

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

生鮮食品を扱う屋内市場としては南半球最大の「セントラル・マーケット(Central Market)」は、1869年シティの中心にあるグロート・ストリート沿いにオープンして以来、アデレードの人々の食を支える「アデレードの台所」と言われる存在です。

アデレードの台所「セントラル・マーケット」で食べ歩き

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

8,000平方mの敷地内に70以上の店舗が軒を連ね、肉や魚、野菜や果物だけでなく、パンやチーズ、ワインやオーガニックグッズなど、生鮮食品から生活用品までが手に入ります。ワインで有名なアデレードならではのワインやチョコレートはお土産にもオススメ。美味しそうなサラミにチーズ、パンを手に入れて、ワインと一緒にホテルで楽しむのもありですね。

アデレードの台所「セントラル・マーケット」で食べ歩き

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

マーケット内には地元でも人気のカフェも並び、店頭で飲食も可能です。人気店のアルジェリア料理店「ル・スーク(Le Souk)」は、定番のクスクスやスパイスの効いたシャクシューカはもちろん、店頭の大きな鍋で仕込まれる「パエリア」から漂う香りに、食欲を刺激され思わず立ち止まってしまいます。

紹介しきれないほどバラエティに富んだラインナップなので、「アデレードの食」を知るためにも是非一度足を運んでみましょう。

<アデレード・セントラル・マーケットの基本情報>
住所:44-60 Gouger St, Adelaide SA 5000
電話番号:+61-8-8203-7494
営業時間:
火-金 9:00〜17:00
土 7:00〜15:00

文化地区「ノース・テラス」で歴史&美術散歩

文化地区「ノース・テラス」で歴史&美術散歩

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

シティの北側を横断する「ノース・テラス(North Terrace)」は中央にトラムの線路があり、脇にはプラタナス並木の広々とした歩道もある大通り。図書館や美術館、博物館や大学のキャンパスの重厚な石積み建築が並び、「文化地区(Culture Precinct)」とも呼ばれる歴史あるエリアです。

文化地区「ノース・テラス」で歴史&美術散歩

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

1881年に設立された南オーストラリア州最古の美術館「南オーストラリア州立美術館(Art Gallery of South Australia)」は、国内第2位のコレクション数を誇り、オーストラリア開拓当時の美術作品や先住民アボリジナルの人々の作品、モダンアートまで幅広いセレクションの作品が展示されています。歴史と趣のある重厚な空間で、1800年代の作品とモダンアートが並ぶ様子はどこか幻想的でシュールな雰囲気です。

<南オーストラリア州立美術館の基本情報>
住所:44-60 Gouger St, Adelaide SA 5000
電話番号:+61-8-8203-7494
営業時間:
火-金 9:00〜17:00
土 7:00〜15:00

文化地区「ノース・テラス」で歴史&美術散歩

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

アデレード大学のキャンパス内には、歴史遺産に登録されている大講堂「ボニソン・ホール(Bonython Hall)」をはじめ美しく重厚な建物が並びます。

他にも映画のセットのようなレトロな読書室がある「南オーストラリア州立図書館(State Library of South Australia)」、古代動物の化石や固有種の剥製などの自然科学資料を収蔵する自然史博物館「南オーストラリア博物館(South Australian Museum)」などもあり、全て入場無料です。シティの中心とは少し違った、歴史と文化を感じるお散歩ができます。

フェスティバルの街ならではの芸術とアートを体験

フェスティバルの街ならではの芸術とアートを体験

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

一年を通して大小様々なイベントが行われる「フェスティバルの州(The Festival State)」と呼ばれるアデレード。特に毎年2月中旬から3月の間に国内外から多数のアーティストが集結する「アデレード・フリンジ(Adelaide Fringe)」は、オーストラリア最大のオープンエアイベントです。会場以外のシティ各地でも演劇やショーが開催され、街中が活気に溢れます。

フェスティバルの街ならではの芸術とアートを体験

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

他にも世界的にも有名な芸術祭「アデレード・フェスティバル(Adelaide Festival)」やボタニック・ガーデンで行われる音楽とダンスの祭典「ウォムアデレード(WOMADelaide)」、ワイン銘醸地ならではの食とワインのイベントなどもあるので、時期が合えば是非フェスティバルに参加してみましょう。

フェスティバルの街ならではの芸術とアートを体験

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

アデレードの街中を歩いていると、あらゆる建物の壁に描かれた個性的で美しいグラフィティ(ウォールアート)に遭遇します。2018年のフリンジ・フェスティバルで描かれた人気アーティスト「クレア・フォクストン(Claire Foxton)」のこちらの作品をはじめ、作品にはサインとSNSアカウントが記載されていることも多いので、有名無名問わず様々な作品の中からお気に入りのウォールアートを探してみるのも楽しいですよ。

路地裏散策しながらワイン&ディナー

路地裏散策しながらワイン&ディナー

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

碁盤の目状に縦と横に通りが直交しているアデレードですが、そんな中にも雰囲気のある路地裏や小径が点在しています。車が通れない細い路地に隠れ家的なパブやレストランが並び、通りに出したテーブルに座ってワイン片手に語らうのは何とも気持ち良さそうです。

路地裏散策しながらワイン&ディナー

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

パブやレストランが並ぶ小路「エベネザー・プレイス(Ebenezer Place)」沿いにある「ヘイ・ジュピター(Hey Jupiter)」は、地元の人に人気のフレンチ・ブラッスリー。グリーンのタイルとストライプのオーニング、籐の椅子が並べられた爽やかな外観のお店で、朝7:00という早い時間帯から営業しているので朝食スポットとしても定評があります。

路地裏散策しながらワイン&ディナー

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

カジュアルで家庭的なフランス料理が気軽に楽しめるこちらでは、フレンチワインを中心に150種類以上のワインとスピリッツが並ぶワインリストもあります。ボリュームある柔らかなアイフィレ・ステーキには濃厚なフルボディのシラーズ(Shiraz)を。店内もいいですが、外のテラス席に座って路地裏の雰囲気を感じながらディナーがオススメです。

<ヘイ・ジュピター・ブラッスリー・フランセーズの基本情報>
住所:11 Ebenezer Pl, Adelaide SA 5000
電話番号:+61-416-050-721
営業時間:
月-火 7:00〜5:00
水-木 7:00〜22:00
金-土 7:00〜23:00
日 7:00〜22:00

シティと自然、食と芸術が詰まった魅力的な街

まだまだ日本ではあまり知られていないアデレードですが、一年を通して気候も過ごしやすく、フレンドリーでやさしい人達、シティからビーチやワイナリーなどの自然も近く、「住みたい街ランキング」ベスト10常連のとても魅力的な街です。是非アデレードに訪れて、シドニーやメルボルンにはないのんびりとした雰囲気を味わってみましょう。

2021年3月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2021/03/14−2021/03/17 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

ナビゲーターアワード2020 ナビゲーターアワード2020

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -