ロケーション抜群のデザインホテル!ウィーン「Hotel Beethoven」

ロケーション抜群のデザインホテル!ウィーン「Hotel Beethoven」

更新日:2021/07/14 10:59

バレンタ 愛のプロフィール写真 バレンタ 愛 フォトライター、元イベント/旅行会社勤務(ウィーン)
ウィーン観光にも人気のセセッションやナッシュマルクトからすぐ、オペラ座にも近い便利なロケーションにある4つ星デザインホテルが「Hotel Beethoven(ホテル・ベートーベン)」です。それぞれのフロアごとにテーマがあり、部屋ごとにデザインが違う点が魅力。一度泊まると、何度も部屋を変えて滞在したくなってしまうかも!?

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。各種報道機関の発表や外務省、各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。(トラベルjp)
プランをもっと見る

観光にも便利なロケーションにあるデザインホテル

観光にも便利なロケーションにあるデザインホテル

提供元:Hotel Beethoven

https://www.hotel-beethoven.at/地図を見る

ホテル選びで大切なポイントの1つは、やはりホテルのロケーション!このホテルは、市民の台所とも言われる「ナッシュマルクト」の横、ウィーンで一番古いオペラハウス「テアター・アン・デア・ウィーン」のすぐ隣、そしてクリムトのベートーベンフリーズの作品が展示されている「セセッション」にもすぐという立地です。

セセッションの前には複数の地下鉄や、トラムなどが通っているカールスプラッツ駅に直結している地下鉄入り口もあります。また、オペラ座までも徒歩8分ととても便利な場所にあります。

観光にも便利なロケーションにあるデザインホテル

写真:バレンタ 愛

地図を見る

この6階建てのホテルは、フロア毎に違うテーマが設定されています。

1階は「ウィーンのコーヒーハウスの文学者〜The literati of the Viennese coffeehouses〜」、2階は「セセッション〜Secession〜」、3階は「ベートーベンと彼の時代〜Ludwig van Beethoven and his time〜」、4階は「テアター・アン・デア・ウィーン〜Theater an der Wien〜」、5階は「ウィーンの愛と欲望〜Love & desire in Vienna〜」、6階は「世紀末のパワフルウーマン〜Strong women of the Fin de Siecle〜」と、それぞれのテーマになっています。

写真は407号室。2016年テアター・アン・デア・ウィーンのステージで「マクベス」に登場したプラチド・ドミンゴ。4階のそれぞれの部屋にはこの劇場に関するインテリアが設置されています。そして他の階も同様、それぞれのフロアのテーマに沿ったインテリアになっています。

それぞれ異なる各部屋のデザイン

それぞれ異なる各部屋のデザイン

写真:バレンタ 愛

地図を見る

フロアだけではなく、各部屋にもそれぞれ名前が付けられていて、それぞれのフロアのテーマに沿った人々に捧げられています。それぞれの部屋の壁紙や家具、雰囲気も異なりますので、ホテルのHPで色々な部屋の写真を見比べて、気に入った部屋をリクエストしてみるのもお勧めです。

ホテルのお客さんは、お気に入りの部屋に毎回泊まる方、毎回違う部屋に滞在する方などさまざま。チェーンホテルや大型ホテルとは違う楽しみ方が出来るのもいいですね。

それぞれ異なる各部屋のデザイン

写真:バレンタ 愛

地図を見る

部屋のインテリアは、細部にまでオーナーがこだわっています。全部屋に設置されている電話は、懐かしの黒電話!オーナーの家に代々伝わる家具や家庭雑貨なども、ホテルの随所に置かれています。

全部屋はシャワーかバスタブのある浴室、トイレ、ヘアドライヤー、テレビ、ミニバー、コーヒーや紅茶メーカー、スリッパ、バスローブなどが用意されています。ホテル内には無料Wifiもあり。

ホテル内の飲食施設も充実!

ホテル内の飲食施設も充実!

写真:バレンタ 愛

地図を見る

ホテル内にある朝食ルームも広々としていて素敵です。ここにもオーナーの家に伝わる昔の食器などが飾られています。春〜秋の天気が良い日には、ホテル建物内側にあるテラスも開放され、気持ちよい空気を楽しみながら朝食を頂くことが出来ます。

朝食の時間は、平日6:30〜10:30、週末と祝日は7:00〜11:00です。朝食時間前に出なければいけない方は、事前に伝えておけばテイクアウト出来る朝食を用意しておいてくれるというサービスもあり!細やかなサービスや対応をしてくれるのも、個人経営のホテルの魅力ですね。

ホテル内の飲食施設も充実!

写真:バレンタ 愛

地図を見る

ホテルの地上階には「LVDWIG BAR」というバーもあり、毎日7:00〜24:00まで営業しています。テアター・アン・デア・ウィーンのすぐ横という事もあり、オペラやコンサートの後の1杯を楽しむ場所としても人気です。軽食やドリンクが1日中提供されている他、水曜〜土曜の16:00以降にはカクテルメニューも登場します。夏季にはテラス席も設置されます。

他にも様々なサービスが!

他にも様々なサービスが!

写真:バレンタ 愛

地図を見る

ホテルのラウンジルームは、アットホームな雰囲気。設置してある家具は、やはりオーナー一家に伝わる家具だったり、ホテルの部屋に付けられている人々や場所に関する本が置いてあったりするので、ホテル時間もゆっくり楽しめそうですね。

滞在中のアドバイスや、情報などを貰えるコンシュルジュも常駐。直接予約するとフリードリンクやセセッションの入場チケットが貰えたり、長期滞在では割引になるなど、個人経営のホテルならではのサービスもありますので、HPを是非チェックしてみて下さいね。

他にも様々なサービスが!

写真:バレンタ 愛

地図を見る

またテアター・アン・デア・ウィーンのパパゲーノ門が見えるPAPAGENO LOUNGEでは、1日中コーヒーや紅茶が無料で提供される他、14:00〜17:00の間にはウィーンのお菓子も提供されます。

このラウンジでは、週末にサロンコンサートも開催。宿泊客は無料でコンサートを楽しむ事が出来ますので、スケジュールを確認してみるといいでしょう。

Hotel Beethovenでの便利で個性的な滞在を楽しんで

便利なロケーションで、それぞれの部屋のインテリアが違うデザインホテル、Hotel Beethoven。個人経営ならではのきめ細やかなサービスや、アットホームな雰囲気、そしてウィーンの歴史なども伺い知ることが出来る素敵なホテルです。

2021年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

プランをもっと見る
掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -