大満足!あじさいの『矢田寺』と世界遺産『法隆寺』を1日で回っちゃおう!

| 奈良県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

大満足!あじさいの『矢田寺』と世界遺産『法隆寺』を1日で回っちゃおう!

大満足!あじさいの『矢田寺』と世界遺産『法隆寺』を1日で回っちゃおう!

更新日:2014/06/24 16:25

高橋 樂のプロフィール写真 高橋 樂 旅行ブロガー

矢田寺は関西屈指のあじさい寺で、地蔵信仰発祥の地です。1万株のあじさい大庭園は素晴らしいですが、裏山の石仏を巡拝する八十八ケ所霊場めぐりもいいですよ。表の喧騒はどこへやら、静寂に包まれ心が落ち着きます。各僧坊の精進料理もおススメです。初夏、大門坊(僧坊)にひっそり咲く沙羅も花も風情にあふれています。
また、矢田寺から南に約6.5キロ、世界遺産『法隆寺』があります。1日で周れるので、ぜひ足を伸ばしてみませんか?

矢田寺の縁起

矢田寺の縁起

写真:高橋 樂

地図を見る

矢田寺は、奈良・大和郡山市の矢田丘陵の中腹にあり、関西屈指のあじさい寺として有名。正式名称を矢田山金剛山寺といい、高野山真言宗のお寺です。

縁起は、約1300年前、大海人皇子(天武天皇)が 壬申の乱の戦勝祈願で矢田山に登られ、即位後、智通僧上の勅で七堂伽欄48カ所坊を造営されたのが始まりです。
当初は十一面観世音菩薩と吉祥天女を本尊としていましたが、後に、地蔵信仰の中心地として栄え、日本最古の延命地蔵菩薩が安置されています。

本堂や閻魔堂には特別拝観・開扉の時期があり、その際は重要文化財クラスの仏像を拝することができますよ。

静寂の地蔵山(本堂裏山)で心を清める『八十八ヶ所霊場と石仏めぐり』

静寂の地蔵山(本堂裏山)で心を清める『八十八ヶ所霊場と石仏めぐり』

写真:高橋 樂

地図を見る

矢田寺の本堂裏山には、大正時代に開かれた八十八ケ所霊場があります。矢田丘陵の静かな山道で、四国霊場の各お寺の本尊様と弘法大師様をあらわす石仏を巡拝することができます。

近年まで荒れていましたが、数年前から地元の人と寺が協力して整備が進められ、90年ぶりに往時の姿を取り戻しました。

山道は時折ウグイスやホトトギスの声などが聞かれ、大変心地良く静かな空間です。開けたところからは奈良盆地ののどかな風景を見ることができます。
石仏は約30mおきにおられますので、一人で静かに歩いていると、まるで仏様の世界に迷い込んだような不思議な感覚になりますよ。

本堂やあじさい園と比べ、こちらまで来る人はまばらです。心静かににお参りして、心の洗濯してみませんか?

※所要時間:一周一時間半ほど。時間の余裕を持っておこしください。

矢田寺の僧坊で精進料理はいかが?

矢田寺の僧坊で精進料理はいかが?

写真:高橋 樂

地図を見る

矢田寺参詣の昼食にぜひ利用したいのが、矢田寺内の4軒の僧坊(南僧坊、大門坊、北僧坊、念佛院)です。各僧坊は修養道場としての宿坊ですが、お昼は参詣客に名物の精進料理(昼食)を提供しています。料理内容が各僧坊違いますので、見比べてから決めるのもいいですね。
でも、矢田寺周辺は食事処が少ないため、混雑しそうな時期の休日は事前に電話予約した方がいいとのことです。

写真は、南僧坊の精進料理「あじさい弁当」です。
お抹茶、お菓子の付いたセットもあります。料金は2,000円前後です。
食事までの流れは、お庭が美しい日本間で料理の準備を待ち、その後、お膳が並べられた大広間に通されて他のお客さんと一緒に食事、といった形です。

どの料理も優しい味で美味しく、とても体に良さそうです。
精進料理で心も体もリセットしてみてはいかがでしょうか?

≪連絡先≫
・南僧坊 0743-52-3871
・大門坊 0743-53-1445
・北僧坊 0743-53-1531
・念佛院 0743-53-1522

矢田寺大門坊『沙羅』の花と写経の会

矢田寺大門坊『沙羅』の花と写経の会

写真:高橋 樂

地図を見る

祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり
沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらわす (「平家物語」冒頭)

沙羅双樹とはお釈迦様入滅の逸話にある聖木ですが、日本では「夏椿」のことを指します。
朝咲いて、夜には花が首から落ちることから盛者必衰のたとえとされています。

大門坊正面右側に双樹の名の通り2本植わっています。あじさいが有名なこの寺ではすっかり忘れられがちですが、初夏には白く美しい花を咲かせています。繊細で可憐な様子にうっとり見入ってしまいますよ。

またこの矢田寺大門坊では、毎月23日に「写経の会」が行われています。所要時間40分〜1時間です。必要な用具は用意されていますので、23日にご参詣される方は是非体験してみませんか。

少し足を伸ばせば世界遺産『法隆寺』

少し足を伸ばせば世界遺産『法隆寺』

提供元:無料写真素材 写真AC

http://www.photo-ac.com/地図を見る

余力があれば、このまま世界遺産『法隆寺』にも寄ってみませんか?

法隆寺は7世紀創建の聖徳太子ゆかりの寺で、世界最古の木造建築群として世界遺産に登録されています。

ここの建築・宝物は、一度は教科書で見たことのあるものばかり。
金堂、五重塔、夢殿、玉虫厨子、釈迦三尊像、救世観音、百済観音等々…量と言い、質と言い、そのレベルの高いこと!国宝・重要文化財クラスの建築や宝物をこれだけ一度に見られる場所は少ないのではないでしょうか。

矢田寺と法隆寺、合わせて来ると、超密度の濃い旅になること間違いなしですよ!

≪行き方≫
法隆寺は、矢田寺より南約6.5キロの地点にあります。車で20分くらいの距離です。
あじさいの時期には矢田寺からJR法隆寺駅行きのバスが出でいます。(1時間に約2本)
この路線の最寄停留所は「中宮寺前」ですが、詳しくは下記、奈良交通にお問い合わせください。

おわりに

あじさいの時期、矢田寺へは、近鉄大和郡山駅かJR法隆寺駅から奈良交通バスが出ています。「矢田寺」下車。そこから少し坂を上って徒歩7分です。
あじさい大庭園はもちろん素晴らしいですが、八十八ヶ所霊場と石仏めぐり、僧坊の精進料理、沙羅の花もオススメです。

そして!余力のある方は、ぜひ、世界遺産『法隆寺』にも足を伸ばしてみませんか?

■矢田寺・法隆寺については、MEMOより公式サイトでご確認ください。
■奈良交通バス時刻お問合せ TEL:0742-20-3100

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/06/19 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -