横浜の原風景を歩こう!水と緑を楽しむ「和泉川健康のみち」

横浜の原風景を歩こう!水と緑を楽しむ「和泉川健康のみち」

更新日:2021/04/15 09:40

くまの くまのプロフィール写真 くまの くま トラベルイラストレーター
異国情緒あふれるおしゃれな港町・横浜も内陸に入れば、地産地消も盛んな水と緑の都市です。中でも四方を川で囲まれた泉区は、豊富な水と緑、市内最大の農地面積を誇る横浜の里山。そんな自然いっぱいの泉区に2021年春、水と緑を楽しむウォーキングコース「和泉川健康のみち」ができました。のどかな横浜で水遊びや自然観察、ピクニックを楽しむ、エコな休日を過ごしませんか。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、一部都府県に緊急事態宣言が発出され、不要不急の外出の自粛が求められています。加えて自治体独自での緊急事態宣言発出や、往来の自粛要請をしている場合があります。また施設によっては休業していることがあります。Go To トラベルキャンペーンについても全国で一時停止となっています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。外出の際はしっかりと感染予防対策をして行動しましょう。(トラベルjp)

貴重な横浜の里山が残る自然豊かなまち泉区

貴重な横浜の里山が残る自然豊かなまち泉区

写真:くまの くま

地図を見る

横浜市南西部に位置する泉区は、区を囲む河川と市内有数の湧水に育まれた豊かな自然環境と市最大の農地を持つ、のどかなまち。

貴重な横浜の里山が残る自然豊かなまち泉区

写真:くまの くま

地図を見る

横浜市からは「河川沿いのまとまりのある農地・樹林地の拠点」に位置づけされ、市における生き物の貴重な生息・生育地であり、生物多様性の保全の観点からも重要な場所として「横浜の緑の10大拠点」にも選定されています。

水と緑を楽しむウォーキングコース「和泉川健康のみち」

水と緑を楽しむウォーキングコース「和泉川健康のみち」

写真:くまの くま

地図を見る

2021年春に完成した「和泉川健康のみち」は、そんな横浜の里山を残す数少ない川である和泉川に整備された全長6.8kmのウォーキングコースです。コースは2つのルートがあり、今も残る貴重な横浜の原風景と、愛護会の方々により美しい景観が保たれた水路や水辺施設、公園、遊歩道を楽しむことができます。

水と緑を楽しむウォーキングコース「和泉川健康のみち」

写真:くまの くま

地図を見る

2つのルートは、相鉄・いずみ中央駅から徒歩5分の場所にある泉区役所を起点とした、和泉川を北上する「せせらぎルート」と南下する「森と花ルート」。2つのルートを歩くと泉区を南北に横断することになり、横浜の里山を存分に楽しめます。

ちなみに、いずみ中央駅は相鉄本線横浜駅から快速で約24分、渋谷・新宿方面からも相鉄・JR直通線で乗り換え無しでアクセス可能です。

横浜の原風景を残す「せせらぎルート」

横浜の原風景を残す「せせらぎルート」

写真:くまの くま

地図を見る

「せせらぎルート」は、泉区役所から和泉川を北上し、同市瀬谷区にある「和泉川宮沢遊水地」を目指す3.2km。ルート前半は、水面まで降りられるブロック階段、和泉遊水地の遊歩道、遊水地の堤防、養鶏場があるあぜ道など変化に富んだ道を歩き、約400m続く桜並木や菜の花、水仙、区の花・あやめなど、四季折々の花を愛でることができます。

横浜の原風景を残す「せせらぎルート」

写真:くまの くま

地図を見る

ルート後半は、2018年に開通した道路・権太坂和泉線と共に新たに作られた遊歩道と、緑地や屋敷林、鎮守の森など横浜の里山である谷戸景観を残すのどかな道やあじさいロードを歩きます。遊歩道は道幅が広く、距離表示もあるのでウォーキングやランニングに最適、谷戸景観が広がるエリアは歴史好きなら谷戸の古刹や鎌倉古道を散策してみても面白いですよ。

横浜の原風景を残す「せせらぎルート」

写真:くまの くま

地図を見る

ルート終点の「宮沢遊水地」は、多くの生き物が生息する小川や池、広場、絵になる眼鏡橋などがある市民の憩い場。春は桜、夏は水遊び、秋は紅葉、一年を通して釣りや生き物観察、ピクニックなどが楽しめます。

水辺と公園が点在する「森と花ルート」

水辺と公園が点在する「森と花ルート」

写真:くまの くま

地図を見る

「森と花ルート」は、泉区役所から和泉川を南下し、点在する公園や水辺、遊水広場に寄り道しながら藤沢市の境付近にある「天王森泉公園」を目指す3.6km。ルート前半は、子供の水遊び場として遠方からも遊びに来る「地蔵原の水辺」、鎌倉時代の武将泉小次郎伝承地の「泉中央公園」と「長福寺」、広い駐車場と洗い場・水飲み場を完備した「和泉町桜川公園」、小川と芝生の憩いの場「和泉川親水公園」※など、泉区の人気スポットが点在。

※増水時通り抜け不可

水辺と公園が点在する「森と花ルート」

写真:くまの くま

地図を見る

ルート後半は、この公園のために作られた品種いずみ桜≠ェ咲く「いずみ桜広場」、その裏手にはトレイルコースで歩ける里山「鍋谷の森」、春は桜、秋は金色に輝く稲穂が広がる遊歩道など、泉区らしいのどかなスポットが続きます。

水辺と公園が点在する「森と花ルート」

写真:くまの くま

地図を見る

ルート終点の「天王森泉公園」は、横浜市認定歴史的建造物の天王森泉館(旧清水製糸場本館)、湧水の森、見晴らしの丘、くわくわ森の4つのエリアに分かれた、昔懐かしい里山の風景や歴史を今に伝え、ホタル観賞など子供たちの自然観察の場にもなっている公園。ゆっくり時間を取って散策を楽しんだら、元の道へと戻りましょう。

「和泉川健康のみち」を歩いて自然を満喫しよう

「和泉川健康のみち」を歩いて自然を満喫しよう

写真:くまの くま

地図を見る

すれ違う地元の人たちとの挨拶や交流も楽しい水と緑と人情のまち$区。水と緑を楽しむ「和泉川健康のみち」は、横浜の貴重な里山を気軽に歩くことができるウォーキングコースなので、ファミリーのレジャーやデート、体力づくりの場として活用してみてくださいね。

和泉川健康のみち基本情報

住所:神奈川権横浜市泉区和泉中央北五丁目1番1号
電話番号:045-800-2323
アクセス:相鉄いずみ野線・いずみ中央駅から徒歩約5分

2021年4月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2021/03/23−2021/03/26 訪問

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -