お菓子好き必見!金沢「je prends ca」で北陸スイーツをチェック

お菓子好き必見!金沢「je prends ca」で北陸スイーツをチェック

更新日:2021/04/10 15:18

なおぢ はるみのプロフィール写真 なおぢ はるみ 旅するデザイナー
観光客で賑わう金沢駅ナカ・金沢百番街に、スイーツゾーンが誕生し注目を集めています。その中で、スタイリッシュなインテリアがひときわ目を引く「je prends ca」は、北陸のお菓子屋さん情報を発信するスイーツセレクトショップ。お菓子好きは絶対外せない金沢旅のニューウェーブスポットです。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、一部都府県に緊急事態宣言が発出され、不要不急の外出の自粛が求められています。加えて自治体独自での緊急事態宣言発出や、往来の自粛要請をしている場合があります。また施設によっては休業していることがあります。Go To トラベルキャンペーンについても全国で一時停止となっています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。外出の際はしっかりと感染予防対策をして行動しましょう。(トラベルjp)

スイーツ好きのためのニュースポット

スイーツ好きのためのニュースポット

写真:なおぢ はるみ

地図を見る

「je prends ca(ジュプランサ)」があるのは、金沢駅直結のショッピングモール・金沢百番街“あんと”内のスイーツゾーン。北陸の新しいお菓子と出会えるとして、旅行者はもちろん、地元スイーツ好きにも注目度No.1のエリアです。

黒を基調としたシンプルな売り場は、圧倒的な存在感!

スイーツ好きのためのニュースポット

写真:なおぢ はるみ

地図を見る

売り場は北陸の色んなお菓子屋さんの商品が、それぞれ見やすくグルーピングされて並んでいます。

例えば上画像は、七尾市和倉町にある「能登ミルク」の店舗情報とともに、能登ミルククッキーを買うことができます。素朴で懐かしい風味が、一周回って新しさを感じさせる、美味しさ太鼓判のお菓子ですよ。

こうやって売り場をグルッと見て回りながら、人気のお菓子とともに、店舗情報も入手できるのが新しい、“食べられる雑誌感覚”がコンセプトのお店です。

スイーツ好きのためのニュースポット

写真:なおぢ はるみ

地図を見る

「je prends ca」に行くのは、旅の初日、早い時間に行くのがおすすめです。専用トレーを手に、気になるお菓子と店舗のショップカードをどんどんゲットしましょう!

買ったお菓子をホテルでチェック。そのお菓子にビビッときたら、旅行中にそのお菓子屋さんへGO! 自分好みのお菓子屋さん巡りが叶います。

加賀伝統野菜100%のスイーツは超エレガント!

加賀伝統野菜100%のスイーツは超エレガント!

写真:なおぢ はるみ

地図を見る

上の画像は、石川県小松市にあるケーキハウス「マルフジ」の人気No.1商品。石川県産五郎島金時100%のスイートポテトです。“いもほり長者”という商品名で、親しみやすい、ちょっと和風なパッケージなのですが、開けてみると・・・!

加賀伝統野菜100%のスイーツは超エレガント!

写真:なおぢ はるみ

地図を見る

インスタ映えしそうなエレガントで美しい姿。キラリと添えてある金箔が、加賀のお菓子らしいですね。味もとっても上品。加賀伝統野菜・五郎島金時ならではの優しい甘みが、口の中に広がります。
地元に愛されるケーキ屋さん「マルフジ」の他のお菓子も食べたくなりますよね!

苺チョコの甘い誘惑

苺チョコの甘い誘惑

写真:なおぢ はるみ

地図を見る

「je prends ca」には、ここでしか買えないオリジナル商品もあります。それが、この苺チョコ。お菓子屋さんのセレクトショップが作るオリジナルチョコ、期待が高まりますね。

苺チョコの甘い誘惑

写真:なおぢ はるみ

フリーズドライのいちごの中に、ホワイトチョコをしっかり染み込ませたチョコ。苺の甘酸っぱさと、チョコのクリーミーな甘さのハーモニーが絶品です。クセになる甘い誘惑。まとめ買いしたくなること間違いなし!

北陸お菓子の情報通になれそう!

北陸お菓子の情報通になれそう!

写真:なおぢ はるみ

地図を見る

「je prends ca」の品揃えは。その日によって入荷状況が違うので、お気に入りのお菓子に出会えるのはまさに縁。旅行の間、何度か行って北陸お菓子チェックするのも楽しいです!

上の画像は、石川県に3店舗を構えるパティスリー・ショコラトリー「SANT NICOLAS」の焼き菓子、モワローフィグ。ドライ無花果の食感が楽しいやわらかなアーモンドケーキです。

北陸お菓子の情報通になれそう!

写真:なおぢ はるみ

地図を見る

モワローフィグと同じ「SANT NICOLAS」(サンニコラ)の大人気商品、タブレット(板チョコ)も激しくおすすめ。
“Bean to Bar”(カカオ豆からチョコレートバーになるまでを一貫して製造すること)に取り組むショコラトリーが、選りすぐりのカカオ豆で、とことんこだわって作り上げている板チョコです。

北陸お菓子の情報通になれそう!

写真:なおぢ はるみ

地図を見る

上の画像は、金沢のケーキ・洋菓子店「ふらんどーる」の“加賀棒茶マドレーヌ”。
北陸の特産品として有名な加賀棒茶は、独特の香ばしさとほろ苦さでスイーツとの相性バッチリです! 柔らかな黒豆が食感のアクセント。マドレーヌの概念を変える、和魂洋才のスイーツです。

「je prends ca」が紹介するお店は、どのお店も北陸の地元に愛され、お菓子と真摯に向き合う素敵なお店ばかりです。いずれも、わざわざ訪れたい・食べたい名店なのです。

チョコ×北陸のエンタメ!?

チョコ×北陸のエンタメ!?

写真:なおぢ はるみ

地図を見る

北陸のお菓子をたっぷり堪能し終わった旅の終盤にも、「je prends ca」に再訪しましょう。
自分の舌で確かめた美味しいお菓子達を「je prends ca」のエコバッグに詰めて、スイーツ好き仲間へのお土産にするのがおすすめ。北陸お菓子巡りの思い出話で盛り上がること請け合い!

チョコ×北陸のエンタメ!?

写真:なおぢ はるみ

地図を見る

ちょっとかしこまったお土産にしたいなら、シックなギフトボックスに詰めてもらいましょう。

チョコ×北陸のエンタメ!?

写真:なおぢ はるみ

地図を見る

そのほか「je prends ca」は、『鈍色ショコラヴィレ(仮名)』(2022年2月公開予定)という連続ドラマのプロデュースを担ったり、#CTK というフリーロゴを作って“ショコラの街金沢”の様々な風景を発信しようとSNSで呼びかけるなど、チョコ×北陸のエンタメカルチャーにに挑戦しています。

お菓子を通じた金沢旅のニューウェーブスポット「je prends ca」に、ぜひ訪れてみてくださいね。

je prends caの基本情報

住所:石川県金沢市木ノ新保町1-1-1(金沢百番街あんと内)
アクセス:JR金沢駅 直結
休業日:不定休(金沢百番街あんとに準ずる)
営業時間:8:30〜20:00

2021年4月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2021/04/01 訪問

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -