オーストラリア有数のワイン産地・アデレードヒルズでワイナリー巡り

オーストラリア有数のワイン産地・アデレードヒルズでワイナリー巡り

更新日:2021/04/27 13:37

Mayumi Iwasakiのプロフィール写真 Mayumi Iwasaki シドニー在住・建築好きフォトグラファー&ライター
「ニューワールド・ワイン」と呼ばれ世界的にも人気のオーストラリア・ワイン。国内半数近くの生産量を担う「南オーストラリア州」、その州都アデレードからアクセス抜群のワインの銘醸地が「アデレード・ヒルズ」です。オーストラリア有数のワイン産地でワイナリーを巡る旅に出かけましょう。

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。各種報道機関の発表や外務省、各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)

南オーストラリアのワインの銘醸地「アデレード・ヒルズ」

南オーストラリアのワインの銘醸地「アデレード・ヒルズ」

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

良質なワインの産地として世界的に評価が高いオーストラリアの中でも、南オーストラリア州は国内生産量の半数近くを担うオーストラリアNo.1の「ワインの州」です。果実味豊かでフルボディのシラーズ(Shiraz)で有名な「バロッサ・バレー(Barossa Valley)」をはじめ、高品質なワインをつくり続けています。

南オーストラリアのワインの銘醸地「アデレード・ヒルズ」

写真:Mayumi Iwasaki

州都アデレードから車でわずか20分とアクセス抜群の「アデレード・ヒルズ(Adelaide Hills)」は、標高が高く冷涼な気候ならではのエレガントでヨーロピアン・スタイルなワインが特徴で、ナチュラルワインやスパークリングも人気。アデレードに訪れたらオーストラリア有数の歴史あるワインの銘醸地で、美味しいワインを堪能しましょう。

南オーストラリアのワインの銘醸地「アデレード・ヒルズ」

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

シティから近いと言っても「お酒を飲むから車の運転は不安」「どのワイナリーがいいのかわからないし予約も面倒」という方にオススメなのが、アデレード市内から出発するワイナリー・ツアー。中には高級SUVでゆったりくつろぎながら、美しいアデレードヒルズの田園風景を眺めながらワイナリー巡りができる送迎サービスもオススメです。

(写真は「ドア・トゥ・ドア・ショーファーズ(Door to Door Chauffeurs)」のDannyさん)

豪州有数のワイナリー「ショウ・アンド・スミス」

豪州有数のワイナリー「ショウ・アンド・スミス」

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

1989年創業のオーストラリア有数のワインメーカー「ショウ・アンド・スミス(Shaw and Amith)」。世界各国でワインのコンサルを行う創業者のマイケル・ヒル・スミス氏とマーティン・ショウ氏は従兄弟同士です。スミス氏はオーストラリア初のマスター・オブ・ワイン(世界最高峰のワインの資格)でもあり、ワインに精通したプロ中のプロが作るワインは世界中で評価されています。

豪州有数のワイナリー「ショウ・アンド・スミス」

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

こちらはソーヴィニョン・ブランのブドウ畑を一望するバルハンナ(Balhannah)のテイスティング・ルーム。ここではソーヴィニョン・ブランとシラーズを中心に、もう一箇所あるレンズウッド(Lenswood)の畑ではピノ・ノワールとシャルドネを栽培しています。サステイナブルで環境に配慮した農法に取り組んでいて、現在はオーガニック製法へと移行中です。

豪州有数のワイナリー「ショウ・アンド・スミス」

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

柑橘系の華やかな香りとすっきりとした味わいのソーヴィニョン・ブランは、ショウ・アンド・スミスの代名詞とも言える定番の人気商品。その年のヴィンテージが売り切れてしまうほど希少なピノ・ノワールや、熟成したヴィンテージのシャルドネなどを試飲するためだけでも、ワイナリーに訪れる価値ありです。

<ショウ・アンド・スミスの基本情報>
住所:136 Jones Rd, Balhannah SA 5242
電話番号:+61-8-8398-0500
営業時間:月 - 日 11:00〜17:00

受賞歴のある美しいワイナリー「ゴールディング・ワインズ」

受賞歴のある美しいワイナリー「ゴールディング・ワインズ」

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

家族三世代で営まれているワイナリー「ゴールディング・ワイン(Golding Wine)」は、2019年末からの森林火災でブドウ畑の大部分を焼失し、甚大な被害を受けたワイナリーの1つです。地元消防団やボランティアの協力で現在は復活を遂げており、スタッフの方々の前向きな様子は厳しい時間を過ごしたと感じさせないポジティブなオーラに包まれています。

受賞歴のある美しいワイナリー「ゴールディング・ワインズ」

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

「グルメ・トラベラー・ワイン(Gourmet Traveller WINE)」誌など様々な媒体で賞を受賞しているのも納得の、美しい石積みのテイスティングルーム、緑豊かなテラスやガーデンは、幸い火災の被害から逃れることができました。天気がいい日はこちらのテラスでのテイスティングがオススメです。

受賞歴のある美しいワイナリー「ゴールディング・ワインズ」

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

5種類のワインが3つのフィンガーフードと一緒に楽しめる「ワイン・フライト(Wine Flight)」や、併設レストラン「ギンコ(Ginkgo)」のチーズボードやピザ釜で焼いた熱々のピザが評判です。木漏れ日が降り注ぐ中、キリッとした爽やかさのあるスパークリングで乾杯しましょう。

他にも季節の花々が咲き乱れるガーデンや、ワイン畑の中にある鳥の巣のような小屋「NIDO」で、丘を眺めながらラグジュアリーなピクニック・ランチも楽しめます。

<ゴールディング・ワインの基本情報>
住所:52 Western Branch Rd, Lobethal SA 5241
電話番号:+61-8-8189-4500
営業時間:月 - 日 11:00〜17:00

のどかな田園風景の「コブス・ヒル・エステート」

のどかな田園風景の「コブス・ヒル・エステート」

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

1800年代には馬車馬の飼料用牧草地だった「コブス・ヒル・エステート(Cobb’s Hill Estate)」は、美しい庭園や小川に囲まれたのどかな田園風景が広がるワイナリー。可能な限り化学肥料や除草剤を使わない「サステイナブルな農法」でつくられたワインは、ヴィーガン・フレンドリーでもあります。

のどかな田園風景の「コブス・ヒル・エステート」

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

アデレード・ヒルズ定番のソーヴィニョン・ブランやシャルドネ、ピノ・ノワールはもちろん、スパークリングの種類が多いのもこのワイナリーの特徴。シャルドネ&ピノ・ノワールやロゼだけでなく、豊かな果実味とスパーシーな味わい、爽やかな炭酸のバランスが絶妙な赤ワイン「シラーズ」のスパークリングは一飲の価値ありです。

のどかな田園風景の「コブス・ヒル・エステート」

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

一押しのサワークリームとベーコン&オニオンの薄いピザ「フラムクーヘ(Flammekueche)」などフードメニューも充実。夏は樹齢100年以上という樫の木の木陰に座りのんびり景色を眺めながら、冬はバーやテラス、暖炉の脇で揺れる炎に当たりながらワインが楽しめます。小売店では購入できないので、是非ワイナリーに訪れて味わいたいですね。

<コブス・ヒル・エステートの基本情報>
住所:382 Swamp Rd, Oakbank SA 5243
電話番号:+61-8-8388-4261
営業時間:
月 - 金 12:00〜17:00
土 - 日 11:00〜18:00

パブにあるテイスティングルーム「ユレイドラ・ホテル」

パブにあるテイスティングルーム「ユレイドラ・ホテル」

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

1867年に建てられた歴史あるパブ「ユレイドラ・ホテル(Uraidla Hotel)」。ガーデニング用品を使ったビール・タップや古い電気スタンドを使ったシャンデリア、ビア樽を使ったトイレの小便器など、地元のリサイクル品を積極的に使用したインテリアは数々の環境賞も受賞。絶妙なバランスでミックスされたここにしかない独特の世界観を生み出しています。

パブにあるテイスティングルーム「ユレイドラ・ホテル」

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

「ワイナリー巡りなのにパブ?」と不思議になりますが、実はここの一押しは古い雨水タンクを改修したテイスティングルーム「ザ・タンク(The Tank)」。築100年以上の円筒形の地下室には、南オーストラリア州産のワインを中心に3,500本以上のワインが貯蔵されています。床から天井まで壁一面に並んだワインボトルは圧巻です。

パブにあるテイスティングルーム「ユレイドラ・ホテル」

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

著名メーカーからインディペンデントなワイナリー、1本$500以上するものからリーズナブルなものまでワイン好きには堪らない独自のセレクションです。普段は出会えないようなワインに巡り逢えるし、何よりこの秘密基地のような部屋での試飲体験は他では味わえません。要予約ですが、是非訪れて欲しいテイスティングルームです(2人以上で予約可)。

<ユレイドラ・ホテルの基本情報>
住所:1198 B26, Uraidla SA 5142
電話番号:+61-8-8390-0500
営業時間:
月 - 金 12:00〜14:30 / 17:30〜20:30
土 - 日 12:00〜20:30

森林火災から復活したワイナリーに訪れよう!

アデレード・ヒルズはオーストラリアNo.1のワイン生産量を誇る「南オーストラリア州」のワインの街ですが、それと同時に2019〜2020年にオーストラリアを襲った森林火災で、約30%に及ぶブドウ畑を消失した国内で最も被害を受けたワイン産地でもあります。

ここでしか出会えないワインに出会うのはもちろん、素晴らしいワインを生産しているワイナリーを応援する意味も込めて、「アデレード・ヒルズ」に訪れ美味しいワインと田園風景を楽しみましょう。

2021年4月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2021/03/17 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -