知られざる紺碧の水景色!愛媛県西条市「止呂峡」が美しい

知られざる紺碧の水景色!愛媛県西条市「止呂峡」が美しい

更新日:2021/05/06 11:00

きちこのプロフィール写真 きちこ 総合旅行業務取扱管理者、総合旅程管理主任者、フードアナリスト3級
水の美しさが有名な愛媛県西条市にある「止呂峡(とろきょう)」。
愛媛県から高知県に繋がる国道194号線沿いにある、石鎚連峰の東端にある山、笹ヶ峰の登山口にある峡谷です。ゴロゴロある巨岩の合間を縫うように流れる水が、驚くほど美しい藍色。
今回は国道からすぐに見られる知られざる絶景スポット、美しい紺碧の水景色が見られる「止呂峡」をご紹介します!一見の価値ありですよ!

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、一部都府県に緊急事態宣言が発出され、不要不急の外出の自粛が求められています。加えて自治体独自での緊急事態宣言発出や、往来の自粛要請をしている場合があります。また施設によっては休業していることがあります。Go To トラベルキャンペーンについても全国で一時停止となっています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。外出の際はしっかりと感染予防対策をして行動しましょう。(トラベルjp)

国道からすぐ見られる絶景!

国道からすぐ見られる絶景!

写真:きちこ

地図を見る

「止呂峡」は、愛媛県西条市、伊予西条駅から車で約20分ほどの場所にあります。西条市から高知県へ続く道、国道194号線を伊予西条から高知方面へ進みます。この国道194号線は加茂川沿いに通っている道で、加茂川は西日本最高峰の霊峰「石鎚山」を源流としており、とても美しい川の景色を見ながら通ることができます。

194号線沿いの川の景色だけでも十分美しく楽しめますが、青の濃さを求めるならぜひ「止呂峡」へ。国道194号線を進むと「笹ヶ峰登山口」の看板が出てきます。こちらを曲がるとすぐ「止呂峡」に到着です。止呂峡の看板は曲がってからしか出ていませんので、笹ヶ峰登山口の看板を目印に、見落とさないように気を付けましょう。

大きな駐車場はなく、止呂峡の入り口に少しスペースがあるので、そこに車を停めることができます。

厳かな雰囲気の入り口から橋へ

厳かな雰囲気の入り口から橋へ

写真:きちこ

地図を見る

止呂峡の入り口は、厳か!国道からかなり歩いた場所にありそうな雰囲気のあるこの写真の場所。実は、この入り口まで国道を曲がってから目と鼻の先、20秒ほどで着きます。

橋の手前は大きな岩壁に囲まれているため、重々しい雰囲気を感じます。この橋の名は「止呂橋」。重厚感のあるこの橋もまた、止呂峡への期待を膨らませるいい味を出しています。

止呂峡の入り口は「笹ヶ峰」の登山の起点となっており、ここに登山届を出すポストなども設置されています。入り口には止呂神社もあり、お参りをすることもできます。

厳かな雰囲気の入り口から橋へ

写真:きちこ

地図を見る

こちらが止呂橋。歩くと揺れ動くような橋ではなく、安定感のある吊り橋です。こちらから下の渓谷を覗くと絶景が待っています。

止呂橋から見る深い峡谷

止呂橋から見る深い峡谷

写真:きちこ

地図を見る

止呂橋からは、山々が追い重なる美しい景色もご覧いただけます。写真は4月のため、新緑美しい景色ですが、秋には紅葉も楽しめます。色づく止呂峡もおすすめです。

橋は高い位置に設置されており、渓谷はかなり下にあります。さぁお待ちかねの止呂峡を見てみましょう。

止呂橋から見る深い峡谷

写真:きちこ

地図を見る

こちらが止呂峡です。岩の合間に美しい紺碧の水が流れる美しい渓谷、驚くほどクリアなブルーの色合いは、川底も含めて周りがすべて岩だから。橋の上からではなく、近づいて見てみたいところですが、この渓谷は上から眺めるのみで、渓谷へ下りて歩いたりすることはできません。

橋から見下ろす景色をじっくりとお楽しみください。国道側から見て、橋の真ん中より奥から見下ろすと、紺碧の水景色がよく見えておすすめです。

知られざる紺碧の絶景、いかがでしたか?
国道からすぐに訪れることができますので、約15分ほどあれば十分楽しめます。
国道194号線は高知県の有名な観光地「UFOライン」へ続く道。ぜひ、観光の帰り道などに訪れてみてください!

止呂峡の基本情報

住所:愛媛県西条市藤之石戊
アクセス:伊予西条駅から車で約20分・国道194号線沿い

2021年5月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2021/04/18 訪問

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -