龍王ヶ渕、深谷龍鎮渓谷も!奈良県宇陀のパワースポット4選

龍王ヶ渕、深谷龍鎮渓谷も!奈良県宇陀のパワースポット4選

更新日:2021/06/22 15:17

沢木 慎太郎のプロフィール写真 沢木 慎太郎 放送局ディレクター、紀行小説家
奈良県宇陀(うだ)市は、山々に囲まれ、古くから龍神が宿る場所として神聖視されています。そんな宇陀には、ひっそりと神秘的なブルーの美しさをたたえる湖や池、滝、渓谷が点在。おすすめは「室生ダム(室生湖)」「龍王ヶ渕」「深谷龍鎮渓谷(龍鎮の滝)」「青葉の滝」の聖地。どこも神秘的な霊性を秘め、秘境感漂うパワースポット。運気アップなどのご利益だけでなく、新緑や紅葉も美しいので自然が好きな方にもぜひおすすめ。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、一部都府県に緊急事態宣言が発出され、不要不急の外出の自粛が求められています。加えて自治体独自での緊急事態宣言発出や、往来の自粛要請をしている場合があります。また施設によっては休業していることがあります。Go To トラベルキャンペーンについても全国で一時停止となっています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。外出の際はしっかりと感染予防対策をして行動しましょう。(トラベルjp)

秘境感漂う!室生ダム(室生湖)

秘境感漂う!室生ダム(室生湖)

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

室生ダムによってつくられた「室生湖(むろうこ)」。室生湖の周辺は、「室生赤目青山国定公園」に指定されています。美しい自然が感じられるパワースポット。

写真の下戸橋の近くには、キャンプ場(平成榛原子供のもり公園)があり、バーベキューなども楽しむことができます。

秘境感漂う!室生ダム(室生湖)

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

風のない日は、新緑や紅葉が水鏡のように映し出され、不思議な世界が広がります。写真左下に見えるのは湖面に映る橋。室生湖は細長く、深淵の渓谷のような秘境感が漂います。さまざまなデザインの橋が架かっているので、撮影ポイントもたくさん。

秘境感漂う!室生ダム(室生湖)

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

湖面に浮かぶ木の姿も神秘的。人工の湖がつくられたため、もともと自生していた木が湖上に島のように浮かんで見えます。

おすすめの撮影スポットは、「ふれあい広場」の周辺。立木が水没して、水鏡のように湖面に映し出される絶景スポット。水位が低くなると、姿を現す「濡れ地蔵」もこの近く。釣り(バス釣り)を楽しむ場所としてもおすすめ。無料の駐車場もあります。

<室生ダムの基本情報>
住所:奈良県宇陀市室生大野
アクセス:近鉄電車「室生口大野駅」から「ふれあい広場」まで徒歩約50分

神秘的な鏡の池!「龍王ヶ渕」

神秘的な鏡の池!「龍王ヶ渕」

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

神秘的な湧き水をたたえたパワースポットが「龍王ヶ渕(りゅうおうがぶち/竜王ヶ淵)」。池のほとりには堀越神社があり、海神(わたつみ)の娘で、竜宮に住むとされる「豊玉姫命(とよたまひめのみこと)」が祀られています。

雨をもたらす女神としても信仰され、『浦島太郎』の乙姫さまのモデルと言われることも。本来出会うことがなかった山の神と結ばれ、良縁や縁結び、恋愛成就のご利益もあります。

宇陀市には、豊玉姫命をまつる「海(かい)神社」が2つ(室生口大野、三本松)があり、実に神秘的な聖地です。

神秘的な鏡の池!「龍王ヶ渕」

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

龍王ヶ渕は、“大和富士”と呼ばれる額井岳の山腹にある自然池。風のない時は池の水面が鏡のように周囲の木々を映し出し、不思議なほどの美しさと静寂さ。神秘的な写真が撮影できる絶景スポットとしても知られています。

神秘的な鏡の池!「龍王ヶ渕」

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

池の周囲には遊歩道が整備され、湿地帯もあるので散歩してみましょう。鏡面の世界が広がり、不思議なパラレルワールドに迷い込んだよう。心の動きによって、映し出される景色も微妙に違ってきます。都会の喧騒を離れ、心を休めたい方にもおすすめ。

ただ、神秘的なスポットだけにアクセスが良くありません。道幅が狭く、民家の生活道路も通るので、車で行かれる方は十分に注意しましょう。場所は、写真下の地図でご確認下さい。

<龍王ヶ渕の基本情報>
住所:奈良県宇陀市室生向渕
アクセス:名阪国道の針ICから国道369号南へ(室生ダム方面)。県道28号線沿い(写真下の地図をご参照ください)
駐車場:あり(8台)

美しいやまとの水!深谷龍鎮渓谷

美しいやまとの水!深谷龍鎮渓谷

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

室生湖にそそぐ深谷川。この清流がつくり出す渓谷が「深谷龍鎮渓谷(ふかたにりゅうちんけいこく)」。緑豊かな渓谷を、清流が岩場を縫うように流れています。大小の滝がいくつも点在。「やまとの水」にも選定されている清流は、上品で優雅な風格が感じられます。

美しいやまとの水!深谷龍鎮渓谷

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

深谷龍鎮渓谷へのアクセスは車が便利です。「室生ダム」に管理用の駐車場(トイレもあり)があるので、ここに車を駐車して室生ダム湖畔の道路を約20分歩き、龍鎮橋から5分ほど上流へ歩けば写真のような神秘的な渓谷が見えてきます。手軽に秘境感を味わえる絶景スポットとしておすすめ。

龍鎮橋付近には駐車場はなく、行楽シーズンに路上駐車すると対面通行できなくなるので注意しましょう。

美しいやまとの水!深谷龍鎮渓谷

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

深谷龍鎮渓谷は、清流に沿って遊歩道があり、心地いいハイキングを楽しむことができます。水の音、水の匂い。龍のように流れゆく清流は躍動感にあふれ、生命の根源的な力を呼びさませてくれます。

神秘のパワースポット!龍鎮の滝

神秘のパワースポット!龍鎮の滝

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

深谷龍鎮渓谷で最も神聖で、最もパワーが働くスポットが「龍鎮の滝(龍鎮神社)」。さきほどの写真にも見えていましたが、ブルーに輝く滝つぼの前にあるのが龍鎮神社(写真左上)。小さな祠(ほこら)と鳥居だけの神社は、特別な磁場が働き、どこか別の世界へと通じる異次元への入り口のよう。

神秘のパワースポット!龍鎮の滝

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

「龍鎮神社」は、宇陀市にある海(かい)神社の境外摂社(仮宮)。雨ごいのためにまつられたと伝えられる、「高淤加美神(たかおかみのかみ)」をおまつりしています。「おかみ」が特殊文字のため、代用文字を使っていますが、こちらの龍神さまは、京都の貴船神社のご祭神にもなっています。

「龍鎮神社」のすぐ前にあるのが、写真の「龍鎮の滝」。ブルーに織りなす水が神秘的。深谷龍鎮渓谷で、ひときわ美しい自然美をつくり出し、コバルトブルーの水がきらきらと輝いています。「龍鎮の滝」も神秘的なパワーに満ち、強力なご利益が期待できそうです。

神秘のパワースポット!龍鎮の滝

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

写真は、「龍鎮の滝(写真右上)」の水が流れ込む滝壺。まるで、青く澄んだ龍の目のよう。スピリチュアルな気のエネルギーを体感するため、早朝に参拝される方も多く、日本古来の精霊信仰が今日まで伝わるパワースポット。龍神が鎮まる特別な聖域です。水晶のような澄んだ神秘的な輝きを放ち、神聖な気のエネルギーに満ちています。

<深谷龍鎮渓谷(龍鎮の滝)の基本情報>
住所:奈良県宇陀市榛原荷阪
アクセス:室生ダム周回道路の龍鎮橋から徒歩約5分(室生ダム管理事務所から徒歩20分)
駐車場:室生ダム管理事務所に駐車スペースあり
ご注意:龍鎮渓谷は「国定公園・室生赤目青山国定公園」内に位置し、龍鎮神社の神域。遊泳やキャンプ、バーベキューなどは禁止(火気を使った調理は禁止)されています。ゴミは持ち帰り、ルールやマナーを守って自然を楽しみましょう。

穴場の観光スポット!青葉の滝

穴場の観光スポット!青葉の滝

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

最近、女性に人気の神秘的なパワースポットが「青葉の滝(あおばのたき)」。青葉寺(せいようじ)の奥座敷にある滝です。清らかな水が岩肌を流れ落ち、神秘的な青いベールをまとっているよう。

穴場の観光スポット!青葉の滝

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

「青葉の滝」は、ひっそり静かな穴場スポット。古くから行者の滝修行の聖地とされてきました。岩肌には、磨崖仏が刻まれ、日本古来の信仰心を今に伝えます。

<青葉の滝の基本情報>
住所:奈良県宇陀市室生三本松
アクセス:近鉄電車「三本松駅」から徒歩約15分
駐車場:あり(数台)

穴場の観光スポット!青葉の滝

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

女人高野の「室生寺」や「又兵衛桜(写真)」などの観光名所で知られる奈良県宇陀市。不思議な言い伝えやご利益スポットが多く、しょうぶの花やシャクナゲ、すずらん、桜や紅葉など、美しい自然や花にも癒されます。

宇陀市観光案内所「うだ観処(榛原駅前)」や、道の駅「宇陀路大宇陀(大宇陀拾生)」などには電動アシスト付き自転車のレンタルもあるので、サイクリングで巡るのもおすすめです。

<宇陀市観光案内所 うだ観処の基本情報>
住所:奈良県宇陀市榛原萩原2427-1
電話番号:0745-88-9049
アクセス:近鉄大阪線「榛原駅」南口すぐ
営業時間:9:00〜17:00
定休日:年末年始

パワースポットの穴場!奈良県宇陀市

「室生龍穴神社」など、古くから龍伝説が残る奈良県宇陀市。9つの山に囲まれ、3つの龍穴と6つの岩屋(九穴)、5つの渕と3つの池(八海)からなる「九山九穴八海(くざんきゅうけつはっかい)」という不思議な伝説も残っています。日帰り温泉(大宇陀温泉あきののゆ)や歴史的なまちなみ(宇陀松山)も魅力的。

宇陀市へは、東大寺や法隆寺、奈良公園がある奈良市から、車で1時間ほどのアクセスで行くことができます。本文でご紹介したパワースポットは、名阪国道の針ICから車で30分前後の場所にあるのでアクセスも抜群!

なお、奈良の神秘的なパワースポットや、おすすめのハイキングコースなどもまとめていますので、ご興味のある方は関連MEMOに張り付けたリンクからのぞいてみて下さい。

2021年6月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2021/03/31−2021/05/10 訪問

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -