海と空に抱かれての空中散歩!伊東「小室山リッジウォーク」絶景カフェも

海と空に抱かれての空中散歩!伊東「小室山リッジウォーク」絶景カフェも

更新日:2021/05/29 14:19

長谷川 彩花のプロフィール写真 長谷川 彩花 伊豆を愛するライター
春には10万本のつつじが咲くことで有名な伊豆・伊東市の小室山公園。その小室山山頂に2021年4月、新ビュースポットが誕生しました。山の稜線に沿って作られた遊歩道「小室山リッジウォークMISORA」では富士山、相模灘、伊豆七島、天城連山など360°の絶景が楽しめます。

カフェ利用者だけが入場できるガラス張りの展望ブリッジに立てば、海と空、大自然を独り占めすることができますよ。


新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、一部都府県に緊急事態宣言が発出され、不要不急の外出の自粛が求められています。加えて自治体独自での緊急事態宣言発出や、往来の自粛要請をしている場合があります。また施設によっては休業していることがあります。Go To トラベルキャンペーンについても全国で一時停止となっています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。外出の際はしっかりと感染予防対策をして行動しましょう。(トラベルjp)

ぐるり360°の絶景

ぐるり360°の絶景

提供元:小室山リフト

https://www.tokaibus.jp/business/lift.html地図を見る

小室山は標高321メートル、マグマによる噴火活動で放出したスコリアでできたスコリア丘です。伊東市には同じスコリア丘で有名な大室山がありますが、どちらも火山の噴火でできたとは思えないほど、コロンとしたフォルムがかわいらしい山です。

小室山山頂へは1人用のリフトで約5分。歩いて登ることもできるので、料金は片道、往復があります。

カフェも地中にもぐりこんだように地形に沿って作るなど、自然を生かした美しい景観を存分に楽しめるようになっています。

ぐるり360°の絶景

提供元:小室山リフト

https://www.tokaibus.jp/business/lift.html地図を見る

山の稜線に沿って作られたボードウォーク「小室山リッジウォーク“MISORA(ミソラ)”を歩けば、富士山や伊豆大島をはじめとする伊豆七島、房総半島、天城連山など360°の絶景が出迎えてくれます。全長は166.3メートルです。

ぐるり360°の絶景

写真:長谷川 彩花

地図を見る

橋本龍太郎首相とロシア連邦大統領のエリツィンとの首脳会談(川奈会談)が行われたことでも有名な歴史ある川奈ホテルも眼下に望めます。女子プロゴルフのフジサンケイクラシックトーナメントが行われる4月には多くのゴルフファンが訪れます。

展望ブリッジで景色ひとりじめ

展望ブリッジで景色ひとりじめ

提供元:小室山リフト

https://www.tokaibus.jp/business/lift.html地図を見る

「Cafe●321(サンニイイチ)は小室山の標高321メートルと標高点記号「●」を組み合わせて命名。前面を大きなガラス張りにすることで、どの座席からも素晴らしい眺望が楽しめるようになっています。

展望ブリッジで景色ひとりじめ

提供元:小室山リフト

https://www.tokaibus.jp/business/lift.html地図を見る

カフェの付帯施設の展望ブリッジの先端部分に立てば、海と空、そして自分だけの世界。思わず、大きく伸びをして深呼吸する人が続出です。

展望ブリッジで景色ひとりじめ

写真:長谷川 彩花

地図を見る

カフェの一番人気は「地層カフェラテ」。カップに筋状に冷やし固めたチョコレートを作り、その中にラテを注ぐことで地層を表現しています。他にMISORAヨーグルトフラッペ(ブルーorオレンジ)やクラフトビール、伊豆鹿ジャーキーなど多彩なメニューが並びます。

真っ赤な絨毯!10万本のつつじ

真っ赤な絨毯!10万本のつつじ

写真:長谷川 彩花

地図を見る

毎年4月中旬〜5月上旬には10万本のつつじが開花。ピーク時にはつつじの真っ赤な絨毯を見ることができますよ。つつじ越しの富士山が見えるフォトスポットもあります。

真っ赤な絨毯!10万本のつつじ

写真:長谷川 彩花

地図を見る

つつじ祭り開催時にはライトアップも行われ、幻想的な雰囲気のつつじが楽しめます。中でも大人の背丈ほどあるつつじが並ぶ「つつじのトンネル」は必見です。

真っ赤な絨毯!10万本のつつじ

写真:長谷川 彩花

地図を見る

山麓のレストハウスでは小室山名物の「つつじソフトクリーム」や伊豆の柑橘、ニューサマーオレンジを使用した「ニューサマーオレンジソフト」が食べられます。

1705年に創建「小室神社」

1705年に創建「小室神社」

写真:長谷川 彩花

地図を見る

山頂にある小室神社の歴史は古く、創建は1705年。交通安全、家内安全、商売繁盛、学業成就のご利益があるとされています。元日は初日の出を拝んでから、小室神社に参拝する人でにぎわいます。元旦祭も行われ、破魔矢や御札、御守も授かることができます。

1705年に創建「小室神社」

写真:長谷川 彩花

地図を見る

小室神社の絵馬はつつじと椿の2種類。1000種、4000本の椿が咲く椿園があり、毎年2月中旬から3月上旬には「つばき鑑賞会」が開かれます。つつじ祭りもつばき鑑賞会も共に入場無料です。

徒歩でも登れる!子どもたち大興奮の恐竜広場も

徒歩でも登れる!子どもたち大興奮の恐竜広場も

写真:長谷川 彩花

地図を見る

リフトで登るのも楽しいですが、小室山は徒歩もおすすめ。緩やかな坂道なので年配者も楽々です。季節の花が咲きみだれ、イーハトーブをイメージした景色が広がります。

ベンチもあちらこちらに配置されているので、木陰でうたた寝もいいですね。

徒歩でも登れる!子どもたち大興奮の恐竜広場も

写真:長谷川 彩花

地図を見る

麓から徒歩10分、山頂からも徒歩10分の中間地点に恐竜広場があります。迫力ある恐竜13体が点在しており、表情豊か。「恐竜に食べられちゃった」なんておもしろ写真も撮れるかも!?

徒歩でも登れる!子どもたち大興奮の恐竜広場も

写真:長谷川 彩花

地図を見る

アスレチック遊具あるので、お弁当をもってピクニックもおすすめです。山頂と恐竜広場には飲み物の自動販売機がありませんので要注意。

大人から子どもまで幅広い年代が楽しめる小室山は四季折々、いろいろな表情を見せてくれます。百聞は一見に如かず。伊豆の旅の1ページにぜひ加えてくださいね。

小室山リッジウォークMISORAの基本情報

住所:静岡県伊東市川奈1428
電話番号:0557-45-1444

<小室山リフト>
営業時間:9:30〜16:00
料金:往復・大人600円、小人300円、片道・大人350円、小人180円
<cafe●321>
営業時間:10:00〜16:00(LO15:30)

駐車場:あり
アクセス:JR伊東駅からバス「小室山リフト行」で23分

2021年5月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2021/05/10 訪問

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -