「Bed&Breakfast GOOD MORNING ZAIMOKUZA」1日中鎌倉の海を楽しもう

「Bed&Breakfast GOOD MORNING ZAIMOKUZA」1日中鎌倉の海を楽しもう

更新日:2021/06/14 16:03

さとちんのプロフィール写真 さとちん ご当地グルメライター、海鮮丼マニア、チェコ親善アンバサダー
鎌倉の材木座海岸の目の前にある「海辺のBed&Breakfast
GOOD MORNING ZAIMOKUZA」。おいしいご飯にマリンスポーツのベースキャンプ、そして海を見ながら1日を過ごすことができる、海好きな人にはパラダイスのような場所です。それでいて、宿泊料金はリーズナブル!
鎌倉の海を満喫できるBed&Breakfastの宿を紹介します。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、一部都府県に緊急事態宣言が発出され、不要不急の外出の自粛が求められています。加えて自治体独自での緊急事態宣言発出や、往来の自粛要請をしている場合があります。また施設によっては休業していることがあります。Go To トラベルキャンペーンについても全国で一時停止となっています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。外出の際はしっかりと感染予防対策をして行動しましょう。(トラベルjp)
プランをもっと見る

海好きなオトナのための「材木座テラス」にある小さなホテル

海好きなオトナのための「材木座テラス」にある小さなホテル

写真:さとちん

地図を見る

鎌倉駅からは歩いて20分ほど。目の前に材木座海岸が広がる絶好のロケーションにある「材木座テラス」。レストラン、サーフクラブ、スタジオ、ショップまで揃った複合施設です。

目の前の材木座海岸までは45秒!車通りの多い135号線を渡らなければいけないけれど、歩行者用の通路があるので安全に海まで行くことができるんですよ。

地元の人から観光客まで、海が好きな人たちでいつも賑わっています。

海好きなオトナのための「材木座テラス」にある小さなホテル

写真:さとちん

地図を見る

材木座テラスの1階にあるのが「海辺のBed&Breakfast
GOOD MORNING ZAIMOKUZA」。以前は歩いて6分ほど離れた場所にあった「海宿食堂 グッドモーニング材木座」が、建物が老朽化したため、2020年12月こちらに移転してきて「海辺のBed&Breakfast
GOOD MORNING ZAIMOKUZA」へとリニューアル。

カレーを中心としたカフェメニュー以外に、オーシャンテラスではバーベキューも楽しめます。オーシャンテラスは水着やウェットスーツでも利用できるので、海の家代わりにも使えちゃいますよ。

海好きなオトナのための「材木座テラス」にある小さなホテル

写真:さとちん

地図を見る

カフェの奥には宿泊施設もあるんです。ゲストルームは5部屋だけで、そのうち4部屋はオーシャンビュー。寝ながら材木座の海が眺められるんです。

寝ながら?不思議ですよね。その秘密はゲストルームの作りにあります。

まるで秘密基地!ワクワクするゲストルーム

まるで秘密基地!ワクワクするゲストルーム

写真:さとちん

地図を見る

ゲストルームに一歩入ると目に飛び込んでくるのはロフトベッド!8平米というコンパクトなお部屋は、とても機能的な作りになっています。子どもの頃憧れた秘密基地のようで、きっとワクワクが止まらないことでしょう。

まるで秘密基地!ワクワクするゲストルーム

写真:さとちん

地図を見る

ベッドの下段には42インチの大きなテレビ。ゴロゴロ寝転がりながらテレビを見てリラックスしちゃいましょう。

足元の冷蔵庫にはサービスのミネラルウォーターが冷えています。

まるで秘密基地!ワクワクするゲストルーム

提供元:海辺のBed&BreakfastGOOD MORNING ZAIMOKUZA

http://zaimokuza-goodmorning.com/地図を見る

上段のロフトベッドの真正面は材木座の海!寝ながら海が眺められる謎がとけましたか?
ここでは目覚ましは必要ありません。だって、窓から差し込む朝日が目覚ましになるから。なんて贅沢な1日の始まりでしょう!

自分の家のように気楽に過ごそう!

自分の家のように気楽に過ごそう!

写真:さとちん

地図を見る

空いていたら自由に使えるシャワールームが2つ。目の前の海で遊んできても、すぐにシャワーを浴びることができます。

シャンプーやコンディショナー、ボディーソープなどバスアメニティや、ふかふかのバスタオルが用意されているのも嬉しい!バスアメニティは厳選した植物由来成分を配合したBOTANIST。海水や太陽の下でダメージを受けた髪や肌を、やさしくいたわってくれるアイテムを揃えている心遣いが憎いですよね。

疲れて湯船につかりたいの〜という人は、10分ほど歩くとレトロな佇まいの銭湯「清水湯」があります。地元の人と裸のおつきあいも楽しいですよ。

自分の家のように気楽に過ごそう!

写真:さとちん

地図を見る

コインランドリーも無料で利用できます。洗剤や柔軟剤まで用意されているので、汚れたら即洗濯!荷物が少なく済みますね。

洗面台にはLEAF&BOTANICSのOLIVEシリーズが、洗顔フォームや洗顔オイル、基礎化粧品と揃っていて、女性は感涙もの。

自分の家のように気楽に過ごそう!

写真:さとちん

地図を見る

宿泊者はカフェのテーブルやオープンテラスを自由に利用することができます。カフェの営業が終了してからでもOK!夜の海を眺めながら、ぼ〜と過ごせるのは宿泊者の特権!

サーフボードやSUP、ボディーボード、シュノーケリングの道具も借りることができます。Wi-Fiもバリバリ繋がるのでワーケーションにもピッタリ!昼は海で遊んで、夜はお仕事なんて使い方も。

普通だけどちゃんとした朝ご飯

普通だけどちゃんとした朝ご飯

写真:さとちん

地図を見る

「海辺のBed&Breakfast
GOOD MORNING ZAIMOKUZA」は朝ご飯も楽しみのひとつ。これぞ日本の朝ご飯という和定食をいただくことができます。ふっくら炊けたご飯に、お出汁がきいたお味噌汁。お盆いっぱいの小鉢も嬉しい。派手さはないけど、日本人にとってソウルフードともいえるおかずのラインナップに、朝から元気がもらえます。

普通だけどちゃんとした朝ご飯

写真:さとちん

地図を見る

朝ご飯も好きな場所でいただいちゃってください。オープンテラスで、潮風を感じながら食べるのも気持ち良いですよ。

朝ご飯は宿泊者以外の人も食べることができます。早朝サーフィンを終えた後の朝ご飯は、空腹がスパイスとなって更においしく感じることでしょう。

普通だけどちゃんとした朝ご飯

写真:さとちん

地図を見る

ランチやディナーもこちらでいただけます。カレーのボリュームには驚きますよ!海で遊んでペコペコになったお腹も、絶対満足できる量です。

目の前の海で獲れた地タコを使った一品料理も、お腹に余裕があったらぜひ食べてみて!プリプリの歯ごたえがたまりません。

家族や友達と一緒のときは、オーシャンテラスでバーベキューを楽しみましょう。海辺のバーベキューっておいしいけれど、後片付けが面倒ですよね。でも、ここなら焼いて食べるだけ。準備も後片付けも、お店の人がやってくれます。

日が沈むまで海で遊んで、シャワーを浴びたらビール片手にバーベキュー。酔いが回ったら、夜の海を眺めながらベッドでぐっすり。

海が好きな人には、たまらない過ごし方ですよね。

「海辺のBed&BreakfastGOOD MORNING ZAIMOKUZA」へのアクセス

「海辺のBed&BreakfastGOOD MORNING ZAIMOKUZA」へのアクセス

提供元:海辺のBed&BreakfastGOOD MORNING ZAIMOKUZA

http://zaimokuza-goodmorning.com/地図を見る

「海辺のBed&Breakfast
GOOD MORNING ZAIMOKUZA」まで、JR鎌倉駅からは徒歩20分ですが、江ノ電和田塚駅からなら、徒歩12分です。荷物が多い人はバスを利用しましょう。鎌倉駅から京急バスに乗り、「臨海学園」バス停下車徒歩4分です。

ちょっとアクセスは悪いですが、せっかくなので材木座の住人になった気分で過ごしてしましょう。

早朝と夕暮れはぜひ海辺の散歩を。日中の賑やかな海とは違う、静かな海は歩いているだけで心が癒されます。

材木座はとても歴史のある町。和賀江島は日本最古の港で、商店街も日本で一番古いと言われています。コンビニなどはありませんが、昔ながらの魚屋さんや八百屋さん、酒屋さんがあり、昭和レトロな雰囲気の中地元の人とのおしゃべりを楽しんでください。

材木座の海は1年中魅力的

マリンスポーツが楽しめる夏の海も良いですが、水の透明度が増し空気が澄み渡る冬の海もオススメ!富士山もきれいに見えますよ。穏やかな海を眺めるなら春、沈む夕陽が美しいのは秋と、季節ごとに違った魅力のある海を、「海辺のBed&BreakfastGOOD MORNING ZAIMOKUZA」で楽しんでください。

2021年6月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

プランをもっと見る
掲載内容は執筆時点のものです。 2021/05/26−2021/05/27 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -