昭和の町も人も再現!所沢「西武園ゆうえんち」がリニューアル

昭和の町も人も再現!所沢「西武園ゆうえんち」がリニューアル

更新日:2021/06/24 09:02

Benisei Rinkaのプロフィール写真 Benisei Rinka 子連れトラベラー、小江戸川越の魅力伝道師
2021年5月19日、埼玉県所沢市にある「西武園ゆうえんち」が“心あたたまる幸福感”をコンセプトに、リニューアルオープンしました。
世界初となるゴジラをテーマとした大型ライド・アトラクションや、手塚治虫氏の人気作品キャラクターをテーマとしたエリアが誕生!また、1960年代の日本の町並みが圧倒的なクオリティで再現され、そこで暮らしているかのような人々との触れ合いや、ライブパフォーマンスが楽しめます。

昨今の状況により、施設等の営業日や営業時間などに変更が生じている場合があります。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、Go To トラベルキャンペーンについては全国で一時停止となっています。お出かけの際はしっかりと新型コロナウイルスの感染予防および拡大防止対策をして行動しましょう。(トラベルjp)

世界初!圧倒的迫力の「ゴジラ・ザ・ライド大怪獣頂上決戦」

世界初!圧倒的迫力の「ゴジラ・ザ・ライド大怪獣頂上決戦」

提供元:西武園ゆうえんち

https://www.seibu-leisure.co.jp/amusementpark/inde…地図を見る

「西武園ゆうえんち」は、「西武園ゆうえんち開業70周年記念事業」として、2021年5月19日にリニューアルオープン!様々な技術革新やデジタル化、SNSの普及などにより、ご近所づきあいなどの人間関係が希薄化している現代だからこそ、“心あたたまる幸福感”をコンセプトに、懐かしい非日常感を体験できる場所に生まれ変わりました。

西武鉄道「西武園ゆうえんち駅」の改札を出ると、目の前には長崎電気軌道株式会社から譲りうけた貴重な路面電車「1050形1051号」。その奥には、懐かしい雰囲気の看板とチケット売り場、丘の上にそびえ立つ「夕陽館」など、入園前から“新しいけど懐かしい非日常の世界”へゲストを誘います。

世界初!圧倒的迫力の「ゴジラ・ザ・ライド大怪獣頂上決戦」

写真:Benisei Rinka

地図を見る

“夕陽館”では、ゴジラをテーマにした世界初となる、常設の大型ライド・アトラクション「ゴジラ・ザ・ライド大怪獣頂上決戦」を上映。映画「ALWAYS 三丁目の夕日」など数々のヒット作品を生みだした、日本を代表する映画監督の山崎貴氏と、株式会社刀のクリエイティブチームがタッグを組み、大迫力のVFXを用いた圧倒的没入感を楽しめるアトラクションになっています。

世界初!圧倒的迫力の「ゴジラ・ザ・ライド大怪獣頂上決戦」

提供元:西武園ゆうえんち

https://www.seibu-leisure.co.jp/amusementpark/inde…地図を見る

ゲストが劇場に入る直前のエリアで待機していると、突然緊急放送が流れ、現われた特殊災害対策部隊の隊員から「東京に突如謎の巨大生物・キングギドラが現われ、町の建物をなぎ倒しながら埼玉方面に向かっている」と知らされます。ゲストは、特殊装甲車に乗り込むように指示されますが、特殊装甲車の到着を待つ間にも、今いる場所がどんどん破壊されていく恐怖に苛まれる大迫力の演出が。

特殊装甲車に乗り込むと、ゴジラやキングギドラなどの激闘の真っ只中に放り込まれ、まさに“息つく暇もない”ほどスリル満点!ライド終了と同時にゲストから拍手が起こるほど、いい意味で期待を裏切るレベルの驚きと興奮が待っていますよ。

TM&(C)TOHO CO., LTD.

これも世界初!「レッツゴー!レオランド」

これも世界初!「レッツゴー!レオランド」

写真:Benisei Rinka

地図を見る

世界初、手塚治虫氏のキャラクターをテーマとしたファミリーエリア「レッツゴー!レオランド」では、手塚治虫氏の人気作品『鉄腕アトム』と『ジャングル大帝』のキャラクターをテーマとした4つのライドアトラクションのほか、「巨大すごろく」や「トリックアート」があり、全部で6つの体験が楽しめます。

新しくなった「西武園ゆうえんち」ですが、西武園のシンボルともいえる「オクトパス・アドベンチャー」や「バイキング」、「大観覧車」など、既存のアトラクションがいくつも残されています。

これも世界初!「レッツゴー!レオランド」

写真:Benisei Rinka

地図を見る

エリアの一角にある真っ赤な建物は「レッツゴー!バザール」。アトムやレオ、リボンの騎士など、手塚治虫氏の人気キャラクターたちをデザインした、西武園ゆうえんち限定のグッズを販売しています。

(C)TEZUKA PRODUCTIONS

これも世界初!「レッツゴー!レオランド」

写真:Benisei Rinka

地図を見る

「レッツゴー!レオランド」でグルメを楽しむなら「ミルクホール」で。ここでは、揚げパンやチューリップ唐揚げ、ミルメークなど、昔懐かしいメニューを楽しむことができます。また、ボンカレー(甘口・辛口)や醤油ラーメン、狐うどんもあり、小さいお子様連れファミリーにもおすすめのレストランです。

昭和へタイムスリップ「夕日の丘商店街」

昭和へタイムスリップ「夕日の丘商店街」

写真:Benisei Rinka

地図を見る

今回の大幅リニューアルのメインは、1960年代の町並みを再現した「夕日の丘商店街」。30店舗が立ち並ぶ商店街には、昭和歌謡が流れ、そこで暮らしているかのような人々とのインタラクションを楽しむことができます。

昭和へタイムスリップ「夕日の丘商店街」

写真:Benisei Rinka

地図を見る

当時の建物の多くは、1階が商店、2階が住居になっていたため、2階には靴下が干され、玄関扉の上にはガスや電気などのシールが貼られ、生活感いっぱい。人が頻繁に触る部分はあえて汚すなど、細部にまでこだわって再現されています。

昭和へタイムスリップ「夕日の丘商店街」

写真:Benisei Rinka

地図を見る

西武園ゆうえんち内は、先ほどご紹介した「レッツゴー!レオランド」内の買い物や飲食も含め、独自の通貨「園(せいぶえん)」のみ使用可能となっています(※)。

西武園通貨を購入できるのは、入園ゲート前のチケット販売ブースと商店街真ん中に位置する「郵便局」。そして、園内を歩いている帽子をかぶった郵便局員スタイルの園通貨交換係からも購入可能。西武園通貨は、10園=120円。50園(600円)単位、もしくは250園(3000円)単位で購入できます。

※コインロッカーや自動販売機、ベビーカーレンタルなどは、「円」を使用可。

(C)TEZUKA PRODUCTIONS

まさに“心あたたまる幸福感”を感じる演出の数々

まさに“心あたたまる幸福感”を感じる演出の数々

写真:Benisei Rinka

地図を見る

夕日が丘商店街では、「フレンズクルー」による様々なライブエンターテイメントが行われています。

八百屋による『饒舌!八百八たたき売り』では、早口かつ独特な言い回しでみんなの笑いを誘い、「泥棒」と「駐在」による『追え!盗人大騒動!』は、パルクールのようなカッコいいドタバタ劇が繰り広げられます。また、ただの紙芝居だけでは終わらない『仰天!奇想天外紙芝居』など、どのショーも一方的ではなく、ゲストを巻き込んで楽しむ内容になっていますよ。

まさに“心あたたまる幸福感”を感じる演出の数々

写真:Benisei Rinka

地図を見る

夕日の丘商店街では、どこからともなくチンドン屋が現れ、その演奏に合わせて歌やダンスが始まったり、高く積み上げられた蕎麦の出前に出くわしたり、駐在さんが不思議な動きで歩いていたり、常にゲストを飽きさせない演出の数とクオリティがすごい!

また魚屋と八百屋の“喧嘩するほど仲がいい”絡みが見られたり、商店街を歩いていると、フレンズクルーから普通に話しかけられたり、"昭和"を知る人には懐かしく、知らない人には新しい体験ができるスポットになっています。

まさに“心あたたまる幸福感”を感じる演出の数々

写真:Benisei Rinka

地図を見る

30店舗の中には、実際に営業している店や、中に入れず"本日休業"や“配達中”の札を掲げている店舗もあります。中に入れない店舗も、ガラス越しに中をのぞいてみると、これまた店内装飾などのクオリティがすごい。本当に“本日だけ休業”“今出掛けているだけ”だと思ってしまうほど。

上の写真は、「西岡遊技場」。実際に“1回10玉20園”でピンボールを楽しむことができます。

友達に自慢したくなる「昭和レトロ」

友達に自慢したくなる「昭和レトロ」

写真:Benisei Rinka

地図を見る

夕日の丘商店街には、 団子、コロッケ(ここではクロケットと呼ばれる)、メンチカツ、焼きモロコシ、かき氷、ポン菓子など、お手軽グルメが多数。
また、一番人気は「喫茶ビクトリヤ」。スパゲッティ・ナポレターナ、バタアエビピラフ、ハットケーキといった、当時を思わせる面白いネーミングの軽食の他、プリン・ア・ラ・モード、クリイムソーダなど、見た目も可愛いデザートやドリンクも。

イチ押しは、宝石のようなキラキラとしたゼリイに、丹沢山系の天然水から作られた“丹沢サイダー”を注いだ「ゼリイポンチ(60園)」。インスタグラムにアップせずにはいられないほどの可愛さ。

友達に自慢したくなる「昭和レトロ」

写真:Benisei Rinka

地図を見る

夕日の丘商店街は、昭和レトロな“インスタ映え写真”の宝庫!古いはずの装飾が、今は逆に新鮮で、全部可愛く見えてきます。

友達に自慢したくなる「昭和レトロ」

写真:Benisei Rinka

地図を見る

昭和の世界を楽しんだ後は、ぜひ昭和なお土産を。商店街の入口にあるお土産店では、ゴジラやジャングル大帝、鉄腕アトムなどのキャラクターグッズやお菓子、懐かしい駄菓子をモチーフにした雑貨など、目移り必至なグッズが並びます。

西武園通貨は当日のみ使用可能となっており、次回来園時に持ち越すことができません。もし最後に少額残ってしまったら、駄菓子がオススメ!3つで10園なので、使いきるのに最適です。

7月15日からは、プールや花火など夏イベントも開催!ぜひチェックしてみてくださいね。

西武園ゆうえんちの基本情報

住所:埼玉県所沢市山口2964
電話番号:04-2929-5354
駐車場:1000台 ※臨時駐車場含む 1日1800円
料金:1日レヂャー切符(入園+アトラクションフリー+プール)
→大人(中学生以上)4400円・子供(3歳〜小学生)3300円
マル得1日レヂャーパック(西武園通貨450園分付き)
→大人(中学生以上)9500円・子供(3歳〜小学生)8500円

※繁忙期は特定日料金設定あり

2021年6月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどで確認してください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2021/05/18−2021/05/19 訪問

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -