アマルフィの真珠、憧れのリゾート「ポジタ―ノ」で出会う絶景

| イタリア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

アマルフィの真珠、憧れのリゾート「ポジタ―ノ」で出会う絶景

アマルフィの真珠、憧れのリゾート「ポジタ―ノ」で出会う絶景

更新日:2014/07/19 11:11

二宮 うららのプロフィール写真 二宮 うらら ライター、エディター

南イタリア・ソレント半島南岸の入り組んだ道を南へ。世界遺産であるアマルフィ海岸のなかでも「アマルフィの真珠」と称される町がポジタ―ノ。ビーチの上にV字に開いた絶壁に、カラフルな家々が積み重なった景観は奇跡的な美しさ。世界中の人が一度は訪れたいと憧れる絶景の町へ出かけよう。

マヨルカ焼きのドーム状の屋根がシンボル

マヨルカ焼きのドーム状の屋根がシンボル

写真:二宮 うらら

地図を見る

アマルフィへと向かう道は、リゾートへと急ぐ車で混み合うことが多い。つづら折れの道を進むと、小さな砂浜の上の海岸に、積み重なるように建つ色とりどりの建物が見えてくる。そこがポジターノの町だ。
町の入口は崖の上にある。階段と路地が続く道の両脇にはカラフルな住宅やホテル、レストラン、陶器やサンダル、モードポジタネーゼと呼ばれるリゾートウエアなどのショップが並ぶ。

町の中ほどにそびえるのは「サンタ マリア アッスンタ教会」のクーポラ(ドーム状の屋根)。マヨルカ焼きの屋根が、陽光にきらめき、美しい色彩を放っている。

伝説のマリア像が掲げられるサンタ・マリア・アッスンタ教会

伝説のマリア像が掲げられるサンタ・マリア・アッスンタ教会

写真:二宮 うらら

地図を見る

ポジターノの町に残る有名な伝説がある。
12世紀頃。海沿いの町を襲撃した海賊が、教会にあった聖母子像の画を持ち去ろうとしたところ、急に海が荒れだし、船を沈めんばかりの大時化となった。船上の海賊たちは大荒れの風雨の中で「Posa! Posa !」という声を聞く。
Posaとはイタリア語で「置いていけ」という意味。その不思議な声を聞き、海賊たちがあわてて、聖母子の画を船から浜へと降ろしたところ、それまでの嵐が嘘のように静まったという。

Posa=ポーザの伝説にちなんで、この町をポジタ―ノと呼ぶようになったとも言われている。

急な階段と石でできたポジタ―ノの旧市街を、人の流れに沿って歩いていると、やがて小さな広場に出る。そこがサンタ・マリア・アッスンタ教会前広場。写真は教会の入口。教会内部、正面には伝説の聖母子像が祀られている。

眺めのよさと格の高さを誇るホテル「レ・シレヌーセ」

眺めのよさと格の高さを誇るホテル「レ・シレヌーセ」

写真:二宮 うらら

地図を見る

世界中から観光客が集まるポジタ―ノで、お目当てのホテルを予約するのはなかなか難しい。夏のリゾートシーズンならなおさらだ。
いくつかあるホテルのなかでも、絶景を見はらすLe Sirenuse(レ・シレヌーセ)に宿泊できれば最高だ。ポジタ―ノで、1、2を争う格の高さで知られる5つ星ホテルである。
斜面の中腹に建つこのホテルは、17世紀にオーナー一族の別荘として建てられたもので、1951年にホテルとして開業。当時のヴィラの雰囲気を残しながら、各国のVIPをはじめ世界中からゲストを迎えている。

レセプション、ダイニング、シャンパン&オイスターバーなど、パブリックエリアには海に面して開かれたテラスがある。

写真は鉢植えのレモンの木に囲まれたスイミングプール。プールサイドバーでは、海を見下ろしながらランチが楽しめる。

クーポラを間近に見下ろすレストランの特等席

クーポラを間近に見下ろすレストランの特等席

写真:二宮 うらら

地図を見る

Le Sirenuse(レ・シレヌーセ)のレストランの特等席からは、目の前に町のシンボルである、あのクーポラを見下ろすことができる。
館内はクラシカルな雰囲気を漂わせつつ、地中海らしい明るくモダンなテイストが加味され、そのさじ加減が絶妙でおしゃれ。
客室はそれぞれに間取りも内装も異なるが、ホテルの名前にちなんだ「人魚」をモチーフにしたルームキーを手にした瞬間から、夢のような時間が始まる。

例え宿泊がかなわなくても、レストラン「ラ・スポンダ」「オイスター・シャンパン・バー」は、ビジターでも利用できる。

展望台に出ているレモン屋台で爽やかなフレッシュジュースを!

展望台に出ているレモン屋台で爽やかなフレッシュジュースを!

写真:二宮 うらら

地図を見る

おしゃれなレストランやカフェもいいが、屋台でフレッシュジュースを味わうのも南イタリアの開放的な気分にぴったりだ。
ポジタ―ノの町の上を走る国道沿いの展望台に、屋台が出ている。カラフルなトウガラシやフルーツのディスプレイにまず目が釘つけになり、アマルフィ特産の特大サイズのレモンにもびっくり。

特製ジュースは主のサルヴァトーレ氏が、オレンジとレモンを目の前で絞って絶妙な調合でブレンド。
ジュースの入ったカップを受けとり、展望台から紺碧の海と、カラフルなポジタ―ノの町を見下ろしながら味わおう。

飽くことなく眺めていたい美しい町

ナポリから船やバスでアクセスするアマルフィ海岸の町。個人旅行ではなかなか行きにくいエリアだが、苦労してでも行く価値あり。
ポジタ―ノから始まる約40キロメートルの美しい海岸線「コスティエラ アマルフィターナ」は、入り組んだ岩壁の下に紺碧の海が広がり、その斜面に張り付くように小さな町が点在している。ポジタ―ノのさらに先にはアマルフィの町が待っている。

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/09/25−2013/09/26 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -