絶景にグルメ!利尻島の魅力を満喫「アイランド イン リシリ」

絶景にグルメ!利尻島の魅力を満喫「アイランド イン リシリ」

更新日:2021/06/29 13:01

瀧澤 信秋のプロフィール写真 瀧澤 信秋 ホテル評論家、旅行作家
離島の魅力は利便性や機能性とは別の世界というサンクチュアリ感でしょうか。それも北の国境に接する島ともなればなおさらです。利尻島は北海道最北端の都市である稚内からさらにフェリーで90分を要する離島。そんな利尻島でホテルライクなサービスを受けられると人気の宿が「アイランド イン リシリ」です。利尻グルメが堪能できるダイニングレストランや大浴場、絶景を望めるスポットなどホテルの魅力をたっぷり紹介します。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、一部都府県に緊急事態宣言が発出され、不要不急の外出の自粛が求められています。加えて自治体独自での緊急事態宣言発出や、往来の自粛要請をしている場合があります。また施設によっては休業していることがあります。Go To トラベルキャンペーンについても全国で一時停止となっています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。外出の際はしっかりと感染予防対策をして行動しましょう。(トラベルjp)
プランをもっと見る

絶景ホテル

絶景ホテル

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

利尻島といえば、なんといっても利尻富士でしょうか。天候が不安定な島の天気ですが、突然晴れることもあり、そんな幸運なタイミングにカメラを持って出掛けるのも一興でしょう。利尻富士のビュースポットは多くありますが、利尻空港へ向かう直線道路はおすすめ。それぞれのビュースポットを探すのも楽しいでしょう。

絶景ホテル

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

アイランドインリシリは絶景ホテルとして知られています。展望デッキからは、東側に利尻富士、西側に沓形岬公園、礼文島が一望、夜には満天の星を観察できるナイトウォッチングに月明かりの利尻富士など、素晴らしい眺望を愛でることができます。

ミシュランガイド2017では「絶景のサンセット!美しい夕日が見られる人気宿」全国第5位に選出されました。天気が良ければ、海側の客室からは沓形岬から望む最高の夕日を楽しめ、山側の客室からは夕日に染まる雄大な利尻富士を望むことができます。

ホテルライクなサービスも魅力

ホテルライクなサービスも魅力

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

アイランド イン リシリはシーズン営業ですが、営業期間中には2泊以上から中には一週間滞在というゲストもいるそう。せっかく来たのに1泊で帰るのはもったいないという気持ちはよくわかります。そんな滞在が可能なのも、ホテルとしてのサービスが行き届いているからでしょう。

ホテルライクなサービスも魅力

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

客室は、スタンダードツインルーム、ラージツインルーム、ダブルルーム、ファミリールーム、バリアフリーツインルームとバラエティに富んでいます。旅の目的に応じて全55室・5タイプの客室からセレクトできます。いずれも余裕のある客室面積で、ゆったり過ごすことができることでしょう。

大浴場で疲れを癒やす

大浴場で疲れを癒やす

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

利尻島での観光・アクティビティの後に嬉しい大浴場。「利尻ふれあい温泉 秀峰の湧(しゅうほうのゆ)」「昆布風呂 海の癒(うみのゆ)」「利尻名水露天風呂 雪解の夕(ゆきげのゆ)」の三種類の浴場があります。天気が良い日であれば、露天風呂からは海に沈む夕日と礼文島を望むことができます。

グルメなホテル

グルメなホテル

写真:瀧澤 信秋

アイランド イン リシリ最大の魅力はグルメ。「ザ・ブッフェ マリンクルーズ」で旬の食材を盛り込んだ料理が満喫できます。朝食、夕食共にブッフェスタイル。地元利尻の特産品はもちろん、北海道産食材を中心とした料理は最大の魅力でしょう。

グルメなホテル

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

北の味覚の雲丹や利尻昆布を使った海の幸、宗谷産タコの柔らか煮、利尻わかめのラーメンサラダ・グリ−ンサラダのほか、ジャガイモやかぼちゃ、アスパラなど新鮮な野菜の素材を生かした料理に島の恵みも感じつつ利尻時間を満喫できることでしょう。さらに利尻ホッケなど海鮮メニューも充実しています。何より秀逸なのが蝦夷鹿肉のカレー。スパイシーかつコクのある逸品で忘れられない味わいです。

グルメなホテル

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

そしてやっぱりウニ。雲丹入り焼きおにぎり茶漬け、雲丹粥、太麺の雲丹クリームパスタなどまさにウニ尽くし! ウニの三平汁もあります。また、オプションディナーメニューとして、うに小鉢、うに小鉢といくら小鉢、蝦夷あわびグリルなど別料金ですが堪能できます。また、朝食から雲丹ご飯に雲丹のスクランブルエッグなど充実のラインナップです。

飛行機でもフェリーでもアクセス良好

飛行機でもフェリーでもアクセス良好

写真:瀧澤 信秋

利尻島へは、新千歳空港や丘珠空港からの飛行機か、稚内からのフェリーでのアクセスとなりますが、アイランド イン リシリでは、到着時刻に合わせ、鴛泊フェリーターミナル・利尻空港間の無料送迎バスを運行しています(※)。空港や港からホテルまでの送迎バスの道中では利尻に来たことを実感できるひとときです。島の自然にも感動することでしょう。

※無料送迎は事前予約制
※前日までの連絡が必要

売店も充実

アイランド イン リシリには、ホテルショップ「ショップ リイシリ」があります。利尻島の名産品や北海道の名産品を各種揃えています。産地直送や地方発送もできるのでお土産を選ぶのもピッタリでしょう。

2021年6月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

プランをもっと見る
掲載内容は執筆時点のものです。 2021/06/06−2021/06/08 訪問

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -