神社に史跡と公園!自然と歴史が調和する栃木「那須 乃木神社」

神社に史跡と公園!自然と歴史が調和する栃木「那須 乃木神社」

更新日:2021/07/21 15:08

服部 旅城のプロフィール写真 服部 旅城 歴史スポットライター
栃木県那須塩原市にある「那須 乃木神社」は、明治時代の軍人である乃木希典夫妻を祀る神社です。神社の北東には、栃木県の史跡に指定されている旧乃木別邸があり、周辺は公園として整備されているので史跡の拝観や散策を楽しむことができます。今回は、自然と歴史が調和する「那須 乃木神社」についてご紹介します。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、一部都府県に緊急事態宣言が発出され、不要不急の外出の自粛が求められています。加えて自治体独自での緊急事態宣言発出や、往来の自粛要請をしている場合があります。また施設によっては休業していることがあります。Go To トラベルキャンペーンについても全国で一時停止となっています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。外出の際はしっかりと感染予防対策をして行動しましょう。(トラベルjp)

「那須 乃木神社」について

「那須 乃木神社」について

提供元:那須 乃木神社

https://www.nasu-nogijinja.jp/地図を見る

「那須 乃木神社」は、大正5年(1916年)に創建され、乃木希典を御祭神として祀る神社です。乃木希典は、明治時代の軍人で乃木将軍とも呼ばれていました。学習院院長に任じられて皇孫迪宮裕仁親王殿下(昭和天皇)の養育を委ねられるなど教育者としても知られており、文武両道の神として祀られています。また、妻である静子夫人も夫婦和合の神として祀られています。

神社の参道の両側には、ソメイヨシノが植えられており、例年4月上旬から桜の花が咲き始めます。美しい桜の景色を楽しむことができますよ!

「那須 乃木神社」について

写真:服部 旅城

地図を見る

境内には、御手洗川(みたらしがわ)が流れており石橋を渡って参拝します。御手洗川は、蛇尾川上流の蟇沼(ひらぬま)を水源とする用水で、たくさんの湧水を含んでいるため透明度が高く、とても綺麗な川です。

「那須 乃木神社」について

提供元:那須 乃木神社

https://www.nasu-nogijinja.jp/地図を見る

拝殿・本殿は、大正5年(1916年)に建てられた建物で、拝殿屋根は令和2年(2020年)に葺き替え工事を行いました。「那須 乃木神社」は、文武両道、夫婦和合、必勝、子育てなどのご利益があると言われています。

旧乃木別邸と乃木公園

旧乃木別邸と乃木公園

提供元:那須 乃木神社

https://www.nasu-nogijinja.jp/地図を見る

神社の北東には、乃木夫妻が滞在した旧乃木別邸があり、栃木県の史跡に指定されています。明治24年(1891年)、田畑と山林をあわせて約14ヘクタールの土地と家屋を譲り受けて母屋を新築し、農耕に従事しました。現在の母屋は、平成5年(1993年)に復元されたものです。別邸は、拝観することができるので当時の生活の様子を知ることができますよ。

・旧乃木別邸の拝観時間:8時〜16時、拝観料:無料

旧乃木別邸と乃木公園

写真:服部 旅城

地図を見る

別邸の周辺は、公園として整備されています。静子夫人にちなんで名付けられた静沼という池があり、鯉や鴨などがいて、とても癒されます!ベンチなど休憩場所もあるので参拝の際に訪れてみてはいかかでしょうか。

旧乃木別邸と乃木公園

写真:服部 旅城

地図を見る

公園内には、乃木清水と呼ばれる湧泉があります。明治天皇より別邸の誇りとするものを尋ねられた際、この清水と答えたそうです。とても綺麗な水で湧泉から流れる小川には、ノギカワモズクという貴重なモズクが生息しています。遊歩道があるので森林浴を楽しみながら気持ちよく散策できますよ!

乃木将軍と殿号

乃木将軍と殿号

写真:服部 旅城

地図を見る

境内にある神馬舎には、殿号(しんがりごう)という馬の像と乃木将軍のパネルがあります。殿号は、皇太子時代の大正天皇から賜った馬で「殿下」にちなんで名付けられました。乃木将軍もマスクをしています!

乃木将軍と殿号

写真:服部 旅城

地図を見る

殿号は別邸で亡くなり、静子林の石碑の下に埋葬されました。神社から別邸に向かう道にある林は、静子夫人が農作業のかたわら手仕事をして得たお金で杉苗を買い求めて植えたことから静子林と呼ばれています。

御朱印、古蹄鉄!

御朱印、古蹄鉄!

写真:服部 旅城

地図を見る

御朱印は、乃木将軍の軍服姿や農耕に従事している姿が描かれた御朱印を頂くことができます。境内にある生駒神社の御朱印も頂けますよ。

・乃木将軍の御朱印(直書き・書き置き):初穂料 1,000円
・生駒神社の御朱印(直書き・書き置き):初穂料 500円
※御朱印受付時間:9時〜17時

御朱印、古蹄鉄!

写真:服部 旅城

地図を見る

こちらは、月ごとに絵柄が替わる慎獨(しんどく)御朱印。7月は、朝顔が描かれた鮮やかな御朱印です。慎獨は、乃木将軍が座右の銘とした言葉で「自分一人の時、誰の目が無くとも身を慎み、心を正しく持つこと」という意味です。
その他にも限定御朱印などもありますのでチェックしてましょう!

・慎獨御朱印(直書き・書置き):初穂料 1,000円

御朱印、古蹄鉄!

写真:服部 旅城

地図を見る

古蹄鉄は、災いを退けて幸運を招くと言われています。地方競馬教養センターより頂いた蹄鉄を清めてお祓いをしたもので、神棚に御札と一緒に飾ったり、玄関外側の上部にU字型になるように飾りましょう!

・古蹄鉄:初穂料 1,000円

神社の境内でゲンジボタルを見かけたり、樹木に鷹が巣を作って子育てをするなど自然と歴史が調和する「那須 乃木神社」にぜひ訪れてみてください!

那須 乃木神社の基本情報

住所:栃木県那須塩原市石林795
電話番号:0287-36-1194
駐車場:あり(無料)
アクセス:東北自動車道「西那須野塩原IC」から車で約10分

2021年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2021/04/18−2021/07/01 訪問

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -