プールだ!花火だ!「西武園ゆうえんち」でニッポンの夏を叫ぼう

プールだ!花火だ!「西武園ゆうえんち」でニッポンの夏を叫ぼう

更新日:2021/07/22 14:15

Benisei Rinkaのプロフィール写真 Benisei Rinka 子連れトラベラー、小江戸川越の魅力伝道師
2021年5月、“心あたたまる幸福感”をコンセプトにリニューアルオープンした、埼玉県所沢市の「西武園ゆうえんち」が、2021年7月15日〜9月5日までド迫力の夏イベントを毎日開催!夏定番のお楽しみ“プール”や“花火”も、「西武園ゆうえんち」ではゲスト参加型のエンタテインメントショーに。
1960年代の昭和の町並みを再現した“夕日の丘商店街”に飾られた1000個以上の提灯は圧巻です!

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、一部都府県に緊急事態宣言が発出され、不要不急の外出の自粛が求められています。加えて自治体独自での緊急事態宣言発出や、往来の自粛要請をしている場合があります。また施設によっては休業していることがあります。Go To トラベルキャンペーンについても全国で一時停止となっています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。外出の際はしっかりと感染予防対策をして行動しましょう。(トラベルjp)

リニューアルが大好評!「西武園ゆうえんち」

リニューアルが大好評!「西武園ゆうえんち」

写真:Benisei Rinka

地図を見る

2021年5月、「西武園ゆうえんち」は、“心あたたまる幸福感”をコンセプトに、懐かしい非日常感を体験できる場所に生まれ変わりました。大きな見どころは3つ。

1960年代の昭和の町や人を細部にまでこだわって再現した「夕日の丘商店街」では、そこに住んでいるかのようなフレンズクルーとのコミュニケーションやショーを楽しめるほか、その空間すべてが昭和レトロなインスタ映えスポットに。

また、世界初となるゴジラをテーマとした常設ライド・アトラクション「ゴジラ・ザ・ライド 大怪獣頂上決戦」は、息つく暇もないほどスリリングで、超絶大興奮!そして、これまた世界初、鉄腕アトムやジャングル大帝など、手塚治虫氏のキャラクターをテーマとしたファミリーエリア「レッツゴー!レオランド」では、心がほっこりとするような時間を過ごせますよ。

リニューアルが大好評!「西武園ゆうえんち」

写真:Benisei Rinka

地図を見る

西武園ゆうえんちでは、プールエリアや自動販売機、コインロッカーなどをのぞき、独自の“西武園通貨”のみ使用可能。ジャングル大帝のキャラクターが描かれたお札で、非日常体験を楽しめます。

それでは、2021年7月15日から9月5日までの53日間、毎日開催される夏イベントをご紹介しましょう。

水鉄砲を持っていこう!「大水合戦」開催

水鉄砲を持っていこう!「大水合戦」開催

提供元:西武園ゆうえんち

https://www.seibu-leisure.co.jp/amusementpark/inde…地図を見る

プールエリアでは、従来のプールのイメージを覆すゲスト参加型エンターテイメントショー「大水合戦(だいみずがっせん)」を開催。

水上に建てられたステージでは、“夕日の丘商店街”1丁目と2丁目の住人達によるダンスバトルから、大小13台ものウォーターキャノンによる水合戦が始まります。巨大な水柱や炎柱など大迫力の演出の中、水合戦はステージを飛び出し、波のプールで遊ぶゲストにも。ゲストも2チームに分かれてバトル開始!大量に飛び交う水にまみれ、暑い夏を吹き飛ばす爽快感抜群の体験ができます。

<大水合戦>
開催場所:波のプール
開催日時:期間中毎日 11時30分〜/14時〜
ショー時間:約20分

水鉄砲を持っていこう!「大水合戦」開催

写真:Benisei Rinka

地図を見る

西武園ゆうえんちのプールエリアには、「大水合戦」の行われる“波のプール”の他、幅12m、1周500mの大きな“流れるプール”、水深30cmで噴水シャワーを楽しめる“こどもプール”があります。写真の“おふねのプール”は温水なので、冷えた体を温めるのにいいですね。そして、専用チューブで滑走する全6コースのウォータースライダー「大回転!急流すべり台」もあるので、全コース制覇してみてくださいね。

プールエリアには全7種類の有料席も。エリアやテーブルの有無などによって料金が変わるので、詳細は公式サイトをご確認ください。

水鉄砲を持っていこう!「大水合戦」開催

写真:Benisei Rinka

地図を見る

“波のプール”の近くには、焼きそばやかき氷、生ビールなどを提供する「屋台村」、醤油ラーメンやカレーライスなどを提供する「海浜食堂」があります。「海浜食堂」のおすすめは、たこ焼き・焼きそば・唐揚げという、みんな大好きなメニューがてんこ盛りになった“でか桶盛り(1200円)”。とてもボリューミーなので、数人でシェアするのがオススメです。

プールサイドでオシャレに過ごすなら、写真の「金魚鉢フルーツポンチ」はいかがですか?“流れるプール”のプールサイドにある「ビーチキッチン」で購入できます。

赤く染まった「夕日の丘商店街」で祭り気分を満喫

赤く染まった「夕日の丘商店街」で祭り気分を満喫

写真:Benisei Rinka

地図を見る

プールで遊んだ後は、専用のゲートを通り遊園地エリアへ。

夕日の丘商店街では、毎日18時30分になると一斉に提灯が点灯し、陽気な祭囃子が聞こえてきます。1000個以上もの真っ赤な提灯が商店街を包み込み、一気に幻想的な雰囲気に。これぞ“ニッポンの夏”“ニッポンの祭”ともいえる、懐かしさ溢れる「大夏祭り」の始まりです。

赤く染まった「夕日の丘商店街」で祭り気分を満喫

写真:Benisei Rinka

地図を見る

祭囃子を聞きながら、かき氷や焼もろこし、お団子、ポン菓子など、お祭り気分高まるグルメを楽しみましょう。また、商店街の真ん中あたりにある「西岡球技場」ではピンボール、その隣では射的も挑戦できますよ。

赤く染まった「夕日の丘商店街」で祭り気分を満喫

写真:Benisei Rinka

地図を見る

夕日の丘商店街入口にある「駄菓子 夢見堂」では、紙風船や竹とんぼ、風車などの昔懐かしいおもちゃや、3個10園で買える駄菓子のお買い物ができます。西武園通貨は当日限り有効なので、グルメや射的などを楽しんだ後に余った通貨を使い切るのに便利!

花火の密度がすごい!圧巻の「大火祭り」

花火の密度がすごい!圧巻の「大火祭り」

写真:Benisei Rinka

地図を見る

日が落ちて少し涼しくなったら、手塚治虫氏のキャラクターをテーマにした「レッツゴー!レオランド」へ移動しましょう。ここでは、毎日19時30分から約20分にわたり、いまだかつてないド迫力の花火ショー「大火祭り(だいひまつり)」が開催されます。

花火の密度がすごい!圧巻の「大火祭り」

写真:Benisei Rinka

地図を見る

西武園ゆうえんちの花火ショーは、普通の花火大会とは全く違い、ダンスあり、太鼓あり、水鉄砲ありの、ゲストを巻き込む新しいエンターテイメント!

「レッツゴー!レオランド」全体が、入場無料の一般ゲスト観覧エリアになりますが、設置されたステージ前の一部エリアは、混雑時も入場確約の“特別観覧エリア(スタンディング)”に設定されています。びしょ濡れになりながら大熱狂したい方はこちらへ。

また、食事などと一緒に「大火祭り」を楽しみたい方は、テーブル席“特別観覧席”の予約も可能です。

<各料金>
・特別観覧エリア:土休日 2000円、平日 1500円
・特別観覧席:土休日 3000円、平日 2500円

花火の密度がすごい!圧巻の「大火祭り」

写真:Benisei Rinka

地図を見る

音楽とシンクロして、0.03秒単位で次々と花火が打ちあがり、夜空を埋め尽くす「大火祭り」は、花火を観るというよりも“花火の中にいる”という感覚。

そして、大人気アトラクション「ゴジラ・ザ・ライド 大怪獣頂上決戦」とコラボレーションし、ゴジラをテーマにした花火が登場します。ショーが最高潮に盛り上がったところで、突如サイレンが鳴り響き、ステージは真っ赤なライトで包み込まれます。
ゴジラの熱線をイメージした、無数の青白い柱状の花火や、ゴジラの宿敵“キングギドラ”をイメージした黄金に輝く花火など、ゲスト達は一気にゴジラの世界観へ引き込まれます。

<大火祭り>
開催場所:レッツゴー!レオランド
開催日時:期間中毎日 19時30分〜
ショー時間:約20分
※悪天候、その他の理由によりショーを中止する場合があります。

「西武園ゆうえんち」で日本の夏を遊びつくそう!

5月にリニューアルオープンして以来、訪れるゲストに“心あたたまる幸福感”を提供し続けてきた「西武園ゆうえんち」。夏イベント開催中は、通常の1日レジャー切符でプールも利用できます。ぜひ、非日常感たっぷり、ド迫力・大興奮の渦に巻き込まれに行ってみてくださいね。

2021年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどで確認してください。

TM&(C)TOHO CO., LTD.
(C)TEZUKA PRODUCTIONS

掲載内容は執筆時点のものです。 2021/07/13 訪問

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -