標高2000mのドライブ!空に一番近い国道志賀草津高原ルート

| 長野県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

標高2000mのドライブ!空に一番近い国道志賀草津高原ルート

標高2000mのドライブ!空に一番近い国道志賀草津高原ルート

更新日:2012/10/15 13:56

高橋 しゅうのプロフィール写真 高橋 しゅう 総合旅行業務取扱管理者、総合旅程管理主任者

山々のパノラマを見ながら大自然の中のドライブは楽しいですよね。各地に山岳ドライブルートがある中でのお勧めは、長野県湯田中・渋温泉郷と群馬県草津温泉の観光地を結ぶ国道292号線・通称「志賀草津高原ルート」です。
全長40数キロのこのルートは有名な山岳道路ですが、魅力は標高の高い場所を走るので雄大な山々のパノラマを見ながら爽快なドライブが手軽に楽しめ、さらには日本国道最高所を通ることにもあります。

志賀高原の秋・森と池が織りなす錦秋美

志賀高原の秋・森と池が織りなす錦秋美

写真:高橋 しゅう

地図を見る

志賀草津高原ルート(志賀草津道路)の長野県側から紹介します。
ドライブルートは長野県山ノ内町の渋・湯田中温泉郷の標高600m付近から森の中を縫うように途中ループ橋を通りながら、ぐんぐん標高を上げて志賀高原へ向かいます。

志賀高原は標高1500m〜2000m付近に位置し、春は残雪と新緑、夏は避暑に、秋は紅葉、冬はスキーと四季を通じて楽しめる観光スポットでもあります。また高原には森の中に数多くの池が点在し、池を巡りながらのハイキングも人気です。

ドライブルート沿いにも「一沼」「琵琶池」「蓮池」「木戸池」等々の池があり気軽に散策を楽しむことができます。そして秋の紅葉シーズンには池と森が織りなす美しい錦秋美が楽しめ、多くのカメラマンがカメラを向けています。

写真は標高1,600m付近の「木戸池」です。(2012年10月10日撮影)

長野県横手山麓「のぞき」から志賀高原と信州の山々の大パノラマ

長野県横手山麓「のぞき」から志賀高原と信州の山々の大パノラマ

写真:高橋 しゅう

地図を見る

志賀高原の池や湿原、沿道の山小屋風のホテルを見ながら道はさらに標高を上げていき、やがて2000mを超えて進みます。そして県境にまたがる横手山が近づくと長野県側のパノラマ眺望ポイント「のぞき」に着きます。

ここからは長野県側の眺望を楽しむことができます。眼下には志賀高原と森の中の志賀草津高原ルート、正面には山上の尖った笠岳がそびえます。天気の良い日には遠くに長野市内、さらには北アルプスの山並みを眺望する大パノラマを楽しむことができます。

よりもっと高い所からのパノラマを楽しみたい方には標高2305mの横手山山頂へ、ここからスカイレーターとリフトを乗り継いで行くこともできます。

空が近い!雲に手が届く山岳ルート

空が近い!雲に手が届く山岳ルート

写真:高橋 しゅう

地図を見る

写真中央の下側が「志賀草津高原ルート」で、雲がかかり始めている横手山の麓を通っています。写真左側の長野県志賀高原側から雲が迫ってきているところで、右側は群馬県側です。こちらも青空の下に道路と同じような高さに雲が見えています。

標高2000m以上の高い場所を通りますので、雲と同じ目線や雲の中を走る時もあれば、条件によっては眼下に雲が広がる雲上のドライブを楽しめることもあります。

もっともあまり雲ばかりでは眺望が楽しめず困りますよね。

「日本国道最高地点」標高2,172mを行く

数ある国道の中の日本最高地点が、ここ国道292号線「志賀草津高原ルート」(志賀草津道路)にあります。場所は群馬県と長野県の県境の渋峠から少し群馬県寄りに位置し、そこには石碑が建ち駐車スペースがありますので多くの方々が車を停めて、石碑をバックに記念写真を撮ったりされています。

尚、手前の渋峠にある「渋峠ホテル」は県境上に建つ珍しいホテルでここでは「日本国道最高点到達証明書」を発行してもらえます。(100円)

ここが国道の中で空に一番近い地点です。ちなみに標高第2位は長野県佐久穂町を通る国道299号線通称「メルヘン街道」の麦草峠付近の標高2,127mとなります。

「日本国道最高地点」標高2,172mを行く

写真:高橋 しゅう

地図を見る

日本国道標高最高地点から群馬県草津方面へ

日本国道標高最高地点から群馬県草津方面へ

写真:高橋 しゅう

地図を見る

ここからは群馬県側の大パノラマを楽しむことができます。近くの湯釜で有名な白根山、その向こうに浅間山、そして上州の山々、さらに見通しが良い時には遠くに富士山も望むことができます。また眼下には草津温泉の旅館街、湿原が美しい芳ケ平の風景が広がります。

この辺りの渋峠付近を境に日本海と太平洋側の分水嶺にもなっていますので、群馬県側と長野県側で天候が違っていることもあります。

長野県側から来ますと、ここからは群馬県草津温泉へ向けて道が下って行きます。草津温泉が標高約1,200m前後ですので標高差約1,000mをぐんぐん下りて行きます。途中には少し道路からそれますが万座温泉、白根火山等の見どころがありますので、寄り道しながら名湯草津温泉へ向かうと良いと思います。



志賀草津高原ルート(志賀草津道路)は、沿道に森や池が美しい高原、山々の大パノラマが楽しめる展望台、日本国道最高地点、白根火山等の見どころや、多くの温泉も点在している人気の山岳観光道路です。信州・群馬観光のルートに組み入れて爽快なドライブを楽しんで下さい。

また車が無くても湯田中駅〜志賀高原〜渋峠〜白根火山の区間で長野電鉄バスが、白根火山〜草津温泉まではJRバス等の3社が共同運行していますので乗り継いで路線バスの旅も楽しめます。

尚、標高の高い山岳ルートですので渋峠を境に11月中旬〜4月下旬の冬期間は一部区間は冬期閉鎖になり長野から群馬への通り抜けはできなくなります。お出かけの際は道路状況を確認下さい。
但し、長野県側は横手山まで冬はスキー場になりますので白銀のパノラマを楽しみながらのスキーもできます。


志賀草津高原ルート(志賀草津道路)の道路状況
「志賀高原観光協会」「草津温泉観光協会」「長野県北信建設事務所」等のホームページから確認、またはお問い合わせ下さい。

路線バス
湯田中駅〜志賀高原〜渋峠〜白根火山 長電バス
所要時間1時間15分(通しの場合) 大人1,600円(通しの場合)
2012年運行期間は白根火山へは11月4日まで

白根火山〜草津温泉 JR・草軽交通・西武高原バス
所要時間30分 大人1,100円(子供半額)
2012年運行期間は11月11日まで(西武高原バスは10月28日まで)

掲載内容は執筆時点のものです。 2012/10/11 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -