黒岳の絶景散歩も!秋の北海道「層雲峡」周辺の紅葉スポット巡り

黒岳の絶景散歩も!秋の北海道「層雲峡」周辺の紅葉スポット巡り

更新日:2021/10/05 15:16

大谷 修一のプロフィール写真 大谷 修一 北の風水師、北海道のグルメ・温泉・パワースポットの達人
日本で一番早く紅葉が始まる北海道の大雪山連峰。9月初旬に色付きはじめた木々の紅葉は主峰、旭岳・黒岳から山を下り、10月初めには層雲峡の渓谷一帯を鮮やかに彩ります。今回は皆さんを層雲峡と黒岳の「紅葉絶景スポット」を紹介し、あわせて紅葉狩りの拠点ともなる層雲峡温泉の朝陽リゾートホテルにご案内します。

昨今の状況により、施設等の営業日や営業時間などに変更が生じている場合があります。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、Go To トラベルキャンペーンについては全国で一時停止となっています。お出かけの際はしっかりと新型コロナウイルスの感染予防および拡大防止対策をして行動しましょう。(トラベルjp)
プランをもっと見る

紅葉スポットその1:層雲峡「銀河・流星の滝」

紅葉スポットその1:層雲峡「銀河・流星の滝」

写真:大谷 修一

地図を見る

層雲峡でまず最初に訪れたいのが、紅葉のイチオシ名所「流星・銀河の滝」。旭川から北見に向かう国道39号線を進み、層雲峡の温泉街をそのまま通過。その先にあるトンネル手前の青看板を右折し、駐車場に向かいましょう。

車を降りていきなり目に飛び込んでくるのが、紅葉に彩られた断崖絶壁を豪快に流れ落ちる滝の光景。これが層雲峡の名物「流星の滝」と「銀河の滝」です。

紅葉スポットその1:層雲峡「銀河・流星の滝」

写真:大谷 修一

地図を見る

この二本の滝は「日本の滝100選」にも選ばれている名瀑です。柱状節理の絶壁から流れ落ちる滝は、新緑の春、深緑の夏、そして凍結して氷瀑となった白銀の冬と四季折々で姿を変え、そこを訪れる観光客の目を楽しませてくれます。

その中でも、やはり秋が一番。「奇岩を彩る紅葉と滝を流れ落ちる水」という絵画のような絶景に魅了されることでしょう。また運が良ければ「滝にかかる虹」のファンタスティックな風景に出会うことができるかも。

紅葉スポットその1:層雲峡「銀河・流星の滝」

写真:大谷 修一

地図を見る

時間があるなら、「滝ミンタラ」と呼ばれる休憩所の裏から遊歩道を登り、「双爆台」まで足をのばしてみましょう。

坂道を登ることおよそ20分で展望台に到着。ここからは右手の「流星の滝」と左手の「銀河の滝」を同時に眺めることができます。直線的に豪快に落下する「流星の滝」を男性の力強さ・陽のエネルギーとすれば、優しい曲線を描きながら舞うように流れる「銀河の滝」は女性の優しさ・陰のエネルギー。ここで思いっきり深呼吸を行い、二つの滝から来る「陽と陰のエネルギー」を存分に取り込んでください。

<銀河・流星の滝の基本情報>
住所:北海道上川郡上川町層雲峡温泉
電話番号:01658-2-1811(層雲峡観光協会)
駐車場:無料

紅葉スポットその2:層雲峡温泉街と紅葉谷

紅葉スポットその2:層雲峡温泉街と紅葉谷

写真:大谷 修一

地図を見る

黒岳山頂から始まった紅葉前線は秋の深まりとともに山を下り、10月に入ると層雲峡の温泉街全体を鮮やかな「秋の彩り」で包みます。

紅葉スポットその2:層雲峡温泉街と紅葉谷

写真:大谷 修一

地図を見る

その背後には、紅葉に彩られた黒岳の姿も。「神々が遊ぶ庭」アイヌ語ではカムイミンタラと呼ばれる「層雲峡の守護神」も秋の装いをまとい、普段の勇壮な姿から「優しい秋の山」に姿を変えて旅人たちを迎えてくれます。

紅葉スポットその2:層雲峡温泉街と紅葉谷

写真:大谷 修一

地図を見る

層雲峡温泉エリアでハズせない紅葉スポットが紅葉(もみじ)谷です。黒岳ロープウェイ駅舎前からホテル朝陽亭に向かう坂道を800m、歩きでもおよそ10分で到着。紅葉谷というその名に違わず頭上一面は赤と黄色の極彩色の木々に覆われており、「紅葉の通り抜け」を体験できます。

なお、令和4年9月18日から10月17日に紅葉谷を会場として光のイベント「奇跡のイルミネートW」が開催され、18時から21時の間、紅葉のライトアップやプロジェクションマッピング投影で谷一帯が神秘的な雰囲気に包まれます。層雲峡秋の旅を計画するなら、ぜひこちらも予定に入れておきたいものですね。

<層雲峡温泉街と紅葉谷の基本情報>
住所:北海道上川郡上川町層雲峡温泉
電話番号:01658-2-1811(層雲峡観光協会)
駐車場:無料

紅葉スポットその3:黒岳ロープウェイとリフトで紅葉狩り登山!

紅葉スポットその3:黒岳ロープウェイとリフトで紅葉狩り登山!

提供元:大雪山層雲峡黒岳ロープウェイ

https://www.rinyu.co.jp/kurodake/地図を見る

温泉街周辺の「下界の紅葉」を充分に堪能したら、次は紅葉絶景スポットの真打ち「神々が遊ぶ庭・大雪」の紅葉を求めて、さあ、黒岳ロープウェイの乗り場へ!

ロープウェイの山麓駅から終点まではわずか7分。窓から見える紅葉を楽しんでいると、あっという間に五合目の黒岳駅に到着してしまいます。

紅葉スポットその3:黒岳ロープウェイとリフトで紅葉狩り登山!

写真:大谷 修一

地図を見る

5合目駅に着いたら、降り場から続く階段を上って屋上の展望台まで行きましょう。

展望台から下界を見下ろせば紅葉に囲まれた温泉街の風景が、また反対方向を見上げれば黒岳を筆頭に桂月岳、凌雲岳といった大雪連峰の山々が錦を競い合っています。その絶景をデジカメやスマホに収め、SNSに投稿すれば「いいね!」が続出かも。

紅葉スポットその3:黒岳ロープウェイとリフトで紅葉狩り登山!

写真:大谷 修一

地図を見る

展望台からの絶景を満喫したあとは、リフトに乗ってさらなる「空中の紅葉散歩」を楽しみましょう。

「錦の絨毯」の上を滑空するペアリフトは、およそ15分で皆さんを7合目まで連れて行ってくれます。正面から徐々に迫りくる「紅葉の黒岳」の姿に圧倒されながら、ついに標高1520mの地点に到達!リフトに乗ってお手軽に「紅葉狩り登山」を楽しむことができます。

<層雲峡・黒岳ロープウェイの基本情報>
住所:北海道上川郡上川町層雲峡温泉
電話番号:01658-5-3031(黒岳ロープウェイ)
駐車場:無料

層雲峡の「紅葉狩りステイ」は朝陽リゾートホテルで

層雲峡の「紅葉狩りステイ」は朝陽リゾートホテルで

提供元:朝陽リゾートホテル

https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m…地図を見る

層雲峡の「紅葉狩りステイ」でおすすめの宿が朝陽リゾートホテルです。層雲峡の渓谷をバックにたたずむホテルは「おしゃれな山岳リゾート」の雰囲気がいっぱい。お部屋もゆったりとした和室に加えてツインベッドを備えた和、洋モダンの部屋も選べ、窓から眺める渓谷の紅葉を味わいながらゆったりとした時間を過ごすことができます。

層雲峡の「紅葉狩りステイ」は朝陽リゾートホテルで

写真:大谷 修一

地図を見る

お食事は「山岳リゾート」にこだわったレストラン「ル・マッターホルン」で、国際色豊かなバイキングが準備されています。

スイスのチーズ料理をはじめフランスのアルザスやバスク地方の郷土料理、ドイツのソーセージやじゃがいもを使ったメニューなど、カラフルな国旗の前にずらりと並べられた料理を見ているだけで食のテンションもあがってきます。もちろん地元の新鮮な素材を使った北海道料理や大人気のジンギスカン、ラーメンも要チェックですよ。

層雲峡の「紅葉狩りステイ」は朝陽リゾートホテルで

写真:大谷 修一

地図を見る

温泉好きにとって何より一番嬉しいのが、こんこんと湧き出る2種類の源泉掛け流しの湯。「川の囁き」と名付けられた大浴場は赤茶色の湯(ナトリウム-炭酸水素塩温泉)が、また「鳥の声」と称する浴場は赤茶色の湯に加えてワイルドな硫黄臭が漂う白濁の湯(含硫黄-ナトリウム-炭酸水素塩温泉)が湧出しています。各浴場はそれぞれ風情溢れる露天風呂がついており、名湯に身を委ねながら贅沢な「温泉入浴紅葉狩り」を楽しむことができます。

眺望よし、食良し、そして2種のお湯を味わいながら紅葉を満喫できる・・・そんな層雲峡は、そしてここ朝陽リゾートホテルは「神々が遊ぶ庭」ならぬ「旅人たちが遊ぶ庭」と言えるかも知れませんね。

<朝陽リゾートホテルの基本情報>
住所:北海道上川郡上川町層雲峡温泉
電話番号:0570-026572
駐車場:無料

朝陽リゾートホテルのお役立ち情報

朝陽リゾートホテルでは、札幌駅北口および旭川(スマイルホテル旭川)から、宿泊者を対象とした無料送迎バス(予約必要)を運行してます。運行日については、シーズンおよび状況によって変わりますので、発着時間などの詳細情報は下記関連メモでご確認ください。

2021年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2020/10/21−2021/09/22 訪問

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -