登山口で絶景紅葉狩り!石川・県道白山公園線沿いの紅葉スポット3選

登山口で絶景紅葉狩り!石川・県道白山公園線沿いの紅葉スポット3選

更新日:2021/09/23 15:55

てっぴいのプロフィール写真 てっぴい 国内専門の絶景旅ブロガー
富士山、立山などとともに「日本三霊山」としても知られる標高2,702mの山・白山。石川県ならびに北陸地方を代表する名峰でもありますが、秋の季節になれば、山の上から山麓まで、見事な紅葉の絶景を楽しむことが出来ます。今回はそんな白山エリアで、山麓にある白峰集落と白山の登山口とを結んでいる県道白山公園線沿いで楽しめる紅葉スポットについて、一挙にまとめて3地点、ご紹介しましょう!

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、一部都府県に緊急事態宣言が発出され、不要不急の外出の自粛が求められています。加えて自治体独自での緊急事態宣言発出や、往来の自粛要請をしている場合があります。また施設によっては休業していることがあります。Go To トラベルキャンペーンについても全国で一時停止となっています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。外出の際はしっかりと感染予防対策をして行動しましょう。(トラベルjp)

これが“本気”の白山の紅葉だ!別当出合登山口付近の紅葉

これが“本気”の白山の紅葉だ!別当出合登山口付近の紅葉

写真:てっぴい

地図を見る

手取川ダムを抜け、白峰の集落で国道から分かれて、白山の登山口である別当出合登山口へと至る石川県道33号白山公園線。まずは、県道を車でぐんぐん登って行って、終点である別当出合登山口を目指しましょう!

途中、標高830m地点にある市ノ瀬ビジターセンターを通り過ぎ、なおも終点の登山口まで向かっていると、何やら途中で視界が一気に開けて…?

上にある写真の通り、これが白山の紅葉です。美しい山の稜線とともに、山の斜面一面を彩る鮮やかな紅葉!これこそまさに、山全体が“燃えるように”紅葉しているという表現がピッタリな、実に素晴らしい紅葉です。

これが“本気”の白山の紅葉だ!別当出合登山口付近の紅葉

写真:てっぴい

地図を見る

別当出合登山口の駐車場から見られる紅葉が、このレベルの見事な絶景!鮮やかに木々が染まる赤や黄色の紅葉も目を引きますが、いっそう紅葉を美しく見せているのが、山の上にうっすら積もった雪景色です。

秋深まる様子が、まさに1つの景色に凝縮されたかのような素晴らしい光景ですが、これこそが白山。北陸地方に冬場押し寄せる雪雲を一身に受けるため、冬季は最大で積雪が10メートル以上にもなると言われています。

麓の金沢市街などからでも、ほとんど1年中、山頂付近が雪で白く覆われている様子が見えることから、“白い山”として、名前の由来になったとも一説には言われています。それほどに雪とは縁が深い山なのです。

これが“本気”の白山の紅葉だ!別当出合登山口付近の紅葉

写真:てっぴい

地図を見る

また、別当出合登山口を入口まで行けば、ご覧のような立派な吊り橋も架かっていますので、橋の上から紅葉を見渡すのもまたおススメ!橋を渡った先からは、山頂を目指す本格的な登山道へといよいよ入っていきますので、紅葉狩りを楽しむ際には、こちらの吊り橋までで留めておくと良いでしょう。

<別当出合登山口の基本情報>
住所:石川県白山市白峰
アクセス:金沢市街から車で約1時間半

市ノ瀬ビジターセンター周辺で紅葉を楽しむ!白山展望台

市ノ瀬ビジターセンター周辺で紅葉を楽しむ!白山展望台

写真:てっぴい

地図を見る

終点の別当出合登山口から戻って車でおよそ15分ほど。続いて紹介するのは、白山登山の重要な拠点でもある市ノ瀬ビジターセンター周辺で楽しめる絶景紅葉スポットの紹介です!

本格的な登山シーズンには、市ノ瀬ビジターセンターから先程の別当出合登山口までマイカー規制が敷かれるので、シャトルバスの発着点にもなっている市ノ瀬ビジターセンター。周辺には散策やトレッキングを楽しめるコースが幾つか整備されていて、市ノ瀬ビジターセンターの目の前にあるトレッキングコースから30分ほど歩いた山の高台にあるのが、白山展望台と呼ばれる絶景スポットになります。

市ノ瀬ビジターセンター周辺で紅葉を楽しむ!白山展望台

写真:てっぴい

地図を見る

白山展望台へと至るトレッキングコースの途中でも、秋の風景に彩られる美しい自然の光景を楽しむことが出来ます!なので、展望台へと向かう足取りも心なしか軽やかになること間違いなし!

段落冒頭の写真でも紹介していますが、白山展望台からは、白山の主峰である標高2,702mの御前峰や標高2,684mの大汝峰が非常にクリアーに見えます。歩いて登った先に見える白山と紅葉の景色は感動もひとしおでしょう。

<白山展望台の基本情報>
住所:石川県白山市白峰
アクセス:金沢市街から車で約1時間半(市ノ瀬ビジターセンターから徒歩約30分)

自然が作った大迫力の地形とともに!「百万貫の岩」の紅葉

自然が作った大迫力の地形とともに!「百万貫の岩」の紅葉

写真:てっぴい

地図を見る

市ノ瀬ビジターセンターと白峰集落の間にある「百万貫の岩」という観光スポット。ラストに紹介するおススメ紅葉スポットはこちらの百万貫の岩から!“百万貫”という名前の通り、重さは何と4,839トンもあり、実際に百万貫を越える大岩です。

紅葉は、特に県道沿いに設けられた百万貫の岩の展望スポットから良く見ることが出来ます。実際に百万貫の岩がある手取川から見ると、展望スポットは少し高い所に位置しているため、遠くの山々まで秋一色に燃えゆく様子を実にハッキリと見渡すことが出来るのです!

その光景、“紅葉のじゅうたん”とはまさにこのこと!山の上から麓へと紅葉が駆け下りていく景色を目に焼き付けておくと良いでしょう。

自然が作った大迫力の地形とともに!「百万貫の岩」の紅葉

写真:てっぴい

地図を見る

そして、肝心の百万貫の岩がこちら。重さも計り知れないスケールのある百万貫の岩ですが、何と高さが16メートルあります!しかもこんな大岩が、過去の大洪水の際に上流から流されてここまで運ばれて来たんだと言うのですから、さらに驚きます。県道沿いの展望スポットから見ると小さく見えるかもしれませんが、写真の通り河原まで下りて間近で見ることも出来ます。

オフィスビル4階分にも相当する高さの巨石の迫力を感じながら、背景の山々が染まる紅葉を楽しんでいくと良いでしょう!

<百万貫の岩の基本情報>
住所:石川県白山市白峰
アクセス:金沢市街から車で約1時間20分(市ノ瀬ビジターセンターから車で約10分)

美しい白山の紅葉は県道沿いのあちこちで見られる!

今回の県道白山公園線沿いの紅葉スポットを紹介する記事はいかがでしたでしょうか?一番に視界が開けるのは、冒頭の段落で紹介した別当出合登山口付近になりますが、沿道ではその他の場所でも、美しく雪化粧した白山とともに紅葉の風景を楽しむことが出来ます!

また、終点付近から麓の白峰集落まで、標高差がかなりありますので、10月の半ばから11月の上旬にかけて、比較的長い間沿道での紅葉が楽しめるのもおススメポイントの1つです!

2021年9月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2020/10/31 訪問

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -