50周年!「世界で一番マジカルなセレブレーション」をウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートで体験

50周年!「世界で一番マジカルなセレブレーション」をウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートで体験

更新日:2021/11/17 16:49

リリアン ペレズのプロフィール写真 リリアン ペレズ 旅先案内人
世界中の人々から愛され続けている、フロリダの「ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート」。パークがオープンしたのは50年前、1971年10月1日のことです。

そのウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートでは、50周年を迎えた2021年10月1日から18ヶ月の間「世界で一番マジカルなセレブレーション」が開催されます。今回は50周年のセレブレーションでは実際に何が体験できるのかをご紹介します!

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。各種報道機関の発表や外務省、各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。(トラベルjp)

新しい2つのナイトショーと1つのデイタイムショー

新しい2つのナイトショーと1つのデイタイムショー

写真:リリアン ペレズ

地図を見る

10月1日の50周年記念日の初日から、マジックキングダム・パークとエプコットで、新しいナイトタイムスペクタキュラーがスタート!ディズニー・アニマルキングダムでもデイタイムショーがスタートしました。

マジックキングダム・パークでは、シンデレラ城とメインストリートUSAを舞台に「ディズニー・エンチャントメント」がデビュー。昔のディズニー映画から近年のディズニー映画の名シーンが次々と映し出され、ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートの50年間を象徴しているような迫力満点のショーになっています。

新しい2つのナイトショーと1つのデイタイムショー

写真:リリアン ペレズ

地図を見る

エプコットのワールド・ショーケース・ラグーンでは「ハーモニアス」がデビュー!今までエプコットのナイトショーにキャラクターが出て来ることはなかったのですが、ハーモニアスでは登場。ラグーンの中央にある5つのバージにキャラクターの映像が映し出されたり、映画の舞台になった国の言語で聞けるお馴染みのディズニー・ソングが楽しめたりするのはとても新鮮。

色鮮やかで迫力満点の「ハーモニアス」は、ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートだからこそ楽しめるショーと言えるでしょう。

新しい2つのナイトショーと1つのデイタイムショー

写真:リリアン ペレズ

地図を見る

ディズニー・アニマルキングダムのアジアエリアにあるディスカバリー・リバー・アンフィシアターで行われる「ディズニー・カイト・テール」はデイタイムに開催されているカイト(凧)ショー。

「ジャングル・ブック」と「ライオン・キング」の2つのストーリーを交互に楽しめます。巨大なカイトを眼前に見ると、思った以上の迫力!しかもそれが馴染みあるディズニーキャラクターとあっては、ショーの最初から最後まで目が離せません。

魔法の輝きが見られる「ビーコン・オブ・マジック」

魔法の輝きが見られる「ビーコン・オブ・マジック」

写真:リリアン ペレズ

地図を見る

ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートの4パークのシンボルも、50周年を祝う美しいライトアップ「ビーコン・オブ・マジック」により、いっそう輝きを放ちます。

夜になりパークのシンボルに魔法がかかる瞬間は、目の前で見ると溜息が出るほどの美しさ。マジックキングダム・パークではシンデレラ城にティンカー・ベルがピクシーダストをふり、お城全体に魔法が広がっていくような輝きが見られます。

魔法の輝きが見られる「ビーコン・オブ・マジック」

写真:リリアン ペレズ

地図を見る

ディズニー・ハリウッド・スタジオではハリウッド・タワー・ホテルが、ディズニー・アニマルキングダムではツリー・オブ・ライフが、そしてエプコットではスペースシップ・アースが輝きます。

ひときわ注目したいのはエプコット!他のパークのシンボルは過去にクリスマスなどでプロジェクションマッピングのショーが行われたことがありますが、スペースシップ・アースのライトアップは今回が初めて。大きな球体が光り輝く姿は流れ星が一箇所に集まったように見え、とても綺麗です。

しかもエプコットのライトアップは50周年のお祝いが終わっても残される予定!新しい見どころが増えるのは嬉しいですよね。

ミッキーとその仲間達が50周年の衣装で登場

ミッキーとその仲間達が50周年の衣装で登場

写真:リリアン ペレズ

地図を見る

ミッキー、ミニー、グーフィー、プルート、ドナルド、デイジー、チップとデールも50周年カラー「EARidescent」のコスチュームを着て登場!50周年コスチュームのミッキー達に会えるのはマジックキングダム・パークだけです。パーク開園のオープングセレモニー「Let the Magic Begin」ではみんな勢揃いで盛り上げてくれますよ。

みんな揃ってステージに上がる姿は他では見られないので、「必見リスト」に加える事をオススメします!

ミッキーとその仲間達が50周年の衣装で登場

写真:リリアン ペレズ

地図を見る

ミニ・パレード「ミッキー・セレブレーション・カバルケード」では50周年のセレブレーションの楽曲「マジック・イズ・コーリング」に合わせてキャラクターが登場します。テンポも良く、キャラクター達もノリノリ! 旅行中、ついつい口ずさんでしまうかもしれないくらい、馴染みやすい曲になっています。

ミッキーとその仲間達が50周年の衣装で登場

写真:リリアン ペレズ

地図を見る

「タウンスクエア・シアター」ではこの50周年のコスチュームを着たミッキーに会えます。2021年11月現在、残念ながらハグをしたりサインをもらう事はできません。ですが、ソーシャルディスタンスを取りながらでも特別なコスチュームを着たミッキーと一緒に撮る写真は、思い出の一枚になるでしょう。

50体の黄金の像

50体の黄金の像

写真:リリアン ペレズ

地図を見る

50周年のセレブレーションの一環で始まったのが「Fab 50 Character Collection」。人気キャラクター50体の黄金の像を4パークで見つける事ができます。

ミッキー、ミニー、ドナルド、デイジー、グーフィー、プルートのFab 50 Character Collectionの黄金の像は、マジックキングダム・パークのシンデレラ城前で見られます。マジックキングダム・パークには25体と1番多くのキャラクターの黄金の像があるので、ぜひ時間を作ってゆっくり探しに行ってみてください。

50体の黄金の像

写真:リリアン ペレズ

地図を見る

エプコットではミゲルとダンテ、ハリウッドスタジオではBB8、ディズニー・アニマルキングダムではシンバなど、それぞれのパークにはそのパークにちなんだキャラクターを見つけることができます。

パークの地図にはどこに誰がいるとは記載されていないので、黄金の像に会えた時の嬉しさは格別!隠れミッキーを見つけた時のようにワクワクします。

限定グッズやフードアイテム トランスポーテーション

限定グッズやフードアイテム トランスポーテーション

写真:リリアン ペレズ

地図を見る

ショーや黄金の像だけでなく、ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート50周年を更に盛り上げてくれるのはグッズ、フード、そしてトランスポーテーション。

「世界で一番マジカルなセレブレーション」という名のとおり、グッズもフードも普段より一段と可愛くなっています!50周年記念グッズは「セレブレーション・コレクション」「ディズニーキャッスル・コレクション」「ボールト・コレクション」「EARidescent・コレクション」「リュクス・ロゴ・コレクション」の5種。18ヶ月の間、続々と新作が販売されますので、期待が膨らみますね。

限定グッズやフードアイテム トランスポーテーション

写真:リリアン ペレズ

地図を見る

パークではもちろんのこと、各ホテルやディズニー・スプリングスでも50周年特別フードを試す事ができ、食事やドリンク、甘いデザートと種類も豊富。メニューには50周年のマークも入っていて分かりやすいので、ぜひ訪れた際は50周年特別メニューをお試しください。

限定グッズやフードアイテム トランスポーテーション

写真:リリアン ペレズ

地図を見る

50周年のお祝いの盛り上がりはパークやホテルだけでなく、その間を繋ぐトランスポーテーションでも感じる事ができます。全部が代わっているわけではないのですが、50周年テーマの柄のモノレール、バス、スカイライナーが走っているので、それに乗れたらとってもラッキー。

「ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート」の様々な場所で50周年のセレブレーションを体験できる2021年10月1日からの18カ月間は特別!ぜひこの期間に訪れてみてください。楽しい時を過ごせるはずです。

ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートの基本情報

住所:Walt Disney World Resort, Orlando, FL 32830
アクセス:オーランド国際空港よりUberなどライドシェアで約40分
※営業時間などは時期により変更になります。

2021年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

取材協力:ディズニー・ディスティネーション・インターナショナル

掲載内容は執筆時点のものです。 2021/09/27−2021/10/01 訪問

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -