京都を極める旅の入口「THE HOTEL HIGASHIYAMA」

京都を極める旅の入口「THE HOTEL HIGASHIYAMA」

更新日:2022/10/05 15:35

美里 茉奈のプロフィール写真 美里 茉奈 禁煙旅行推進ライター、素敵カフェ・レストラン発掘人
見どころ満載の京都・東山エリア。より充実した京都旅をしたい方にぴったりのホテルが、2022年7月に登場しました。

それが「THE HOTEL HIGASHIYAMA by Kyoto Tokyu Hotel」です。東山だけでなく、白川、四条・祇園も徒歩圏内。宿泊はもちろん、お食事や買い物でも立ち寄りたくなる魅力が満載のホテルをご紹介します。

粟田口・白川小学校跡地が生まれ変わったホテル

粟田口・白川小学校跡地が生まれ変わったホテル

写真:美里 茉奈

地図を見る

「THE HOTEL HIGASHIYAMA by Kyoto Tokyu Hotel」は、京都において「京都東急ホテル」から40年ぶりとなる東急ホテルズ2つ目のホテル。京都・東山の粟田神社のお隣に2022年7月に開業しました。

場所は、地下鉄・東山駅から徒歩4分の好立地。京都駅八条口から無料送迎バスが出ています。送迎バスは観光にも利用できますので移動もラクラクです。

粟田口・白川小学校跡地が生まれ変わったホテル

写真:美里 茉奈

地図を見る

エントランスから、しっとりとした仄暗さが東山の夜を思わせるロビーへ。奥に見えるのは中庭へのゲートです。夜10時まで開放しており、自由に入ることができます。

粟田口・白川小学校跡地が生まれ変わったホテル

写真:美里 茉奈

地図を見る

中央には月の満ち欠けを記した水盤がある中庭。桜や紅葉が植栽されており、四季折々の風景も楽しめる憩いの場となっています。かつてここにあった白川小学校の校庭を活かしたつくりです。

お抹茶も点てていただける和カフェ&バー

お抹茶も点てていただける和カフェ&バー

写真:美里 茉奈

地図を見る

ロビーフロアには、ほのかにお茶の香りが。「茶寮都路里」でも有名な「祇園辻利」がプロデュースするTea & Bar「Sarei(サレイ)」です。

中庭を背景にしたモダンなオープン和カフェで、メニューは、煎茶・玉露・ほうじ茶などの日本茶がメイン。ただし、お茶の香りを引き立てるため、コーヒーやフレーバーティーは提供していません。あくまでお茶を楽しむための場所なのです。

お抹茶も点てていただける和カフェ&バー

写真:美里 茉奈

地図を見る

こちらは、目の前で点てていただけるお抹茶。季節の和菓子がセットになっています。上質な抹茶のまろやかな風味と、控えめな甘さのお菓子でほっと一息。ホテルラウンジやカフェとはまた違う、ゆったりと癒される贅沢なひと時です。街歩きの休憩にもぜひ。

<Sarei produced by Gion Tsujiriの基本情報>
営業時間:10:00〜19:00
座席:12席

お抹茶も点てていただける和カフェ&バー

写真:美里 茉奈

地図を見る

「Craft Editions(クラフトエディションズ)」は、センスの良さに感嘆する品ぞろえで、一見の価値ありのセレクトショップです。

プロデュースは「京都伝統産業ミュージアム」。京都に息づく産業とその背景の紹介を通して、広く伝統産業の振興に取り組んでいます。伝統工芸の技を活かしながらも現代的にアレンジされた作品は、いずれも人気が高いそう。

「名店の味」がズラリ!感動レストラン「ナナノイチ」

「名店の味」がズラリ!感動レストラン「ナナノイチ」

写真:美里 茉奈

地図を見る

次は、京都観光のお楽しみのひとつ「食」も満たしてくれるレストラン「ナナノイチ」へ。こちらの織物アートを眺めながら、階段を降りていきましょう。

ロビーから地下の吹き抜けを彩る、印象的な織物アートは長さ15m。モチーフにかつての白川小学校の校章や校舎の図を取り入れ、この場所の歴史を感じさせてくれます。

「名店の味」がズラリ!感動レストラン「ナナノイチ」

写真:美里 茉奈

地図を見る

こちらは朝食の和朝食。一見ふつうの食事に見えますが、実は東山で人気の食材が一堂に会する贅沢な朝ごはんなのです。

例えば、ご飯は八坂神社の前でいつも行列の「八代目儀兵衛」の銀しゃり。お味噌は、三千家(表千家、裏千家、武者小路千家)で使用されていることで有名な宮川町「山利商店」の粒味噌を西京焼きに、赤味噌を赤だしに使用しています。

「名店の味」がズラリ!感動レストラン「ナナノイチ」

写真:美里 茉奈

地図を見る

おばんざいの器の下には「どのお店のものか」がわかるような楽しい仕掛けが。ここで「美味しい」と思ったものを、お店に買いに行く旅も楽しそう。ランチやディナーも人気なので、ぜひ味わってみてください。

<ナナノイチの基本情報>
営業時間:
朝食 7:00〜10:30(L.O.10:00)
ランチ 11:30〜15:00(L.O.14:00)
ディナー 17:00〜22:00(L.O. コース20:00、アラカルト21:00、ドリンク21:30)
座席:78席

客室は白川の水の流れとゆらぎのイメージ

客室は白川の水の流れとゆらぎのイメージ

写真:美里 茉奈

地図を見る

お部屋はスーペリア、プレミアム、エグゼクティブ、スイートルームの4種類。

こちらはスーペリアダブルです。こちらのホテルはくつろぎへのこだわりがとても高く、全ての客室でバス(一部シャワーブースのみのお部屋もあり)トイレがセパレート。シーリー製マットレスに、リネンのオリジナルルームウェア、BOSEのBluetoothスピーカーなど設備も充実しています。

客室は白川の水の流れとゆらぎのイメージ

写真:美里 茉奈

地図を見る

備え付けのお茶は、コーヒーのほかに「祇園辻利」の煎茶とかぶせ茶も。淹れ方についての説明書や砂時計も入っています。

これらのアイテムが入った桐製の「茶箱」は、高野竹工の手によるものでホテルオリジナル。宝瓶と湯飲茶椀は、有田焼の李荘窯当主・寺内信二の作品。まるで野点のようなゆったりとした気分でお茶を楽しめます。

客室は白川の水の流れとゆらぎのイメージ

写真:美里 茉奈

地図を見る

夜になると優しい明かりの間接照明が部屋を落ち着いた雰囲気に。ベッドサイドのナイトランプを灯すと、揺らぎのある光の反射が川の水面のようにきらめきます。まるで水の中をたゆたうような気分になれますよ。

エグゼクティブ、スイートルームでさらに上質のくつろぎを

エグゼクティブ、スイートルームでさらに上質のくつろぎを

写真:美里 茉奈

地図を見る

こちらは、白川の流れを模した赤い絨毯が印象的な「エグゼクティブハリウッドツイン」。40平米前後のお部屋で、最大で4名まで宿泊可能です。

ベッドヘッドの後ろにトイレ、洗面、バスルームがそれぞれしつらえられた間取りになっています。

エグゼクティブ、スイートルームでさらに上質のくつろぎを

写真:美里 茉奈

地図を見る

スイートルームは、小上がりの向こうにベッドルームを備え、まるで邸宅のようなしつらえが特徴的です。

このお部屋は一番広いタイプの「higashiyama」。窓からは、五山の送り火も見ることができます。

エグゼクティブ、スイートルームでさらに上質のくつろぎを

写真:美里 茉奈

地図を見る

最後にご紹介するのは、宿泊者限定の「プライベートスパ」。3つの異なるコンセプトの貸切風呂と、リラクゼーションスペースが合わさった広々とした空間です。

前日までの予約でエステメニューも受けられます。茶香炉から香るお茶の香りに包まれる癒しのスペースで、ワンランク上のくつろぎを体験してみませんか?

<プライベートスパの基本情報>
営業時間:7:00〜10:00、15:00〜22:00
※要予約・有料

京都への解像度が高まるホテル

「京の極みを旅する入口」をコンセプトとして、客室・食事・アメニティ・ショップなど、洗練されたアートに五感をひたせる「THE HOTEL HIGASHIYAMA by Kyoto Tokyu Hotel」。
次の旅では、京文化とその美により親しんでみませんか?

取材協力:THE HOTEL HIGASHIYAMA by Kyoto Tokyu Hotel

2022年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2022/09/13−2022/09/14 訪問

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- 広告 -