イギリス旅行(南部)のお勧めエリア「セブン・シスターズ」

| イギリス

| 旅の専門家がお届けする観光情報

イギリス旅行(南部)のお勧めエリア「セブン・シスターズ」

イギリス旅行(南部)のお勧めエリア「セブン・シスターズ」

更新日:2014/07/22 11:47

白亜系の白い断崖絶壁の崖が、海岸線にそって延々と連なる。イングランド南部、イースト・サセックス州(East Sussex)にある海食崖のセブン・シスターズをご存じだろうか?映画のロケ地としても有名なこの場所は、一見の価値がある。

映画でも使われる場所、白い断崖絶壁の崖が美しい「セブン・シスターズ」

映画でも使われる場所、白い断崖絶壁の崖が美しい「セブン・シスターズ」
地図を見る

ケント州のドーバー海峡に面するホワイト・クリフ(White Cliffs of Dover)と混合されがちなのだが、同じチョークからなる海食崖でも、このスケールは他と比較にならず、訪ねる価値が十分にある。

緩やかな起伏の丘が、長年の浸食によって削り取られ絶壁となり、7つの大小の白壁が連なっているように見えることから、セブン・シスターズと呼ばれるようになった。その美しい景勝の地は、映画やテレビで撮影ロケーションとして利用されることも多く、「つぐない」(Atonement : 2007)や「ロビン・フット」(Robin Hood: Prince of Thieves : 1991)などにも登場している。

上記の写真はシーフォード・ヘッド・ゴルフ・クラブから海岸線にそって、崖を延々と登り、カックミア川近くまで行ったところで撮影している。(徒歩で1時間以上)

Cliff Edge! 崖っぷち注意!

Cliff Edge! 崖っぷち注意!

昨年末の驚異的な大雨も相まって海食がすすみ、崖の上に建っていた家が崩れたり、立ち入り注意区域も増えたりした。チョークはとてももろく、何度も崖が崩れ落ちる。しかし「自己の責任」とのことで、柵を設けることはしていない。

あたりには、上記の「崖っぷち注意」の看板が、1個か2個あるだけである。

崖下をみる観光客

崖下をみる観光客
地図を見る

柵を設けていないため、崖端ぎりぎりまで近づいて、崖下を見る観光客が後を絶たない。非常に危険なので、絶対にまねをしないでほしい。因みに、この写真は「ビーチー岬(Beachy Head)」というところから撮ったものである。

名画のような場所

名画のような場所

セブンシスターズは、海岸からでも、崖の上からでも、その目に映る景色は「素晴らしい」の一言である。天気で穏やかな日の海の碧、空の青、絶壁の白…そのコントラストは、まるで一枚の名画のようである。時間を忘れるくらいゆっくりと過ごして頂きたい。ビジターセンターやパブ、カフェなどはあるが、クリフサイド付近に公共のトイレや売店などは全くないので、軽食や水などは自分で用意する方が良いだろう。

交通手段

ロンドンのヴィクトリア駅からは、電車にて約50分でブライトン駅(Brighton)に着く。セブン・シスターは、シーフォード(Seaford)とイーストボーン(Eastbourne)の間に位置している。ブライトン駅からは、イーストボーン行の「12」routeか、「13x」のバスを使ってカントリーパーク(Country Park)下車。ビーチー岬には「13x」を使う。乗車時間は1時間以上かかるが海岸線を走るので、バスの2階席から、その景色を存分に楽しんでみてほしい。因みに、車ではブライトンから40分程度の距離である。有料駐車場もあるが、両替機はないので、小銭を用意してほしい。

最寄りの施設・カントリーパークから海岸線を見ることはできない。そこから3miles(4.5Km)公共の小道(Footpath)を歩く必要がある。かなりの距離なので、出来ればハイキング用の装備、最低でも歩きやすい靴で行った方が良いだろう。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/05/28 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ