滝と森林でダブルの癒し効果!下呂市「小坂の滝めぐり」

| 岐阜県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

滝と森林でダブルの癒し効果!下呂市「小坂の滝めぐり」

滝と森林でダブルの癒し効果!下呂市「小坂の滝めぐり」

更新日:2014/07/27 10:48

日本三名泉のひとつ岐阜県下呂市。市の中心にある温泉街から北へ車でおよそ40分のところに、「日本一滝の多い町」としても知られている小坂町があります。御嶽山の噴火の影響で作られた急峻な地形と豊かな水により、落差5メートル以上の滝が200か所以上ある町です。

この多くの滝をめぐるハイキングや沢登など、たくさんのコースがありますが、今回は、滝と森林が楽しめる初心者に一番人気のコースを紹介しましょう!

滝と森林浴が楽しめる!「がんだて公園周辺コース」

滝と森林浴が楽しめる!「がんだて公園周辺コース」
地図を見る

今回おススメするのは、御嶽山の溶岩の絶壁「巌立(がんだて)」展望台のある「がんだて公園」周辺の滝や溶岩台地の森を歩くコースです。何万年もの時間をかけて作られた自然の美しさを満喫でき、初心者でも手軽に歩くことの出来るコースでもあります。

まずは、がんだて公園駐車場にある「滝めぐり案内所」を訪れます。案内所には、NPO法人飛騨小坂200滝のガイドが常駐し、滝めぐりの説明を行ったり、コースの相談、おススメの滝などを案内してくれます。

また、山奥にあり、簡単には見ることが出来ない滝の映像や、御嶽山と巌立峡の地形の成り立ちを説明した15分ほどのDVDの上映もしているので、歩き始める前に立ち寄ることをおススメします。

がんだて公園の玄関口!「三ツ滝」

がんだて公園の玄関口!「三ツ滝」
地図を見る

がんだて公園駐車場から滝見遊歩道を5分ほど歩くと「巌立」の大岩壁に近づき、更に5分ほど岩壁沿いの階段を登ると、第一の滝「三ツ滝」に到着します。上段(6メートル)中段(11メートル)下段(5メートル)の3つの滝から成り、滝見橋からは水しぶきを肌で感じられるほど、間近で見ることが出来ます。

滝付近には、毎朝ガイドが測定した気温、湿度、マイナスイオンの数の書かれた看板があります。取材日のマイナスイオン数、なんと14,600個/cc!通常の家庭では100個/cc程度との事なので、その数の多さが良く分かります。

次は森林浴!「溶岩台地」を歩く

次は森林浴!「溶岩台地」を歩く
地図を見る

三ツ滝を過ぎると遊歩道が終わり、登山道につながります。この登山道の下が、御嶽山の大噴火で流れ出た溶岩流が冷えて固まって出来た「溶岩台地」です。そして、この台地の上には、長い年月をかけて作られた森が広がっています。

豊かな森の中には、たくさんの野生動物も住んでいて、鳥のさえずりが耳に心地よく響きます。運が良ければ、野生のカモシカに遭遇することもあるとの事です。

溶岩とは思えないほど落ち葉で「ふかふか」な登山道は、新鮮な空気が満ちていて、リラックスしながら、ゆっくり歩くのがおススメです。

滝壺が美しい!「あかがねとよ」

滝壺が美しい!「あかがねとよ」
地図を見る

溶岩台地を抜けると「どんびき平」と呼ばれる湿原に出ます。根尾の滝まで続く登山道と林道に出る分岐点となっていて、「がんだて公園周辺コース」では、ここから林道に出ます。10分ほど歩くと「あがねとよ」と「からたに滝」に通じる階段があり、渓谷に下りることが出来ます。

落差14メートルの「あかがねとよ」は、透明な水を湛えた滝壺の美しい滝です。かつては、岩肌が赤く苔むしていたことから、「銅」を意味する「あかがね」と、まるで雨樋をつたうように水が流れてることから「雨樋」を意味する「とよ」から名付けられた滝です。

滝の轟きが響き渡る!「からたに滝」

滝の轟きが響き渡る!「からたに滝」
地図を見る

「あかがねとよ」と向かい合うようにしてあるのが「からたに滝」です。御嶽山の柱状節理の岩に囲まれ、その間を流れ落ちる滝の轟きが林道まで響き渡ります。岩がドーム状になっているため音がよく響きます。

落差15メートルと、滝の規模としては大きくはありませんが、水量も多く、力強い轟きは迫力満点です。また、午後になると太陽の光が差し込み、虹が見えることもあります。

最後に〜安全な滝めぐりのために

おススメしたコースは、遊歩道も整備され初心者も手軽に楽しめる初級コースですが、中級・上級のコースは地図もなく、道なき道を歩いたり、急斜面の上り下りや、水流に負けないように川を遡るコースです。そのため、手つかずの自然を満喫出来るコースとして人気ですが、安全上の理由からガイドが必要となります。

NPO法人飛騨小坂200滝のガイドは、遊歩道や山道、渓谷の整備も行っており、小坂の滝を知り尽くしています。中級・上級コースにチャレンジする場合は、ガイドと共に、安全に「滝めぐり」を楽しんでください。

もちろん、今回紹介した初級のコースにもガイド付きの定期ツアーや、溶岩台地で野点(野外でお茶を楽しむ)をするコースなどもあります。知識豊富なガイドさんと歩くと、より一層、「滝めぐり」を楽しむことが出来ておススメです。

新緑や紅葉、雪景色など、四季折々の景色が楽しめる「小坂の滝めぐり」。暑い夏には、涼を求め出掛けてみては如何でしょうか。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/07/12 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -