「横浜赤レンガ倉庫」リニューアル!新店&楽しみどころガイド

「横浜赤レンガ倉庫」リニューアル!新店&楽しみどころガイド

更新日:2022/12/09 12:27

下川 尚子のプロフィール写真 下川 尚子 ライター
横浜を代表する観光スポット・横浜赤レンガ倉庫。明治〜大正の煉瓦造建築は港町・横浜のシンボルとして長く愛されてきました。
その横浜赤レンガ倉庫が2022年12月6日、リニューアルオープン!施設を彩るレストランやカフェ、お土産店など、顔ぶれも新たに生まれ変わりました。その見どころや楽しみどころをご紹介します。

横浜赤レンガ倉庫がリニューアル

横浜赤レンガ倉庫がリニューアル

写真:下川 尚子

地図を見る

横浜観光で見どころは多くあれども、横浜赤レンガ倉庫は外すことのできない人気スポット。明治末期から大正初期に国の模範倉庫として建設され、現在は特徴的なレンガ造りを残したまま、商業・文化施設として利用されています。

その赤レンガ倉庫が2022年12月6日にリニューアルを経て再オープンしました。コンセプトは「BRAND NEW “GATE”」。横浜赤レンガ倉庫を、横浜と世界、日常と非日常、過去と未来をつなぐ新しい扉と位置付けています。

横浜らしさを感じられるお店がいっぱい!

横浜らしさを感じられるお店がいっぱい!

写真:下川 尚子

地図を見る

リニューアル後にオープンする約66店舗のうち25店舗が新規出店と、ガラッと顔ぶれも変化。

こちらは「UNI COFFEE ROASTERY」。横浜エリアを中心にさまざまなコンセプトで店舗展開し、横浜のカフェ好きなら誰もが知っているお店です。横浜赤レンガ倉庫らしさが感じられる、ブルックリンスタイルの空間が特徴的!

横浜ナポリタンなど、横浜赤レンガ倉庫限定のフードメニューもありますよ。

横浜らしさを感じられるお店がいっぱい!

写真:下川 尚子

地図を見る

神奈川初出店で注目のお店が「Disney HARVEST MARKET By CAFE COMPANY」。店内の内装は港町である横浜をテーマに、ディズニーの世界観が楽しめる工夫がこらされています。

2021年にオープンした「渋谷ヒカリエ店」の人気No.1メニューであるアフタヌーンティーセットも、横浜赤レンガ倉庫店限定バージョンで登場!ギフトショップでのお土産探しもおすすめです。

横浜らしさを感じられるお店がいっぱい!

写真:下川 尚子

地図を見る

リニューアル以前より人気のあったオーストラリア発のオールデイダイニング「bills」は同じ場所でリニューアルオープン。広々とした店内のほか、横浜赤レンガ倉庫ならではのロケーションを楽しめるテラス席や個室も揃い、特別な時間を過ごせるお店となっています。

billsといえば朝食も評判!こちらにも赤レンガ倉庫限定メニューがありますよ。

おなじみのフードコートもリニューアル!

おなじみのフードコートもリニューアル!

写真:下川 尚子

地図を見る

横浜赤レンガ倉庫でおなじみのフードコートもリニューアル!

こちらは横浜・野毛の人気スペイン料理店「CASA DEL RIO(カサデルリオ)」が新しく立ち上げたパエリア専門店「MARIO」。看板メニューの海の幸のパエリアは、魚介のうまみがぎゅっと凝縮された本場の味が自慢です。

おなじみのフードコートもリニューアル!

写真:下川 尚子

地図を見る

サラダボウル専門店の「WithGreen」は新規出店。彩りも鮮やかなサラダボウルは、15種類以上の国産野菜とタンパク質をバランスよく使用したもの。横浜の地ビールやコーラとあわせていただくこともできます。

おなじみのフードコートもリニューアル!

写真:下川 尚子

地図を見る

このほか「崎陽軒」や「横濱 たちばな邸」など、横浜ならではのお店もラインナップ。フードコートの6店舗のうち3店舗がニューオープンしました。テイクアウトメニューもさらに拡充し、気候の良い時期には広場や芝生でのんびりランチを楽しむことができます。

お土産探しにもおすすめ

お土産探しにもおすすめ

写真:下川 尚子

地図を見る

お土産探しにおすすめのお店も多くあります。横浜のクラフトチョコレートブランド「ショコラミーツ」は、横浜市内の自社工房で作られたこだわりのクラフトチョコレートを、アーティストが描いたアートパッケージで販売しています。

横浜赤レンガ倉庫の限定パッケージはお土産にもぴったり。自分好みのパッケージを探すのも楽しいですよ!

お土産探しにもおすすめ

写真:下川 尚子

地図を見る

横浜で洋菓子を作り続けてきた「かをり」の新ブランド「フフナーゲル」も登場。オーツクッキーを採用したバターサンドは香ばしくリッチな味が特徴。横浜赤レンガ倉庫限定を含む10種が並び、アンティーク調のパッケージも可愛いです。

共用スペースもリニューアル!

共用スペースもリニューアル!

写真:下川 尚子

地図を見る

共用スペースもリニューアル!天井や壁面のライトアップや歴史展示スペースの設置によって、より歴史や風情が感じられる印象となりました。

1号館の1Fには、横浜赤レンガ倉庫の歴史や外観・内観の時代ごとの変化などが見られる展示スペースが新たに設置。館内・館外・周辺に残る遺構などについても学べますので、ひととおり見てから歩いてみるのも楽しいですよ。

共用スペースもリニューアル!

写真:下川 尚子

地図を見る

みなとみらいの風景が一望できる2号館のバルコニーには、新しくソファが登場。のんびり座ってくつろぎながら、横浜ならではの景色を楽しむことができます。

共用スペースもリニューアル!

写真:下川 尚子

地図を見る

歴史あるたたずまいをそのままに、よりおしゃれに横浜らしくリニューアルした横浜赤レンガ倉庫。横浜を訪れる際は、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

横浜赤レンガ倉庫の基本情報

住所:神奈川県横浜市中区新港1丁目1
電話番号:045-227-2002
アクセス:みなとみらい線「馬車道駅」または「日本大通り駅」より徒歩約6分、みなとみらい駅」より徒歩約12分
※営業時間は店舗により異なります。

2022年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2022/12/05 訪問

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- 広告 -