世界遺産の街プラハで楽しむ!きらびやかなクリスマスマーケット

世界遺産の街プラハで楽しむ!きらびやかなクリスマスマーケット

更新日:2022/12/20 14:30

Hiroko Ojiのプロフィール写真 Hiroko Oji ヨーロッパ一人旅愛好家
「百塔の街」「建築博物館の街」など称賛されるチェコの首都プラハ。その歴史は14世紀まで遡り、プラハ城やカレル橋などはこの時代に造られ現存する世界遺産の街。錬金術や占星術が盛え、長い歴史の中で周辺諸国からの侵略を受けながらも華やかさを保ってきた、魅力溢れる街並みが広がります。

年末になるとクリスマスマーケットが始まり、いくつかの広場やプラハ城内外では屋台が並び、きらびやかな世界へと変身します。

世界遺産の街並みが広がるプラハ

世界遺産の街並みが広がるプラハ

写真:Hiroko Oji

地図を見る

チェコの首都プラハといえば多くの方が思い浮かべる観光スポットはプラハ城とカレル橋ではないでしょうか。神聖ローマ帝国及びボヘミア王国の首都として栄えた14世紀に、プラハの街の基礎があります。この時代に造られたのがプラハ城とカレル橋なのです。

世界遺産の街並みが広がるプラハ

写真:Hiroko Oji

地図を見る

16世紀にはルドルフ2世のもと、錬金術や占星術が盛んとなり、旧市街広場に面した旧市庁舎の壁面には、プラハのシンボルともいわれる天文時計が存在感を出しています。15世紀ごろに造られ、現在でも立派に時を刻んでいるのです。

世界遺産の街並みが広がるプラハ

写真:Hiroko Oji

地図を見る

このプラハの街でも、年末になるとクリスマスマーケットが繰り広げられます。

プラハのマーケットは、アメリカのメディアで「世界で最も美しいマーケット」に選ばれたことを誇りにしており、旧市街広場をはじめ、ヴァーツラフ広場や共和国広場、カレル広場などの広場、またプラハ城の内部や外側、中央駅前では可愛らしい装飾を施された屋台が並びます。夜になると煌びやかなイルミネーションに包まれ、幻想的な世界が広がります。

旧市街広場

旧市街広場

写真:Hiroko Oji

地図を見る

まずはプラハ最大のクリスマスマーケットを覗いてみましょう。

2本の尖塔が天を突くようなティーン教会や天文時計のある旧市庁舎、美しいカトリック教会の聖ミクラーシュ教会、ロココ様式やゴシック様式、バロック様式、ロマネスク様式などで建てられた館などが建ち並ぶ旧市街広場です。広場の一角ではヤン・フス像が威厳を放っています。

旧市街広場

写真:Hiroko Oji

地図を見る

この広場には大きなクリスマスツリーをはじめ、エンジェルをかたどったオブジェや展望スポットなどが設けられ、イルミネーションが輝きます。

デコレーションで縁取られた白い屋根が並ぶ屋台では温かいドリンクやフードが提供され、冷えた身体を温めてくれます。また伝統的なチェコの製品やハンドメイドの雑貨なども並び、プラハで一番人気のクリスマスマーケットとなっています。

旧市街広場

写真:Hiroko Oji

地図を見る

また広場の片隅にはステージが設けられ、一定の時刻になると聖歌隊やグループでの演奏や合掌が披露されます。

ヴァーツラフ広場

ヴァーツラフ広場

写真:Hiroko Oji

地図を見る

中央駅から南西へ徒歩5分ほど、地下鉄のムゼウム駅とムステーク駅との間に広がるのがヴァーツラフ広場。広場の南端には堂々とした国立博物館が広場を見下ろしており、続く緩い坂道を下って行くと、広場でのクリスマスマーケットに出会えます。

ヴァーツラフ広場

写真:Hiroko Oji

地図を見る

屋台にまじって古いトラムの車両を再利用したカフェでも、ドリンクやフードを提供しています。外の寒さに耐えられないときには嬉しいスペースです。

ヴァーツラフ広場

写真:Hiroko Oji

地図を見る

広場には定番のホットワインやソーセージや野菜炒め、クレープやローストナッツなどを販売する屋台が点在。大きな肉の塊や棒にまかれたチェコのお菓子トルデルニーク(写真)が炭火で焼かれるのを見るだけでも、体がホカホカになることでしょう。

プラハ城内

プラハ城内

写真:Hiroko Oji

地図を見る

プラハ観光の目玉の一つがプラハ城。城内にはムハのステンドグラスで有名な聖ヴィート大聖堂をはじめ、旧王宮や聖イジー教会、黄金の小路など見どころがギュッと詰まっています。

ここでも、お城の門前や城内の小さな広場でクリスマスマーケットが開かれています。

プラハ城内

写真:Hiroko Oji

地図を見る

聖ヴィート大聖堂と聖イジー教会の間の広場では、朝早くから準備がスタート。夜のイルミネーションが輝いてからも温かいフードやドリンクを用意して待ってくれています。

プラハ城内

写真:Hiroko Oji

地図を見る

雪が降る日も多く、足元には凍った石畳が続く城内ですが、このような温かいものをいただけると元気回復し、城内見学の足も進むでしょう。

共和国広場

共和国広場

写真:Hiroko Oji

地図を見る

アールヌーボー建築の傑作といわれる市民会館とゴシック様式の火薬塔が並んで面しているのが共和国広場。この広場にもわずかですが、クリスマスマーケットがあります。

共和国広場

写真:Hiroko Oji

地図を見る

背後には共産主義博物館や大型ショッピングセンターの建物、奥にはプラハ・マサリク駅もあるというロケーションで、プラハ中央駅からも歩いて5分ほどです。

その他、中央駅前やヨーロッパ最大ともいわれるカレル広場などにも屋台が出ていますので、お散歩ついでにいろいろ見て回ると、よりプラハを楽しめますよ。

この時期ならではのプラハは、観光スポットも豊富でクリスマスマーケットを楽しむには最低でも3泊はしたいものです。どうぞ余裕を持った日程でご訪問くださいね。

プラハのクリスマスマーケットの基本情報

開催場所:旧市街広場、ヴァーツラフ広場、プラハ城、共和国広場、カレル広場など
開催期間:2022年11月26日〜2023年1月6日
開催時間:8:30頃から20:00頃まで ※屋台によって違いがあります。

2022年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2022/12/01−2022/12/15 訪問

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- 広告 -