台北NO1胡椒餅は饒河街観光夜市にあり!並んででも食べたい福州世祖胡椒餅!

| 台湾

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

台北NO1胡椒餅は饒河街観光夜市にあり!並んででも食べたい福州世祖胡椒餅!

台北NO1胡椒餅は饒河街観光夜市にあり!並んででも食べたい福州世祖胡椒餅!

更新日:2014/07/16 17:58

浮き草 ゆきんこのプロフィール写真 浮き草 ゆきんこ トラベルライター、プチプラ旅専門家、LCC弾丸トラベラー

台北最大の士林夜市と並ぶ2大夜市と言われている饒河街観光夜市。約500mある1本道の両脇には、服飾・アクセサリー・屋台などがひしめきあっています。ブラブラするだけでも片道20分もかかる巨大夜市の入り口には、いつ行っても長蛇の列を作っている絶品胡椒餅のお店があります。地元の人はもちろん世界各国の観光客が並んででも食べたい胡椒餅の魅力とは?

饒河街観光夜市は行きにくい?

饒河街観光夜市は行きにくい?

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

台北市内を観光するときによく使うのがMRTと呼ばれる地下鉄ですが、饒河街観光夜市には地下鉄ではなく、台鐡(JRのようなもの)でいきます。「台鐡はプラットフォームがたくさんあるからわかりにくい」という方もいますが、「基隆」行きに乗り、1駅なので簡単に行くことができます。
帰りは電車の本数が少なくなるため、バスがおススメ。夜市から駅に行くには夜市の門を出て、そのまままっすぐ行き、バスに乗る場合は右側に歩いていくとバス停があります。番号がついているバス停がずらりと並び、路線図が書いてあるので行きたい場所、わからなければ自分が行きたい駅名を探します。自分の目的地にいく番号のバスがきたら乗りましょう。降車場所で降りる自信がない場合はメモに駅名、もしくは通り名を書くと、運転手さんが教えてくれますよ。電車は台北駅に着きますが、バスは縦横無尽に走っているため、ホテルの近くにバス停があった!なんてこともあるので、バスにチャレンジしてみてくださいね。

福州世祖胡椒餅って?

福州世祖胡椒餅って?

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

台湾には小腹がすいたときにテイクアウトして軽くつまめる「小吃(シャオチー)」がいたるところにあります。麺やご飯、フルーツの屋台までその種類はさまざま。中でも胡椒餅は「小吃(シャオチー)」の定番です。そして、台北での胡椒餅の元祖が饒河街観光夜市にある福州世祖胡椒餅。
ルーツは、中国福建省福州市の郷土料理「葱肉餅」。豚肉と葱、胡椒で混ぜた餡を小麦粉で作った皮に包んだものです。これが、台湾に伝わり、胡椒の量を増やしたり、皮をパイ生地のようにしたりと改良され、胡椒餅と呼ばれるようになりました。

作っている行程を見るのも楽しい!

作っている行程を見るのも楽しい!

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

饒河街観光夜市の東側(駅側)の門はいつも人でいっぱい。その理由は、門の入り口奥にある福州世祖胡椒餅を食べるために並んでいる長蛇の列が門のところまで連なっているからです。
約200度まで加熱した窯に張り付けるように餅を並べ25分〜30分で焼き上げます。焼き上がりに時間がかかるため、テイクアウトの店ながら常に長蛇の列。30分は並ぶ覚悟で挑んでください。
最初は、人物ウォッチングくらいしか楽しみがないですが、そのうち胡椒餅の作成行程を見ることができる場所にたどり着きます。ものすごいスピードで餅を作っていく職人技、焼きあがった餅をポンポンと手際よく外に出していく手際のよさ。見ていてほれぼれします。
豚肉と葱の餡をこれでもか!といわんばかりにサービス満点でいれてくれるのを見たり、焼き上がりの香ばしい匂いをかいだりすると、食べる前から期待値があがりますよ。

火傷にはご注意を

火傷にはご注意を

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

香ばしく焼ける匂いがしてくるともう食べたくてうずうずしてきます。ようやく手に入れた胡椒餅はほっくほっく。常に焼きたてが食べられるのも魅力です。
しばらく並んで、おなかもすいているため、すぐにでもがっつきたい!ところですがちょっとお待ちを。
焼きたてのため、中の餡もかなりの高温。パリッパリの生地をほおばり、中のネギと肉の餡にたどりつくと・・・あ〜っつい〜!と口の中が大やけどに。さらに中の肉汁も熱いため、手にこぼすと熱いし、ベタベタするしでてんやわんや。
そうならないためにも、一口食べて少し、冷ましてから食べてくださいね。そうすると、中の餡もほどよく冷まり、肉汁をあますことなく堪能できますよ!
黒胡椒がかなり効いた胡椒餅。一度食べたら病み付きになること間違いなしです!

台北市内にもたくさんあります

福州世祖胡椒餅は、士林夜市の支店でも食べることができます。その他、台北市内には胡椒餅のお店がたくさんあり、どこでも食べることができます。どこを選んだらいいか?それはもちろん行列ができている店!台湾は行列あるところにうまいもんあり!です。台湾に滞在中一度は食べてもらいたいB級グルメが胡椒餅!ぜひ、一度お試しを。

【福州世祖胡椒餅】
営業時間 16:00-24:00

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ