岐阜の避暑地「阿弥陀ヶ滝」に涼を求めて

| 岐阜県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

岐阜の避暑地「阿弥陀ヶ滝」に涼を求めて

岐阜の避暑地「阿弥陀ヶ滝」に涼を求めて

更新日:2014/08/14 09:51

釜井 知典のプロフィール写真 釜井 知典

ムンムンと蒸し暑い真夏には、ついつい家にこもりがちですが、こんな時こそ外に出ないと損!暑い夏だからこそ味わえる涼しいスポットが全国に沢山あります。岐阜県郡上市にある「阿弥陀ヶ滝」もそのひとつで、幻想的な風景には思わず心を奪われてしまいます。

ハイキング初心者でも楽しめる散策コース

ハイキング初心者でも楽しめる散策コース

写真:釜井 知典

地図を見る

真夏の暑い季節。
海や川に遊びに行くという方も多いと思いますが、山中にも涼がとれるスポットが沢山あります。

そんな避暑地のひとつとして人気のスポットが、岐阜県郡上市八幡にある「阿弥陀ヶ滝」。かつては白山信仰の霊場として賑わう場所でしたが、今は岐阜県の指定名勝として多くの観光客が訪れます。

そこまでの道中も魅力のひとつで、新緑が映える初夏から紅葉が楽しめる秋にかけては、川のせせらぎや鳥達のさえずりを聞きながら、大自然を満喫する事が可能。駐車場から阿弥陀ヶ滝までの散策コースは、”登山”というほど険しい道のりでもなく、小さなお子様でも歩きやすい距離の為、家族揃って楽しむ事ができます。

本格的なハイキングを楽しみたい方は、名鉄バスによるハイキングコースもありますので、約7kmの道のりを歩いて散策してみるのもお勧めです。

深い山中に隠れた涼しいスポット「阿弥陀ヶ滝」

深い山中に隠れた涼しいスポット「阿弥陀ヶ滝」

写真:釜井 知典

地図を見る

駐車場から石畳の散策コースを10分程歩くと、あっという間に目的地である「阿弥陀ヶ滝」が見えてきます。

鬱蒼とした木々の奥に隠れるように存在する「阿弥陀ヶ滝」は、「岐阜の名水50選」「日本の滝百選」に選ばれており、猛暑を吹き飛ばす程の涼しさを実感できる場所です。

仏教を思わせる「阿弥陀ヶ滝」という名前の由来は、白山中宮長滝寺(現:長滝白山神社)のお坊さんが滝の近くで修行をしている途中、目の前に”阿弥陀如来”が現れた事から始まり、その後は滝修行の名所としても知られていました。

ごうごうと音を立てて流れ落ちるその姿はまさに圧巻といえ、滝壺から少し離れた場所でも水しぶきを感じられそうな程。木々が落とす木陰とともに、涼しさを堪能する事ができます。

陽射しの暑い時に訪れるのもお勧めですが、朝もやの中の景色も最高。
透き通った水辺の上には美しい虹が浮かび上がり、天国にいるかのような幻想的な光景が見られます。また、夏の名所として挙げられる場所ですが、四季ごとに趣深い風景が見られますので、春や秋に訪れてみるのもお勧めです。

流しそうめん発祥の地「阿弥陀ヶ滝」で味わう絶品グルメ

流しそうめん発祥の地「阿弥陀ヶ滝」で味わう絶品グルメ

写真:釜井 知典

地図を見る

大自然を散策し、思いっきり涼しさを味わった後はそろそろお腹も鳴り始める頃合い。

辺りを見回してみると、「流しそうめん発祥地」という石碑が建てられており、数件のお店が並んでいます。実は、流しそうめんの発祥の地として知られている阿弥陀ヶ滝周辺は、大自然の中で美味しい岐阜の名産を味わえる事で有名なエリア。

中でも、名店として名を挙げられるのが「阿弥陀ヶ滝荘」です。
ここは、初代店主お手製の石で造られた流し台が魅力的なスポットで、そうめんの流し台は岩肌を流れる小さな川のようで、見ているだけでも涼しさを感じられます。

水は山から引いた湧き水が使用されており、猛暑の日でもひんやりと美味しいそうめんを味わう事が可能。また、のびにくくコシが強い桑名産の「 二見乃糸」を使用しており、時間が経っても「ツルツルッ!」と喉越しの良い食感を堪能できます。

そして、そうめんといえば薬味も重要!阿弥陀ヶ滝荘で使用されるわさびは、山で取れた生わさびで、ツーンと抜ける辛みと自然のうまみがギュッと詰まった香りと甘味を楽しめます。

自然の中で食べるそうめんはまさに絶品ですが、他にもイワナの塩焼き・朴葉飯(ほうばめし)・またたびスカッシュなど、ここでしか味わえない名品がありますので、ぜひお立ち寄りください。


阿弥陀ヶ滝荘
営業時間 10:00~17:00
tel 0575-85-2738
住所 岐阜県郡上市白鳥町前谷境棚1106-1-2

一度は訪れたい岐阜の名所でゆっくりとした休日を

滝、山、そして流しそうめん。ここでしか味わえない涼しいスポットが満載の阿弥陀ヶ滝は、一度は訪れたい岐阜の名所のひとつです。山中は木陰が多い為、日焼けを気にされる方にもピッタリの避暑地ですので、ぜひ家族や友人とお出かけしてみてください。

鮮やかな緑に囲まれて、時間の流れも忘れてしまう程ゆっくりと過ごす事ができる阿弥陀ヶ滝。幻想的な風景やグルメを満喫しながら、夏にしか味わえない岐阜を堪能してみてはいかがでしょうか?

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/06/20 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -