ついに完成へ!京都・すみや亀峰菴のスイートルーム「呼風」

ついに完成へ!京都・すみや亀峰菴のスイートルーム「呼風」

更新日:2023/05/16 13:51

トラベルjp NEWSのプロフィール写真 トラベルjp NEWS
京都・亀岡にある「すみや亀峰菴」は1955年に創業した湯の花温泉を代表する老舗。2021年4月からリノベーションを進めています。2023年4月17日(月)に、現代アートの中に泊まれるスイートルーム「呼風(こふう)」に最後の作品「八重菊白金(やえぎくしらかね)」が設置され、ついにアートルームとして完成。生まれ変わった伝統ある温泉旅館の魅力を抜粋してご紹介します!

豪華なスイートルームでアート体験!

豪華なスイートルームでアート体験!

提供元:すみや亀峰菴

https://www.sumiya.ne.jp/

今回菊の間に設置された作品「八重菊白金」は、280年超の歴史を誇る京都の帯匠「誉田屋」の十代目当主・山口源兵衛によるもの。プラチナの糸で織られた八重菊の模様が圧巻です。“菊は湯の友”という発想にもとづき、伊藤若冲の『菊花流水図』にインスピレーションを得たと言われています。

豪華なスイートルームでアート体験!

提供元:すみや亀峰菴

https://www.sumiya.ne.jp/

「呼風」は140平米の露天風呂付きスイートルーム。現代美術家・柳幸典と京都・丹波の伝統の技を振るう作家や職人たちが協業して作り上げた作品を感じられる空間となっています。

お部屋があるのはロビーを兼ねたアートギャラリー「百代」の奥。ロビーと共通する鉄製の扉を開けるとすぐに柳作品の象徴とも言える回廊があり、その先にはベッドルームやダイニングルーム、また2つの独創的な露天風呂が備わっています。

豪華なスイートルームでアート体験!

提供元:すみや亀峰菴

https://www.sumiya.ne.jp/

趣向を凝らした露天風呂のひとつが、虹が現れる「天の風呂」。湯の花温泉のお湯を楽しみつつ、アートと一つになったような気分が体験できます。お食事は客室内のダイニングで。夕食は地元産の素材を使った京懐石、さらにお料理にあったオーストラリアワインを味わえます。

たっぷりアートに浸れる唯一無二の体験ができるスイートルーム「呼風」。ワンランク上の京都旅行を計画している方、ぜひ参考にしてみてくださいね。

すみや亀峰菴の基本情報

住所:京都府亀岡市ひえ田野町 湯の花温泉
電話番号:0771-22-7722
アクセス:JR亀岡駅から送迎バスあり(要事前連絡)

※スイートルーム「呼風」は大人のみの利用となっています。

2023年5月現在の情報です。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- 広告 -