岡山市にはレモン丸々1つをトッピングしたラーメンがある!

岡山市にはレモン丸々1つをトッピングしたラーメンがある!

更新日:2014/07/29 17:39

桃太郎の舞台としておなじみの岡山県であるが、岡山市の「ラーメン太郎」には、桃ではなくって「レモン」をまるまる1つトッピングしたレモンラーメンが存在する。意外なことに、豚骨スープとレモン汁は相性ぴったりなのだ。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、一部都府県に緊急事態宣言が発出され、不要不急の外出の自粛が求められています。加えて自治体独自での緊急事態宣言発出や、往来の自粛要請をしている場合があります。また施設によっては休業していることがあります。Go To トラベルキャンペーンについても全国で一時停止となっています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。外出の際はしっかりと感染予防対策をして行動しましょう。(トラベルjp)

アクセスは良くないが、わざわざ行く価値のあるラーメン屋

アクセスは良くないが、わざわざ行く価値のあるラーメン屋
地図を見る

岡山駅から宇野線で10分ほど南に下った備前西市駅。宇野線は1時間に1本程度の運行なのでアクセスはけっして良くないものの、わざわざ出向いてでも食べに行きたいラーメン屋がある。備前西市駅で古くから営業する「ラーメン太郎」だ。
レモンをまるまる1つ分トッピングしたレモンラーメンが名物のお店で、地元の常連客のみならず、全国のラーメン通も足を運ぶ繁盛店なのだ。

配膳スペースは「メンデルスゾーン」と名づけられている

配膳スペースは「メンデルスゾーン」と名づけられている
地図を見る

店内はカウンター6席にテーブル6つで、雰囲気もどこにでもある町のラーメン屋さんといった感じ。しかし、平日11時頃とお昼どきをちょっと外しても、ほぼ満員のにぎわい。レモンラーメンを注文するのは2割ほどで、チャンポンや炒飯を頼むお客さんも多い。

カウンターの一角は「メンデルスゾーン」と名づけられた配膳スペースとなっている。演奏記号で間を空けるという意味があるわけでもなく、ゾーンをひっかけただけのダジャレである。

レモンで覆い隠され、麺が見えない!

レモンで覆い隠され、麺が見えない!
地図を見る

こちらがレモンラーメン、お値段は700円なり。
麺も具もすべて覆い隠してしまうほど、レモンの輪切りがびっちり敷き詰められている。
レモンの大群を押しのけると、その下には、もやしと大量の肉厚チャーシュー。レモンのみならず、チャーシューの量もかなりのもので、チャーシュー麺として売りだしても問題ないほどである。

一見するとレモンとラーメンの組み合わせはミスマッチに思われるかもしれない。ところがどっこい、意外にも双方の相性は抜群なのだ。濃厚なとんこつスープがレモン汁と混ざり合い、爽快な後味を醸し出している。麺も極細ながらも強い腰があって、ごりごりと良い歯ごたえだ。

1つのレモンに復元できる!

1つのレモンに復元できる!
地図を見る

「レモンが邪魔だったら、これに避けてね」と用意してくれた別皿に、一枚一枚輪切りのレモンを取り出してみよう。
丁寧に重ねていくと1つのレモンに復元される。

まとめとして

電車を使って旅する人にとっては、アクセスがそれほど良くない場所にあるけれど、わざわざ出向いてでも食べる価値のあるラーメンと言えよう。話しのネタとしても、おいしい食事としても、充分オススメできる。
桃太郎のモデル・大吉備津彦命を祀っている「吉備津神社」なども併せて巡る、桃とレモンの果物ツアーなんてのも一興だろう。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/08/01 訪問

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -