モンティエン ホテル スラウォン バンコクでグルメ旅!観光の拠点にも最適

モンティエン ホテル スラウォン バンコクでグルメ旅!観光の拠点にも最適

更新日:2023/07/19 11:55

トラベルjp 編集部のプロフィール写真 トラベルjp 編集部
「モンティエン ホテル スラウォン バンコク(Montien Hotel Surawong Bangkok)」は、バンコクの中心・シーロムにある高級ホテル。館内レストラン「ルエントン」は、絶品のカオマンガイが食べられると評判です。

広々としたお部屋はいずれも30平米以上で、館内にはプールやジムも完備。モンティエン ホテル スラウォン バンコクの魅力をご紹介します!

モンティエンホテルバンコクまでのアクセス

モンティエンホテルバンコクまでのアクセス

提供元:楽天トラベル

地図を見る

モンティエン ホテル スラウォン バンコクの最寄り駅は、BTSスカイトレインの「サラディーン駅」とMRT地下鉄の「サムヤーン駅」。いずれもホテルまでは徒歩約5分で、観光や出張の拠点にもぴったりです。MRT地下鉄の「シーロム駅」までは徒歩10分。

スワンナプーム国際空港からはBTSスカイトレイン等で約1時間、ドンムアン国際空港からは車等で約40分でアクセス可能。ホテルでは有料の送迎サービスを行っています。

モダンと伝統が融合したデザインのお部屋

モダンと伝統が融合したデザインのお部屋

提供元:楽天トラベル

地図を見る

モンティエン ホテル スラウォン バンコクは総客室数475の大型ホテル。デラックス、プレミア、ジュニアスイートの3カテゴリがあり、キングベッド1台、またはツインベッドが選べます。

写真はデラックスルーム。シンプルでモダンなお部屋に、伝統的なタイのアーティストが手掛けた作品がマッチしています。ベッドには高品質なシーリー社のマットレスと高級リネンを使用。

モダンと伝統が融合したデザインのお部屋

提供元:楽天トラベル

地図を見る

白を基調としたシャワールームには、オーガニック製のアメニティが用意されています。洗浄機能付きの日本製のトイレがある点にも注目!

必ず食べたい!ルエントンの絶品カオマンガイ

必ず食べたい!ルエントンの絶品カオマンガイ

写真:トラベルjp 編集部

地図を見る

モンティエン ホテル スラウォン バンコクに宿泊したら、ぜひ楽しみたいのが館内グルメ。レトロモダンな雰囲気のレストラン「ルエントン」では、本格的なタイ、中国の屋台料理を洗練されたメニューを味わえます。

注目はタイのご当地グルメであるカオマンガイ(チキンライス)。ジューシーなお肉と出汁を吸ったご飯が絶品で、宿泊せずにカオマンガイを味わいに訪れる人も多い、大人気のメニューです。

必ず食べたい!ルエントンの絶品カオマンガイ

提供元:楽天トラベル

地図を見る

こちらは朝食メニューの一例。250名収容できる大型のレストランで、少人数で食事を楽しめる個室も用意されています。

必ず食べたい!ルエントンの絶品カオマンガイ

写真:トラベルjp 編集部

地図を見る

こちらはデュアルダイニングがコンセプトの「ファラム IV ビストロ」。昼間はヨーロピアンスタイルとカフェ&デリ、夜はフランス風の料理が味わえるシックなバーに変わります。

屋外プールやジムも完備!

屋外プールやジムも完備!

提供元:楽天トラベル

地図を見る

ホテル3階の屋外プールは、バンコクの中心にあるオアシスのような空間。プールサイドでは、軽食やドリンクを味わいながら街の景色を眺めることができます。

屋外プールやジムも完備!

提供元:楽天トラベル

地図を見る

トレッドミルやエアロバイクなど、トレーニングマシンが揃ったフィットネスジムも完備。エクササイズベンチやヨガマットもあり、自分にあったエクササイズを楽しめます。

このほかカンファレンスやミーティングを行える会議場があり、ウェディング会場としても人気。個人旅行だけでなく、出張会議などビジネスシーンでも利用できるホテルです。

モンティエン ホテル スラウォン バンコクでワンランク上のホテル体験

数年前にリニューアルを行い、さらに快適になったモンティエン ホテル スラウォン バンコク。老舗ならではのワンランク上のホテルステイが叶います。

また多くのオフィスビルやが集まるシーロム通り、ショッピングセンターはホテルから徒歩圏内。バンコク滞在の拠点にぴったりのホテルです。

2023年7月の情報です。最新の情報は公式サイトにてご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

エリア・カテゴリ別 記事リスト

このナビゲーターの記事一覧(国内)

このナビゲーターの記事一覧(海外)

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- 広告 -