大阪コリアタウン&鶴橋で食べられる韓国発のユニークなパンまとめ

大阪コリアタウン&鶴橋で食べられる韓国発のユニークなパンまとめ

更新日:2023/06/30 16:12

松本 沙織のプロフィール写真 松本 沙織 大阪コリアタウンマニア、元かき氷職人、カフェメニュープロデュース
いろんな韓国グルメが味わえる、大阪コリアタウンや鶴橋周辺は連日観光客で大賑わい!そんな中、おやつにも軽食にもなる、味や見た目が特徴的な韓国発のパンが注目を集めています。真っ黒な練炭パンやさつまいもにそっくりなコグマパンなど、珍しくてどれも食べてみたくなるものばかり。スイーツに進化した写真映え抜群のパンもありますよ!

韓国ではケーキやドーナツもパン!?

韓国ではケーキやドーナツもパン!?

写真:松本 沙織

地図を見る

韓国ではケーキやドーナツ、マフィンなど、小麦粉やその他の穀物を使用した生地で作ったものを“パン(빵)”と呼ぶことがあります。近年の韓国は、空前のパンブーム。街中にはベーカリーショップやパンが食べられるカフェが続々とオープンしているんですよ!

そんな韓国の影響もあってか、大阪コリアタウンや鶴橋でもたくさんの韓国発のパンが販売されています。写真はチーズが伸びる10ウォンパン。人気すぎて街のあちこちで見かけます。手軽に食べられるパンは食べ歩きにぴったりです。

本場と同じ味!練炭パンやブロックパンの「Y2bakery1992」

本場と同じ味!練炭パンやブロックパンの「Y2bakery1992」

写真:松本 沙織

地図を見る

大阪コリアタウンにあるレトロカフェ「Y2bakery1992」では、2023年6月から本物の練炭に見間違えてしまいそうな練炭パンと、ユニークな形のブロックパンの販売をスタート。オーナーさんが、韓国の練炭パンの開発者に直接教えてもらい、本場と同じレシピで毎朝手作りしています。

練炭は韓国の人にとって身近な存在で、昔は台所で使用したり、床暖房で使用したりしていました(現在も使用しているところがあります)。そんな馴染み深い練炭の形をパンにするなんて、発想が面白いですよね!

本場と同じ味!練炭パンやブロックパンの「Y2bakery1992」

写真:松本 沙織

地図を見る

真っ黒な練炭パン(写真右)の中にはバニラビーンズを使用した自家製クリームがたっぷり!イカ墨で色付けした米粉入りの生地がモチモチしていて食べ応えがあります。

1番人気はきなこ練炭パン(写真中央)。中にはきなこクリームと大福が隠れています。モチモチの生地との相性も抜群。見た目も焼け残った練炭そのものに見えませんか?

ほかにもチョコレートがあふれでるチョコ練炭パンや、クリームチーズを贅沢に使用した練炭パンなど種類豊富です。

ブロックパンはサクサク食感のクロワッサン生地で作ったパン。おすすめは、韓国で人気のマヌル(にんにく)味。甘塩っぱい味わいが後を引きます。

本場と同じ味!練炭パンやブロックパンの「Y2bakery1992」

写真:松本 沙織

地図を見る

店頭では10ウォンパンも販売しています。ほんのり甘いベビーカステラのような生地の中にはモッツァレラチーズが入っていて、チーズが伸びる映え写真もばっちりです。ドリンクをオーダーすればイートインも可能。写真はホイップがトッピングされたアインシュペナーラテです。レトロな店内で渡韓気分が楽しめますよ!

<Y2bakery1992の基本情報>
住所:大阪府大阪市生野区桃谷3-8-15
電話番号:06-4980-6733
営業時間:11:00〜18:00
※練炭パンとブロックパンは数量限定

たい焼きではなく、ふな焼きです「恋するプンオパン」

たい焼きではなく、ふな焼きです「恋するプンオパン」

写真:松本 沙織

地図を見る

プンオパンは日本のたい焼きの韓国版です。大きな違いは焼き型が“たい”ではなく、ちょっとスリムな“ふな(プンオ)”であるところ。韓国の屋台では定番のおやつです。

2023年5月に鶴橋本通り商店街にオープンした「恋するプンオパン」では、ハートの唇にハートのウロコがキュートなプンオパンが食べられます。入る具材は、あんこ、モッツァレラチーズ、チョコレート、さつまいもなどバリエーションも豊富。写真の右側はタマゴサラダです。ハムやチーズも入り、まるでホットサンドのような感じで軽食にぴったり。

たい焼きではなく、ふな焼きです「恋するプンオパン」

写真:松本 沙織

地図を見る

「あんこもち」はあんこ+餅という、和を感じさせる間違いない組み合わせ。サクサクの軽い生地を割ってみると、お餅がびよよ〜ん!韓国のパンはチーズだけでなく、お餅も伸びる時代がやってきました。

2階はイートインスペースになっていて、出来立てを座って食べられるのも嬉しいところ。カラフルなペンで可愛いハート形の短冊に、願い事や“推し”へのメッセージを書くこともできます。

たい焼きではなく、ふな焼きです「恋するプンオパン」

写真:松本 沙織

地図を見る

ひんやりスイーツもあります。プンオパンアイスはあんこ、ポップコーン、ホイップクリームがぎっしり詰まったパンの上に、好きなアイスをのせる、まるでパフェのような進化系デザート。スプレーチョコやいちごソース、チョコソースはセルフでトッピングし放題です。他にも、もなかの皮の中にアイスが入った新商品も好評です。

<恋するプンオパンの基本情報>
住所:大阪府大阪市生野区鶴橋2-4-4
営業時間:11:00〜17:30
定休日:火曜日

可愛いすぎる!さつまいもとじゃがいものパン「atelier K」

可愛いすぎる!さつまいもとじゃがいものパン「atelier K」

写真:松本 沙織

地図を見る

実はこれパンなんです!

2022年9月、大阪コリアタウンの路地裏にオープンした「atelier K」は、さつまいもやじゃがいもにそっくりなコグマパンとカムジャパンが人気のお店。韓国語でコグマはさつまいも、カムジャはじゃがいもという意味です。

韓国料理の講師でもあるオーナーさんとスタッフで、毎日お店で手作りしています。上手くタイミングが合えば出来立てホカホカが食べられますよ。

可愛いすぎる!さつまいもとじゃがいものパン「atelier K」

写真:松本 沙織

地図を見る

生地はびっくりするくらいモッチモチ!コグマパン(写真左)はミルクの香りがふんわりする生地の中に、優しい甘さのさつまいもあんがたくさん入っています。和菓子感覚で食べることができ、幅広い客層にうけています。表面の紫色は紅芋パウダーです。

カムジャパン(写真右)の中は自家製マッシュポテトとチーズ。少し塩っけのある味にファンが多く、コグマパンより先に売り切れることも。

可愛いすぎる!さつまいもとじゃがいものパン「atelier K」

写真:松本 沙織

地図を見る

2023年春からコグマパンをアレンジしたスイーツも登場しています。バニラアイスの上にミニサイズのコグマパン、たっぷりのフルーツ、コグマに引っ掛けて子熊のクッキーをトッピング。写真映えも抜群で、お店のピンク色のカウンターで撮影するとさらに可愛く見えますよ。ちなみに木のスプーンには“ダイエットは明日から”など、クスッと笑える言葉がハングルで書かれています。

<atelier Kの基本情報>
住所:大阪府大阪市生野区桃谷3-7-11
電話番号:06-4400-2300
定休日:火曜日、第2水曜日

韓茶カフェ「流れる千年」の◯◯◯パン

韓茶カフェ「流れる千年」の◯◯◯パン

写真:松本 沙織

地図を見る

大阪コリアタウンのパンの中では古株、2013年頃から「流れる千年」で販売をスタートした、決して食べ物にしてはいけない形をしたユニークなパン…それがこちらです。

2012年頃、韓国・仁寺洞(インサドン)で販売が始まった斬新なパンを、実際にそのお店にいた韓国人のスタッフが焼いています。

韓茶カフェ「流れる千年」の◯◯◯パン

写真:松本 沙織

地図を見る

お店のオープンに合わせて焼くため、11時ごろに行くと出来立てが食べられます。あんこ&クルミ味とチョコ味の2種類があり、サクッとした生地はたい焼きに似た食感です。

韓茶カフェ「流れる千年」の◯◯◯パン

写真:松本 沙織

地図を見る

2Fのカフェでは韓国の伝統菓子と組み合わせた、ドリンク付きの「イナンソル韓菓 食べ比べセット」も提供されています。少しずついろいろ楽しみたい人にはうってつけのメニューです。大阪コリアタウンにはたくさんのカフェがありますが、ここにしかない王朝時代の雰囲気を体験してくださいね。

<流れる千年の基本情報>
住所:大阪府大阪市生野区桃谷4-4-10
営業時間:11:00〜16:00
定休日:火曜日
※営業時間が変更になることもあります

バラエティ豊かな韓国発のパンがアツイ!

韓国発のパンはとっても個性的で、あれもこれも食べてみたくなるものばかり。フォトジェニックなスイーツに進化したパンも気になります。どのお店も数に限りがあるため、早めの来店やお取り置きがおすすめ。異国情緒あふれる街で韓国の味を堪能してみてはいかがですか?

2023年6月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2023/06/07−2023/06/14 訪問

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- 広告 -