赤字鉄道を地元ワインで救え!小諸駅ナカにワインバー誕生

赤字鉄道を地元ワインで救え!小諸駅ナカにワインバー誕生

更新日:2023/06/21 17:46

トラベルjp NEWSのプロフィール写真 トラベルjp NEWS
2023年6月15日(木)、しなの鉄道・JR小諸駅構内にカジュアルバー「E’cuve(エキューブ)こもろ」がグランドオープン。国内外から注目を集める信州ワインや地元の味を、駅ナカで気軽に楽しむことができます。入手困難な千曲川ワインバレーのワインを一度に複数味わえるのもポイント。話題の駅ナカワインバーをご紹介します!

駅ナカで話題の信州ワインを飲み比べ!

駅ナカで話題の信州ワインを飲み比べ!

提供元:株式会社テムズ エキューブこもろ

http://ecuve-k.tems.ne.jp/

長野県内で、特に多くのワイナリーが集まる「千曲川ワインバレー」に位置する小諸市。50年の歴史を誇るマンズワインを始め、市内には6つのワイナリーがあります。さらに小諸市で生産されたワインが2023年の国際的コンクールで部門最高賞を受賞。上質なワインの産地として国内外から注目を集めています。

「E’cuve(エキューブ)こもろ」では、現在小諸市内で生産されているすべてのワイナリー、そして複数の近隣ワイナリーの地元ワインを提供。入手困難なものもある地元ワインが、駅ナカで気軽に味わえるようになりました。

駅ナカで話題の信州ワインを飲み比べ!

提供元:株式会社テムズ エキューブこもろ

http://ecuve-k.tems.ne.jp/

小諸駅は近隣の人気リゾートで、北陸新幹線が停車する軽井沢駅から直通電車で約20分。駅ナカで複数のワインを味わえるので、「信州ワインを楽しみたいけれど車だから飲めない」「点在する複数のワイナリーを巡る時間がない」といった悩みも解消できます。

駅ナカで話題の信州ワインを飲み比べ!

提供元:株式会社テムズ エキューブこもろ

http://ecuve-k.tems.ne.jp/

かつては信越本線の全ての特急列車が停車する基幹駅だった小諸駅。しかし北陸新幹線の開業、そしてコロナ禍によって、ダイヤ減便を余儀なくする事態となっています。そこで小諸駅周辺の賑わいを取り戻そうと、小諸駅構内に飲食店が相次いで開業。「E’cuve(エキューブ)こもろ」もその一つで、街が活性化し、駅に目的性が生まれることで、地元の足であるローカル鉄道存続への思いが込められています。

乗り換え時間などに、気軽に信州ワインを楽しめるワインバー。小諸駅を訪れた際は、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

E’cuve(エキューブ)こもろの基本情報

■住所
長野県小諸市相生町1-1-1 小諸駅構内
■電話番号
050-3706-0115
■営業時間
平日 15:00〜22:00(L.O.21:30)
土日祝 12:00〜22:00(L.O.21:30)
■定休日
水曜日
■運営会社
株式会社テムズ

2023年6月の情報です。最新の情報は公式サイトにてご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- 広告 -