東京・丸の内にて開催中!アートイベント「大丸有アートアクション」の楽しみ方

東京・丸の内にて開催中!アートイベント「大丸有アートアクション」の楽しみ方

更新日:2023/09/26 10:49

成瀬 康子のプロフィール写真 成瀬 康子 現代アートウォーカー
ビジネス街として知られる東京・丸の内で、「大丸有アートアクション」という無料アートイベントが開催されています。

大丸有とは、大手町・丸の内、有楽町の略で、これらのエリアを中心に期間限定で開催されているアートイベントが「大丸有アートアクション」です。まちに溶け込みながらメッセージを発信しているので、知らないと通り過ぎてしまう事も。今回は特に〈丸の内仲通り〉を中心に、その鑑賞ポイントをご案内します!

この壁画の完成版は?

この壁画の完成版は?

写真:成瀬 康子

地図を見る

まず、鑑賞ポイント1箇所目がこちら、大手町ファーストスクエアの南側。建物外壁に絵が描かれているのが分かりますか?こちらはベルギーのアーティスト、シャーロット・デ・コックさんによる「HYPERNOVA」という作品。写真は描き始めて2日目の制作途中の段階です。

菌の増殖からイメージされる自然の力、爆発、そして繋がる力などを表現しているそうで、会期開始日には完成しています。さて、完成はどのようになっているのでしょうか?

この壁画の完成版は?

写真:成瀬 康子

地図を見る

インタビューを受けるシャーロット・デ・コックさん。とても明るく元気で情熱あふれる女性です。クレーン車に乗って描くので協力スタッフもいますが、制作は全て彼女一人で行なっているとの事。「こちらのスタッフにはとても良くしてもらっており、よりエネルギーが湧き出ています!」とシャーロットさん。

これは写真?絵?

これは写真?絵?

写真:成瀬 康子

地図を見る

鑑賞ポイント2箇所目はこちら、三菱商事本社ビルの壁面の「すぐ傍に見つけたあなたの分身」という作品です。建物にマッチしているので知らないと通り過ぎてしまいそうです。作品の前で解説しているのが薄久保香さんです。

なんとこちらの作品は、写真を見ながら、忠実にそれを再現するように描き、更にそれに手を加えながらまた写真で撮る、というまるで入れ子の様な手法を用いた作品です。目の高さに設置されているので、傍でじっくり観ることが出来ます。是非ご自身の目で確認して下さいね。

これは写真?絵?

提供元:共同ピーアール株式会社

https://www.kyodo-pr.co.jp地図を見る

彼女の作品は、三菱商事本社ビルから徒歩10分弱のこちら、国際ビルにも設置してあります。入り口のガラス面をご覧ください。

これは写真?絵?

写真:成瀬 康子

地図を見る

建物の中も入れるので、内側からも観てみましょう。こちらの作品にも「手」が描かれていますね。そうなんです。実は薄久保香さんは3人の女性にインタビューを行い、これらの作品を制作しました。「手」は大事なモチーフでもあるんです。どんな話から生まれた作品なのか、あれこれ想像してみるのも楽しいのでは?

ビルの谷間に突如現れたお祭り空間!

ビルの谷間に突如現れたお祭り空間!

写真:成瀬 康子

地図を見る

鑑賞ポイント3箇所目は、新国際ビルと新日石ビルの間にある「スリットパーク」という、ビルの隙間に生まれた路地のような場所です。

ビルの谷間に突如現れたお祭り空間!

提供元:共同ピーアール株式会社

https://www.kyodo-pr.co.jp地図を見る

このお祭りのように賑やかで楽しげな作品は、 上の写真の加藤チャコさんとディラン・マートレルさんが主催する芸術グループ、スローアートコレクティブによる参加型の作品です。

ここで使われている素材は全て再利用可能なもの。竹やロープなどの自然素材や、街で拾い集めた物などから出来ています。そしてこのイベント期間が終了したら解体し、また次のイベントでも再利用していきます。

イベント開始前に集った人、たまたま立ち寄った人と一緒に制作し、この大作が出来上がっているのです。参加した人達の楽しさも作品から溢れ出していますね。

ビルの谷間に突如現れたお祭り空間!

提供元:共同ピーアール株式会社

https://www.kyodo-pr.co.jp地図を見る

朗報があります!会期中も引き続き作品制作に参加出来ます。観るだけでなく、アートの一端に参加出来るのは、なんとも楽しいもの。いつ、どこで参加出来るのかは、HPにてご確認下さい。

丸の内仲通り・歩行者天国は楽しさが一杯!

丸の内仲通り・歩行者天国は楽しさが一杯!

写真:成瀬 康子

地図を見る

丸の内仲通りには、平日は11時から15時まで、土日祝日は11時から17時まで歩行者天国の区間があります。そしてそこにはテーブルや椅子はもちろん、寝っ転がれる芝生エリアや、遊具まであり、そこはちょっとした都会のオアシスです。

また、通り沿いには、〈丸の内ストリートギャラリー〉としての常設の屋外彫刻もあり、街全体、通り全体がアートと共に生活を楽しむ空気で溢れていますよ!

アートイベント「大丸有アートアクション」は全て無料!

「大丸有アートアクション」は、東京のまちを舞台に2年に1回開催される国際芸術祭「東京ビエンナーレ2023」の会場の一部で、観るのも、参加するのも全て無料です。

大都会の真ん中で、散歩しながら期間限定のアートを楽しむのも良いのではないでしょうか。ご紹介したのは一部です。詳しい内容や、もっと広範囲でアートを楽しみたい!という方は、「東京ビエンナーレ2023」HPをご覧ください。

2023年9月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2023/09/19 訪問

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- 広告 -