伊勢のおかげ町グルメ〜あなたならどれを選びますか?

| 三重県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

伊勢のおかげ町グルメ〜あなたならどれを選びますか?

伊勢のおかげ町グルメ〜あなたならどれを選びますか?

更新日:2012/10/22 11:43

SHIZUKOのプロフィール写真 SHIZUKO 舞台演出者

日本屈指のパワースポット・伊勢神宮の内宮にお参りしたあとは『おはらい町』や『おかげ横丁』で美味しいものをいただきましょう。

御食国(みけつくに)と呼ばれる豊かな食材の宝庫。あれもこれもそれも、食べたいものばかりです。とはいっても、1日に食べられる量には限界が。あなたなら、どれを選びますか?

まずは『豚捨』のコロッケに牛丼、牛鍋からスタート

まずは『豚捨』のコロッケに牛丼、牛鍋からスタート

写真:SHIZUKO

地図を見る

『おはらい町』の真ん中あたりに、古い伊勢の町を再現した『おかげ横丁』があります。ここの一番人気店の『豚捨』。

店名は、豚肉は捨てて牛肉一筋に商売をするという決意の表れ。テイクアウトの小さめだけどモッチリした味わいの『コロッケ』90円を買い求める長い行列がいつも出来てます。

そして、店内もお昼時はかなりの待ち時間。でも、並んででも食べたい『牛丼』1000円に『牛鍋』。牛鍋は2種類あって、杉が2100円・桧が3150円。落ち着いた店内も魅力的で、お伊勢参りの楽しみのひとつです。

しっかり煮込まれた牛肉を、卵にくぐらせていただきます。ううーん、美味しい。

『伊勢角屋麦酒』で鳥羽・浦村産の牡蠣を堪能

『伊勢角屋麦酒』で鳥羽・浦村産の牡蠣を堪能

写真:SHIZUKO

地図を見る

『おはらい町』メインストリートの真ん中辺りにある『伊勢角屋麦酒』。牡蠣の産地はあちこちにありますが、鳥羽・浦村牡蠣の、あっさりととっても美味しい牡蠣がいただけるお店。

焼き牡蠣はどこでも食べられますが、今回初めて食べたのが『牡蠣の酒蒸し』。

ううーん、これ絶対にお勧め! 絶品。初めてですよ、こんな大きな牡蠣を酒蒸しでいただくなんて。

全く臭みがなく、上品な透明感のある真っ白な牡蠣。ふんわりと優しくて、チュルンと喉を通るときに豊かな海の恵みを感じます。こんな食べ方あったんだー! 最高! です。

もちろん『焼き牡蠣』もいただきました。   

コチラも当然うまい! ちょっとだけ香ばしい焼き牡蠣。先に焼き牡蠣を食べたので、その瞬間は、わわわ、なーんて旨さ。これが食べたかったんだーって思ったけど、酒蒸し食べたら、もう、焼き牡蠣すら負けます。

いろんな定食もあるし、カキフライもあるけど、とりあえず地ビールと牡蠣合計6個で1900円。女一人旅に、ちょっと豪快な思い出です。

おかげ横丁の『海老丸』で、名物てこね寿司を食する

おかげ横丁の『海老丸』で、名物てこね寿司を食する

写真:SHIZUKO

地図を見る

『てこね寿司』は、漁師が、釣った魚をその場でさばき、醤油に漬け込みご飯と手でこねて食べたのが始まりと言われる郷土料理。『おはらい町』のあちこちで、看板を見かけます。

鯛のてこね寿司は、プリプリとした鯛の歯ごたえが素晴らしい丼。名物の『漁師汁』に大きなエビフライ・キスフライがセットになっていて2450円。マグロのてこね寿司だと、2250円。

食べ応え充分。たまらなく美味しいセットです。

やっぱり食べたい『伊勢うどん』

やっぱり食べたい『伊勢うどん』

写真:SHIZUKO

地図を見る

初めて『伊勢うどん』を食べた時は、悪い意味で衝撃的でした。

讃岐うどんを食べなれていると、伊勢うどんのフワフワの麺は、うどんというカテゴリー外のものとして認識されました。本当にこれがうどんなのかと、3軒ほど食べ歩いたこともありました。まるで蒸し上げたお団子のような感じ。

でも、なぜか、たまに食べたくなってしまう。

真っ黒の醤油をかけて、生卵をまどわせるだけのとってもシンプルな食べ方。だからこそ、素材が良くないといけない。何度か食べているうちに、いつしか、好きなものの一つになっていました。

そして、お気に入りの店は、外宮の参道にある『磯辺屋』。

フワフワだけどモチモチの伊勢うどん。ぜひ、食べてみてください。

名物『赤福ぜんざい』を食べるなら、おはらい町を抜けてみては?

名物『赤福ぜんざい』を食べるなら、おはらい町を抜けてみては?

写真:SHIZUKO

地図を見る

伊勢といえば『赤福』といわれるくらい世間に知られている名物。お土産の定番は『赤福もち』。でも、現地で食べたいのは『赤福ぜんざい』500円。注文が入ってから焼いてくれるお餅が香ばしいんです。

おはらい町にある、内宮前店も本店もすごい行列なんですが、行列に並ぶ時間があったら、おはらい町を抜けて、道路1本渡ったところにある五十鈴川店がお勧め。こちらだと、全然待たなくていいし、静かで落ち着いていて、ゆったり出来ます。

いろんな名物や美味しいもの。

紹介しきれていないものもあります。また、食べ歩きできるB級グルメもたくさん。ぜひ、おはらい町で、お気に入りの一品を見つけてくださいね。

掲載内容は執筆時点のものです。 2012/01/05 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ