楽しく繊維を学ぼう!石川・小松マテーレ「fa-bo(ファーボ)」

楽しく繊維を学ぼう!石川・小松マテーレ「fa-bo(ファーボ)」

更新日:2023/10/31 08:07

トラベルjp NEWSのプロフィール写真 トラベルjp NEWS
石川県能美市の化学素材メーカー、小松マテーレの歴史や最先端の技術を体感することができるファブリック・ラボラトリー「fa-bo(ファーボ)」が、2023年10月12日から見学・体験を再開を再開しています。ワークショップでは染色やクッション作りを体験可能。隈研吾氏が設計・リノベーションしたユニークな外観が目を引く、話題の企業ミュージアムをご紹介します!

ユニークな外観にも注目!

ユニークな外観にも注目!

提供元:小松マテーレ

https://www.komatsumatere.co.jp/

石川県能美市に拠点を置く小松マテーレは、1943年に創業。染色を基盤とした繊維加工事業を中心に、多彩な領域をカバーする化学素材メーカーです。1968年に建設された旧本社棟を世界的建築家である隈研吾氏が設計・リノベーションし、2015年に企業ミュージアム「fa-bo(ファーボ)」が誕生しました。

自社開発の熱可塑性炭素繊維複合材料「カボコーマ・ストランドロッド」を使い、世界で初めて耐震補強したユニークな建物にも注目!建物の外構や屋上庭園には、断熱性や遮音性にも優れている、小松マテーレのエコ建材「グリーンビズ」を採用しています。

ユニークな外観にも注目!

提供元:小松マテーレ

https://www.komatsumatere.co.jp/

館内では世界的ファッションブランドにも採用された素材など約5万点の生地サンプルが並ぶアーカイブや繊維の歴史、製造工程などを展示しています。館内見学のみのコース、さらに2つのワークショップが体験できるコースがチョイス可能。「繊維を染める」ワークショップでは、眼鏡クリーナーや巾着、マスクなどを好みの模様で優しい色合いに染め上げることができます。

ユニークな外観にも注目!

提供元:小松マテーレ

https://www.komatsumatere.co.jp/

「繊維を組み合わせる」ワークショップでは、端材を使ったカラフルなボールを詰め込んで、世界で一つだけのオリジナルクッションが作れます。

繊維について楽しく学ぶことができるファブリック・ラボラトリー「fa-bo(ファーボ)」。未就学児も体験できるので、ファミリーで訪れるのもおすすめです。

ファブリック・ラボラトリー「fa-bo(ファーボ)」の基本情報

■所在地
石川県能美市浜町ヌ167番地 小松マテーレ株式会社 本社工場内
■見学コース
木曜日、金曜日、土曜日(年末年始、GW、お盆は休館)に実施

(1) fa-bo見学+ワークショップコース(120分)
時間:午前の部 10:00〜12:00/午後の部 14:00〜16:00
参加費:一般 1,000円(税込)/小・中学生 500円(税込)/未就学児 無料

(2) fa-bo見学コース(60分)
時間:午前の部 11:00〜12:00/午後の部 15:00〜16:00
参加費:一般 500円(税込)/小・中学生 500円(税込)/未就学児 無料

2023年10月の情報です。コース内容の詳細や最新の情報は公式サイトにてご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- 広告 -