まるで絵画!シュヴェービッシュ・ハル(ドイツ)の景色は一見の価値あり!

| ドイツ

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

まるで絵画!シュヴェービッシュ・ハル(ドイツ)の景色は一見の価値あり!

まるで絵画!シュヴェービッシュ・ハル(ドイツ)の景色は一見の価値あり!

更新日:2014/07/22 10:44

ニュルンベルクから電車を乗り継ぎ2時間半、シュトゥットガルトからは2時間余りの場所に「シュヴェービッシュ・ハル」という小さな町があります。
ここではドイツの伝統的な木組み建築の家々で形成された丘を眺めることができます。
この景色を眺める為だけにこの小さな町に降り立ってみるのはいかがでしょうか。

「この景色が見たかった!」世界中から学生の集まる町

「この景色が見たかった!」世界中から学生の集まる町
地図を見る

シュヴェービッシュ・ハルは、中世の雰囲気を今も失わずに兼ね備えながらも、非常に国際色豊かな都市です。教育にも力を入れているというこの町にはドイツ政府が設立した公的な国際文化交流機関「ゲーテ・インスティテュート」があり、そこでドイツ語を学ぶ外国人が毎月多く滞在しています。実際に現地のドイツ語を学ぶ学生達に取材をしてみると、なぜドイツ中に数あるゲーテ・インスティテュートの中からシュヴェービッシュ・ハルを選んだのかの問いに対し、「写真を見て美しい町だと思ったから」というのが主な理由になっていました。

ちなみに、この写真の頂上に写っている大きな建物が「Neubausaal(ノイバウザール)」といいます。
この写真を撮ることができるスポットはちょうど公園になっていてベンチもありますので、心行くまでこの景色を堪能できることでしょう。

歴史ある町のイベントを狙って訪れてみる

どうせ行くならイベントのあるときに訪れたい!
そういった場合でも、1年を通して何かしらのイベントが開催されていますので
そのタイミングで訪れてみるのも手です。
その年によって開催される日にちは違いますので、あらかじめ確認してから訪れるとよいでしょう。
例えば毎年5月か6月に開催されているKuchen- und Brunnenfest(ケーキと泉の祭り)は
2500年以上を塩の生成で栄えてきたシュヴェービッシュ・ハルの伝統的なお祭りです。民族衣装をまとった人々による演劇や鼓笛隊の演奏を見ることができます。
動画は開催されているマルクト広場の教会前の階段の上から見下ろす形で撮影したイベントの様子です。

地図を見る

丘の上からの眺めを求める

シュヴェービッシュ・ハルの観光を勧めるもう一つの理由は、町が平坦ではなく高低差のある低地と高台から成っており、こういった町の造りが好きな人にとってはたまらないスポットだからです。その上、言うまでもなく町の景色を作っているのはドイツならではの独特で雰囲気のある建物です。

最初の写真に写っていた「ノイバウザール」から見下ろしたり、
そこよりもさらに上からも眺められます。

丘の上からの眺めを求める
地図を見る

説明不要の町並み

毎年抱負な文化芸術プログラムが開催され、さらに金融、教育にも力を入れている、まさに伝統と革新の融合した都市、シュヴェービッシュ・ハル。
ですが今回はそれ以上に訪れてみるのに説明もいらないほどの美しさを持つ町ということで、「町並みを楽しむ」ことに重点を置いて紹介させていただきました。

掲載内容は執筆時点のものです。 2012/03/01−2012/06/30 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ