お寺×和食店がコラボ!「北鎌倉おむすび庵」がオープン

お寺×和食店がコラボ!「北鎌倉おむすび庵」がオープン

更新日:2024/05/20 08:20

トラベルjp NEWSのプロフィール写真 トラベルjp NEWS
2024年5月2日(木)、北鎌倉駅前に「北鎌倉おむすび庵」がオープン!円覚寺山内「佛日庵」の住職・高畠宗一氏と、鎌倉の和食店「馳走かねこ」オーナー・金子辰之氏がタッグを組んだ、新感覚のおむすびサンド店です。地産地消をモットーに、鎌倉の四季が感じられる旬の具材を使ったメニューがズラリ。気になるメニューを抜粋してご紹介します!

命名はあの師匠!新感覚のおにぎりサンド

命名はあの師匠!新感覚のおにぎりサンド

提供元:北鎌倉 おむすび庵

北鎌倉おむすび庵では、野菜、肉、魚など鎌倉の四季が感じられる旬の具材を使ったおむすびを、おむすびサンドの形で提供。主役となる具材はもちろん、新潟の柿崎産コシヒカリをガスで炊き上げるなど、お米やその他の食材にもこだわっています。

おむすびサンドのメニューは季節ごとに変わり、「タケノコご飯と油揚げ、たっぷり木の芽のおむすびサンド(写真)」や「鎌倉産釜揚げしらすとたっぷり薬味のおむすびサンド」など、訪れるたびに異なる味を楽しめます。

命名はあの師匠!新感覚のおにぎりサンド

提供元:北鎌倉 おむすび庵

このほかにも、大判きつねうどん、けんちん汁など、季節ごとのさまざまなメニューを展開しています。注文されてから作るおむすびや、豆腐と鶏挽肉を使ったヘルシーナゲットは要チェック!ワイン、日本酒、焼酎、ビールなどのアルコール、ソフトドリンクも提供しています。

命名はあの師匠!新感覚のおにぎりサンド

提供元:北鎌倉 おむすび庵

おむすびサンド各種、汁物以外のメニューはテイクアウトが可能。色とりどりのおむすびサンドはランチにはもちろん、おみやげにもぴったりです。

地元の人々の食事処として、日本の食文化発信の場所としてオープンした北鎌倉おむすび庵。海外からの観光客も多く、常に工夫を凝らしたメニューを開発しています。お店のネーミングは、落語家の林家木久蔵氏によるもの。おむすびが縁を結ぶようにとのひらめきから名付けられました。ぜひ北鎌倉を訪れた際は、新感覚のおむすびサンドを味わってみてくださいね。

北鎌倉おむすび庵の基本情報

■所在地
鎌倉市山ノ内495-9
■営業時間
8:00〜15:00
■定休日不定休

2024年5月の情報です。最新の情報は公式サイトにてご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- 広告 -