瀬戸内海一望!小豆島のオリーブ農園カフェ忠左衛門で美味礼賛!

| 香川県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

瀬戸内海一望!小豆島のオリーブ農園カフェ忠左衛門で美味礼賛!

瀬戸内海一望!小豆島のオリーブ農園カフェ忠左衛門で美味礼賛!

更新日:2014/07/07 16:47

水津 陽子のプロフィール写真 水津 陽子 地域活性化・まちづくりコンサルタント

小豆島のオリーブの自然農園「井上誠耕園」が瀬戸内海を見下す丘の上に作ったオリーブ農園「カフェ忠左衛門」。オリーブ畑に囲まれ、瀬戸内海のきらめきと潮風を感じながら頂く、オリーブオイルをふんだんに使ったパスタ料理やここでしか食べられないオリーブオイルを使ったスイーツも充実。小豆島の醤の郷から生まれた新名物「ひしお丼」も楽しめます。眺望抜群!小豆島ならではオリーブグルメを味わえるカフェレストランです。

フレッシュな国産オリーブオイルをふんだんに使った料理を味わおう!

フレッシュな国産オリーブオイルをふんだんに使った料理を味わおう!

写真:水津 陽子

地図を見る

忠左衛門では、小豆島産のオリーブオイルをベースに、瀬戸内のレモンや香川県産、小豆島産の旬の食材を使ったパスタなどの料理を提供しています。

このパスタがおぼれそうなほどふんだんに掛けられたエクストラバージン・オリーブオイル!オリーブ農園だからこそできる豪華さです。忠左衛門の裏にはオリーブ農園や野菜やハーブの自家農園があり、食材は新鮮そのもの。メニューは季節により変わります。

軽食メニューの「エキストラヴァージンハニートースト」は、はちみつとエキストラヴァージンオイルをたっぷりと染み込ませた厚切りトーストで、その上にバニラアイスをのせたもの!「クロックムッシュ」はハムとチーズをはさんだパンにオリーブペーストをトッピングした忠左衛門ならではの一品です。

オリーブ畑に囲まれた、小高い丘の上に立つ、農園カフェ

オリーブ畑に囲まれた、小高い丘の上に立つ、農園カフェ

写真:水津 陽子

地図を見る

井上誠耕園のショップ(小豆島店)から徒歩10分ほど、丘の上に上ったところにある農園カフェ忠左衛門。下にはオリーブ畑が広がっています。カフェは二階になります。

シャッター脇の小さな通路を上がっていきましょう。シャッターが閉まっていてもお休みではありません。

眼下に広がるオリーブ畑と小豆島の町並み、瀬戸内海の煌めきと潮風

眼下に広がるオリーブ畑と小豆島の町並み、瀬戸内海の煌めきと潮風

写真:水津 陽子

地図を見る

二階に上るとカウンター席とテーブル席、その奥にテラス席があります。テラス席からは眼下にオリーブ畑、小豆島の町並みを見ることができます。その向こうにはキラキラ光る瀬戸内海が広がり、潮風を感じることができます。

夕暮れにはオレンジ色に染まる風景が楽しめます。

カフェへと伸びる、オリーブに囲まれた小豆島の田園プチさんぽ

カフェへと伸びる、オリーブに囲まれた小豆島の田園プチさんぽ

写真:水津 陽子

地図を見る

井上誠耕園のショップからカフェ忠左衛門へ向かう坂道にはのどかな田園風景が広がっています。オリーブの木がそこここにあり、道の脇には小川が流れ、木や花、古い民家が見られます。

井上誠耕園のショップでのお買い物と一緒に楽しんで

井上誠耕園のショップでのお買い物と一緒に楽しんで

写真:水津 陽子

地図を見る

以前、井上誠耕園のオリーブオイルのアイスをご紹介しましたが(MEMO欄のリンクを参照)、帰りにはここでしか入手できないオリーブオイル関連の商品のお買い物と一緒に楽しんでください。

座席数14席、予約不可!テラス席を狙うなら混みあう時間を避けて

カフェ忠左衛門の座席数はわずか14席。原則予約はできないため、テラス席を狙うなら、込み合うランチの時間を避けた方が良いでしょう。また、井上誠耕園もカフェも少し不便なところにあるので、自転車やバスを使っていく場合は、混みあい具合を電話で確認していくと良いでしょう。車の方は駐車場(20台)の用意があります。

18時からは予約制の「夜カフェ」や貸切営業も受け付けています。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/05/09 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ