台湾の九份で体感!!「千と千尋の神隠し」の世界

| 台湾

| 旅の専門家がお届けする観光情報

台湾の九份で体感!!「千と千尋の神隠し」の世界

台湾の九份で体感!!「千と千尋の神隠し」の世界

更新日:2014/07/23 16:26

こゆのプロフィール写真 こゆ

最近話題の台湾旅行。日本から4時間で行ける手軽さと、美味しいものが沢山なんて、魅力的。
そんな魅力満載の台湾には「九份(きゅうふん)」と言う場所があるのをご存知ですか?
スタジオジブリ作品「千と千尋の神隠し」のモデルになったのでは⁈との噂もちらほら。
ここを訪れたら、映画の中に迷い込んだような不思議な気持ちになれるかもしれません。もしかしたら、湯婆婆に出会えるかもしれません!!?

九份へ向かいましょう

九份へ向かいましょう

写真:こゆ

地図を見る

九份は、台北北部に位置しています。坂道や階段の多い小さな街。山を背に海に面した斜面に集落があります。もともと9戸しかなかった小さな集落で、交通が不便だったため品物を補充するときに毎回9セット買うので九份と言う名前が付いたと言われています。
台北からは、東部幹線で「瑞芳」駅下車、所要時間は40分ほどです。また、多くの旅行会社がツアーを用意しているので利用するのも良いでしょう。
個人で目指してもツアーを利用しても、基隆客運の「金瓜石」行きバスに乗り換えが必要です。このバスに乗らないと九份へはたどり着けないので注意!!

おすすめは夕暮れどき

おすすめは夕暮れどき

写真:こゆ

地図を見る

バスに揺られて15分ほどすると目的地が見えてきます。「旧道」で下車し、景色を眺めてみてください。町と海を見渡すことができるでしょう。
バス停から見えるセブンイレブンの横の道が基山街。お土産屋やレストランが集まっている場所です。見晴らしのよい場所の手前の石段が豊崎路。その途中に現れる「悲情城市」と書かれた場所こそ、「千と千尋」で見たあの景色。千尋が迷い込む赤い提灯が続いていく世界。
あかりが灯り出す夕暮れ時から夜がとても幻想的でより綺麗な風景画見られるのでおすすめです。ゆっくりと石段を上り幻想的な世界を楽しみましょう。

湯婆婆の家?!

湯婆婆の家?!

写真:こゆ

地図を見る

石段を進んでいくと「阿妹茶酒館」と言う文字が見えてきます。
軒先に赤い提灯が連なりこれまた幻想的な雰囲気が感じられます。ここは湯婆婆の家と言われている場所。ジブリファンならまさに映画の中に迷い込んだと感じるかもしれません!!
実際は美味しいお茶がいただけるお茶屋さんです。外観だけでなくなかにも足を運んで見てくださいね。
ちなみに、向かいの広場から写真を撮ると建物全体が取れるのでおススメ。

九份ならではの美味

九份ならではの美味

写真:こゆ

地図を見る

九份には、小道に沢山のレストランやお土産屋さんも並んでいるので、買い物や台湾の味もたのしむ事ができます。
オススメは、お茶!台湾人は毎日お茶を飲む習慣から、茶葉の種類も豊富!プアール茶だけでも、年代物や産地などで味が全く違います。
店先で試飲させてもらえるお店も多数あるので、ぜひ試してみましょう。可愛いお茶碗も並んでいて、茶葉と一緒にお土産にするのも良いかもしれません。
もう一つ日本にはない甘味をご紹介。それは、パクチーアイス!
クレープの中にパクチーアイスが二つはいっているアイス。
日本では食べることのできない味なので、ぜひお試しあれ。

最後に

台湾は日本から近くて行きやすい場所。最近ではメディアでも多く特集されています。
もうすぐ夏休み、映画の中の世界を感じに訪れてみませんか?

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/05/04 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ